RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Girls' Generation「I Got A Boy」
I+Got+A+Boy.png

先日に引き続き韓国の人気ガールズグループ、少女時代ことGirls' Generationの韓国で四作目となる『I Got A Boy』を御紹介。普段から黒音楽ばかり取り扱っている私Queen、黒音楽でさえ中途半端な僕が、ちょっと手を出す程度で好きなのがこの少女時代。ハッキリ言って韓国盤なんて一枚も持っていないし、そんな興味もなかったのですが、ついHMVで大々的にコーナーが作られていて、ついつい購入(笑)。しかもこのアルバムは、ジャケットが中々凝っていて、各メンバーのバージョンが取り揃えてあるんです(鬼)。で、でっかく金髪のTaeYeon(僕が少女時代で最も好きなリードシンガーで、元リーダー)が載っていたのを観て、買っちゃいました。ポップでカラフルな色使いもなかなかお洒落でポップですし、ちなみに中はジャケットのメンバーのちょっとした写真集になっているみたい。ちなみに本作はBillboard World Abumsで堂々のNo.1を獲得しているみたい、そうだ、Billboardでも新たにK-Popのチャートが新設されていましたね。
それではザックリと適度な感想を書きますとですね・・・・・・まずは欧州のWill SimmsとYoo Young-jinが共同制作したシングル曲「I Got A Boy」(Billboard K-Pop Hot 100でNo.1獲得)で幕開け、これは少女時代ならではのキュートさを、刺々しく跳ねて破裂するジグザグ電子音の中に埋め込んだアグレッシヴなエレクトロポップチューン。とにかくド派手カラフルに飛び散る電子音に塗れる鮮烈な一曲で、Hip Hopっぽい要素も入れて(Rapもしている)なかなか手の込んだ変則トラック。かなり懐かしいフレイヴァー漂う魅惑のダンスチューン「Dancing Queen」はSteve BrookerとKenzieが共同制作(Billboard K-Pop Hot 100でNo.2を獲得)、そんな好きでもないけれどこういうヴィンテージタッチを艶やかに可愛く演じる辺りはPCDっぽいアプローチ。「Baby Maybe」はMitch Hansen制作、これはキラキラと眩い電子音が舞い散る素直に可愛さ満点なガールズポップチューンで、そんな中でもメンバーがそれぞれ結構歌えるのだと実感できる一曲。「Talk Talk」は先日に日本第二作にも収録されていた一曲で、ザクザクとエッヂの効いたエレクトロロック風味なトラックに、ファルセットで鋭く舞うフックが耳に残る一曲。Joseph Belmaati制作の「Promise」は昔のBrandyやMonicaなんかを思い出させる(LaFace全盛時代を彷彿とさせる)純粋R&Bミッド、しっとり濡れて輝く朝露みたいに綺麗なメロディに、優しくそっと寄りかかる様な少女時代のヴォーカルがふんわり聴こえるナイスな一曲。数多くのK-Pop曲を手掛けているKenzieが制作を担当した、いわば鉄板タッグで挑んだ「Express 999」もキラキラなエレクトロポップで流麗かつ鮮烈、しかし途中でダンステクノっぽいビコビコ点滅するリズムを挿入したり、かと思えば思い切りブリブリアイドルな王道キャッチーなフックを配したりと中々面白い。雪の結晶みたいにすぐと溶けて消えそうな優しく儚いメロディが切ない「Lost In Love」はPark Chang-hyun制作、バキバキとへし折る様な乱暴な電撃ビートに少女時代のコケティッシュなヴォーカルが華やかに疾走する「Look At Me」はTrinityが制作。「XYZ」はまさかのStereotypesの面々が制作関与で驚き、ベタベタな直角系テクノポップなんですがまーそれはそれで良いかな、呪文みたいな下降線フックも単純にノれますからね(笑)。最後を飾るのはHyuk ShinとJordan Kyle制作の「Romantic St.」で、これなんかは少女時代が歌ってしまうと単なるブリっ子になっちゃうから危険な一曲ですね。

ハングル語だから聴き難いかなーと敬遠していましたが、音楽に言葉の壁はありませんでしたね(笑)。大体、このブログで色々と黒音楽を書いているけれど、英語だって何一つ分からない訳ですから。絶対に買いだ!なんて事は全くないですし、やはりどこかアイドル臭さが抜けませんが、全米進出盤を出す際にはもっとクールにガツガツ攻めて欲しいものです(期待)。ただ女性好きの僕としては、Sunny盤も買って写真を拝みたいです(阿呆)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment