RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

少女時代「Girls' Generation [Girls & Peace]」
girlsgeneration2-girlsandpeace-3.jpg

韓国と日本を股にかけて活躍し、遂には全米デビューまで果たした美女集団、少女時代の日本二作目となる『Girls' Generation [Girls & Peace]』を御紹介。そうなんです、僕は少女時代が好きでして(笑)。他の韓流のアーティストは全く知らなくて、少女時代と東方新起のみが僕の鑑賞対象となっております。少女時代は全部で9人で構成されているんですが、ヴォーカル担当は中の五人と意外にもきちんと選別されており、僕は中でもTaeYeonが一番のお気に入り。
という訳でいつもみたいに本腰は入れずにサックリ書きますと(失礼)・・・・・・まずは本作からシングルカットされた「Flower Power」はTRINITYが制作、これはビカビカと眩く鋭く明滅する照明シンセがザクザク感触を生み出すサイバーなアッパー。ブイブイと歪んで響く電子音のうねりを他所に、少女時代の面々の可愛くて華やかな歌声がスプラッシュする感覚がナイスですし、Sunnyの早口で唱える呪文みたいなブリッジがキュート。ドクドクと音を立てる鼓動ビートが強烈なERIK NYHOLM、ERIC PALMQWIST、TOM AEIO、HANK SOLOが共同制作の「Animal」も、エレクトロポップを巧く取り入れた衝撃波みたいなトラックで常に前のめりにエッヂーに攻め込みます。ラップ寸前な早口で捲し立てて滑走する斬り込み系のアッパー「I'm A Diamond」はDAPO TORIMIROとPRISCILLA RENEAが共同制作。これもカッコ良くて、一時期のTimbalandとDanjaが制作しそうなドカドカと地響き起こす泥臭いジャングルビートで痛快。LARS HALVOR JENSEN、MARTIN MICHAEL LARSSON、ZAC POORが共同制作した「Reflection」はどこか懐かしいレトロポップでキラキラと綺麗に輝く、少女時代のシャンパンゴールドなヴォーカルが弾けて跳ねる軽快な一曲。SEBASTIAN THOTT、ANDREAS OBERGが共同制作したフローラルで柔らかな香りが漂う花畑ミッド「Stay Girls」は鉄板の可愛さ、KALLE ENGSTORMが制作のこれまたTimbalandっぽい歪んだヘヴィーな重装備トラックが華奢な少女時代の歌声と対比して面白い「T.O.P」はどこかThe Pussycat Dollsを彷彿とさせるクールネス。 日本の歌番組でも何度も披露していたのが、純朴で切ない透き通った綺麗なバラード「All My Love Is For You」、BACHLOGIC制作の澄んで流れる小川のような清廉なメロディに乗せて、少女時代の優しく微笑むような天使の歌声が燦々と降り注ぐ素敵な一曲です(癒)。そして何よりここ日本で結構前から披露されていたのが「Paparazzi」なんですが、これが非常に微妙で全くハマらず、この曲のせいで本作も買おうかどうか迷っていた程(苦笑)。あとはガールズポップ丸出しなブリブリなポップロックチューン「Girls & Peace」、ERIK NYHOLMとPATRICK HAMILTONが共同制作した聴かせるピアノバラード「Not Alone」と、どれもベタであまりにひねりの無い楽曲が続きます。

うーん、どうも浅い仕上がりでちょっとガッカリ。日本デビュー盤となる前作の方が断然良かった、なにがこれほどに印象を変えたのかな(疑問)。前作ではかなりクールで尖った楽曲を中心に組んでいたんですが(国産R&Bっぽいタッチが強かった)、本作では元来の少女時代のスタイルであるアイドルっぽさが全面に押し出されていますね。せっかくTeddy Rileyと組んだりしても、またこの感じに戻ったんでは勿体無い。とか言いつつも少女時代は好きですけどね、だからこそUS進出を頑張って欲しい。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment