RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jagged Edge「Jagged Little Thrill」
je-jeltc.jpg


Brandon CaseyとBrian Caseyの双子と、Wingo、Kyle Normanの四人から構成されるボーカルグループJagged Edgeの通算三作目となる『Jagged Little Thrill』を御紹介。あのJermaine Dupri率いるSo SO Defが誇るシンガー達でいつも最高のハーモニーを聴かせてくれる実力派、今となってはこういう男性ボーカルグループ自体が貴重ですもんね(寂)。
そんなこんなで内容に触れますとですねぇ……まずはそのJermaine Dupri製作(Co製作を右腕Bryan-Michael Coxが担当)の楽曲から御紹介してゆきます、幕開けを飾るヒットシングル曲「Where The Party At」がまずそう、南部出身のJermaine Dupri(以降JDと表記)らしい乾いたバウンストラックにJagged Edgeの“おっ♪おっ♪おっ♪おっ♪おっ♪”なる歌フックと、客演参加のNellyの流れる様にメロディアスなフロウが絶妙に絡むスパイシーさ加減が最高に熱いです。愛する女性との悲しい別れを切なく歌い上げる「Goodbye」も詞がすごく素敵で胸をギュッと締め付けられるバラード(涙)、JDってのはこういう美曲を作るのがとても上手でやはり侮れない、彼がこれだけ長くシーンの最前線を走り続けている所以ですよね。そんなJDの鼻声フック“しぇいき♪しぇいき♪べいべ♪”で始まる「I Got It」は程よく跳ねるミッド、ここでもJagged Edgeのフックが耳に残る躓き唱法で巧い、そのうえ客演参加でTrinaが男顔負けの叩きつける様なラップで華を添えます。細かく刻まれるチキチキ音と静寂の中に響き渡る様なしんみりスロー「Respect」も素敵、力強く賢く生きる女性への尊敬の念を込めたJagged Edge流の女性賛歌(崇)。ここまでがJD製作曲、お次はBryan Michael Cox製作曲を御紹介しましょう。ガチャガチャドカドカと激走する「Cut Somethin'」ではLudacrisが暴れ回ります、トラック自体はもうちょっとスピード出しても良かった気がしますが、Ludacrisのゴリゴリなラップで強度増してます。「Best Man」ではなんともBryan-Michael Coxらしい細く繊細メロディラインが切ないスローを展開、自分の彼女が自分の親友とデキていたというありがちな失恋はあまりに悲しい、何度も繰り返す“あいつは僕の親友で、君は僕のアールフレンドだったのに……♪”のフックが裏切りをより誇張して胸が痛みます。さらさらと流れる滑らかなメロディにJagged Edgeの紳士な歌声が重なる「Remedy」もナイスで、聴いててどんどん身体が深遠な世界に沈んでゆく感じ。あとはGary "Gizzo" Smithが自分を裏切った彼女への退場通告曲「Girl It's Over」、Teddy RileyばりのTalkbox使いで身悶えする悩ましいスロー「Can We Be Tight」、彼女への献身的な愛を様々なベストカップルに擬えながら語りかける「Head of Household」の3曲を製作、どれも高水準でバッチリの仕上がり。あとはJason Romeが製作を担当した爽やかな「Without You」とブルージーな「Driving Me To Drink」も充分納得の仕上がり。あとはBrandon CaseyとBrian Caseyの双子が製作を担当した「This Goes Out」はBig DukeとJoe Blakがゲスト参加、Jagged Edgeの歌声以外のもう一つの魅力といえば、自分達で作詞作曲が出来る点(といっても作るのは専らCasey兄弟ですが)、本作もソングライティングは全曲をBrandon CaseyとBrian Caseyの双子が担当していますから。国内盤の最後にはボーナストラックとしてJermaine Dupri製作(Strings ArrangedをLarry Goldが担当)の「You Hurt Me」を収録、ちょっぴりHip Hopテイストなドラムパターンに温かな弦音が絡む爽やかさ駆け抜ける一曲。

ナイスアップもナイススローもきっちり配合されたバランス感覚に富んだ一枚で、流石はJagged Edgeと感心させられるばかりです(賞賛)。Jagged Edgeは他の男性ボーカルグループと違って、柔らか高音担当がいないんですよね、だからそれだけ紳士的で骨太なコーラスワークを堪能できるんですよ(好物)。なかなか男性ボーカルグループには厳しい状況が続きますが、Jermaine Dupriとガッチリ手を組んでこれからも良い作品を提供して頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment