RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DMX「The Great Depression」
dmx-greatcovs.jpg


いつだって豪気溢れるラップで僕らを打ち負かしてくれるDMXの通算四作目『The Great Depression』を御紹介、本作は完全無敵のDMXの作品の中でも、最もセールスが芳しくなかった一枚だったではなかったでしょうか。まぁそうは言っても余裕で全米No.1を獲得していますから問題は無いんですけどね、本作も俄然豪快に吼えて噛み付いて、破壊力抜群のラップで突進します。
という訳で内容はと言いますと……もうそんなの決まってDMX節全開、DMXがラップする時点で彼の世界がドバッと広がる訳で(一流)。Damon "Grease" Blackmanなる人物が手掛けた「School Street」は始終銃声が鳴りっ放しなギャング曲、雰囲気的にはG-Unit辺りが好んで使いそうな感じ。「Who We Be」はBlack Keyが製作を担当したエレキギターっぽいリフで刻むビート、それに合わせて今までとは違った韻を踏むDMXが新鮮に聴こえる特殊な一曲。Damon "Grease" Blackmanが再び製作を担当したメロディアスながらもドカドカと攻める「Trina Moe」もカッコイイ、DMXの歌う様なフロウもめちゃ冴えていて、完全に鼓膜をガッチリキャッチされます(虜)。これまたDMXの歌フックがたまらない「We Right Here」はBlack Keyが製作を担当、ちょっと高めの電子音(とスクラッチ)がセンス良く組み込まれた秀曲でこういう鋼鉄曲がDMXにはピッタリとマッチするんですよ。DMX自身が製作を担当したロキッシュな「Bloodline Anthem」、これはあんまり好きじゃないかな(笑)。古くからの馴染みであるP.K.が製作を担当した続編「Damien III」、不気味なオカルトサウンドがあまりに前に出過ぎていて、あんまり好きになれないイロモノ曲。またまたDMX自身が製作を担当した「When I'm Nothing」はかなり素敵なメロウ仕上がり、Stephane Mills「Whatcha Gonna Do(With My Lovin')」を下敷きにしたソウルフルなメロディアスな流麗トラックに、本家Stephane Mills本人を引っ張り出してフックを歌わす高揚曲です(最高)。Kidd Koldなる人物が製作を担当した繊細なシンプルループで紡がれた「I Miss You」もなんだか耳に残る、それもこれもゲスト参加のFaith Evansの綺麗な歌声が添えられているからでしょう(断言)。こういう静寂系統のメロウ物でもDMXの吼え声は上手く乗るから不思議、流石は一流だと感心します(鳥肌)。「I'ma Bang」は我らがJust Blazeによる製作曲、なんですがJust Blazeファンの僕でさえ納得のいかない感じのする不完全燃焼なトラックメイク(残念)。いや、まぁJust Blaze好きの僕だからこそ納得出来ないだけで、普通に考えればこのシンプルなエッジループは斬れ味鋭くて合格点なのかもしれませね(実際に点数をつければ85点ぐらいの出来映え)。そんな物足りなさを挽回させてくれると踏んでいた本作唯一のSwizz Beatz製作曲「You Could Be Blind」も今一歩(愕然)、Swizz Beatzの奥方であるMashondaまで引っ張り出しているんですがそれでも物足りない、やっぱりDMX作品の出来不出来はSwizz Beatzとどれだけの化学反応を起こせているかに掛かってると思う。そんなSwizz Beatzがいつもと違ったちょっぴりスピリチュアルな高音使いを披露した「Minute For Your Son」はなかなかの味付け、ここでMashondaを使ったら良かったんでは。あと国内盤では隠しボーナストラックとして冒頭にDJ Kay Slayが登場する「Bloodline Preview」、MysonneとDrag-Onが参加した「Problem Child」「Shit Still Real」の3曲が収録されています。

やはりDMXは凄まじいですね、DMXがラップしているってだけで充分に楽しめます。相も変わらず吼え捲くっている訳ですが全然煩いとは感じないから凄い。Ja RuleとのBeefも終わらせたみたいだし、Swizz BeatzのトラックでDMXとJa Ruleの共演なんか聴けたら面白いんだけど(夢)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment