RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Faith Evans「The First Lady」
faith-firstcovs.jpg


元Bad Boy Recordsの歌姫ことFaith Evansの通算四作目となる『The First Lady』を御紹介。Faith Evansといえば、あのThe Notorious B.I.G.の元奥方であり、Diddy率いるBad Boy Recordsの歌姫って感じですよね。しかし本作『The First Lady』はそんな古巣Bad Boyを離れ、Capitol Recordsからのリリース(友好的移籍だそう)となりました。そんなこんなで今までのBad BoyサウンドでのFaithEvansに慣れ親しんでいる僕としては、当初はちょっと不安もあった訳で。
ああ不安だなぁと思っているあなた……そんな心配は微塵も要らないなんとも素晴らしい仕上がりに驚き、Faith Evansの底力をまざまざと魅せつけられました(褒)。まずはピコピコ印象が強いThe Neptunesが製作を担当した「Goin' Out」の登場、ゲストにPharrellとClipseの片割れで実力派と名高いPusha Tが参加しています。The Neptunes仕様の可愛いらしいビュイビュイ跳ねる電子トラックに、Pusha Tの甲高いラップが見事に絡んだ一曲。Faith Evansのフックでのファルセット具合がどことなくPharrellっぽくも感じたりします、というかFaith EvansとThe Neptunesって相性抜群ですねぇ。「Again」は本作からの先行シングル、製作を担当しているのはベテランコンビのIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsで御座います。本作ではこのコンビが最も多くの楽曲を提供していて、それが本作の質をぐんと高めているのは明らかで御座います。この「Again」も懐かしさ漂うあったかい曲で、The Whatnauts「Genuine」を下敷きにしたレコード曲(懐)。このノスタルジックに包まれた温かさがなんとも心地良い、なんかこう何かしらに向かって立ち上がろうとさせてくれる、希望に満ち溢れた一曲です(感動)。続いてもIvan BariasとCarvin Hagginsの二人が製作を担当した昔風味が抜群に効いた「I Don't Need It」も最高にクールでカッコ良い、The Jones Girls「Nights Over Egypt」をサンプリングした、良質クールグルーヴのR&Bとなっております(最高)。「Stop N Go」もIvan BariasとCarvin Hagginsが製作、絶えずFaith Evansが高い旋律を行き来するシルキーな一曲で肌触りが気持ち良い、儚い感じがたまらない世界。ベース音が聞いた切れ味ある「Mesmerized」は、昔からの馴染みのChucky ThompsonとAndre "AJ" Johnson、それからFaith Evansの夫であるTodd Russawが製作を担当。⑥「Tru Love」はいつも引き出しの多さを感じさせるJermaine Dupriが製作(Additional ProductionにBryan-Michael Coxが参加)を担当したギター旋律に涙が流れそうになる切ないメロウ曲、今にもUsherが出てきそうな極上スロウにFaith Evansの切ない歌声がたまらなくて涙腺刺激されまくり(潤)。ここでのFaith Evansの“らぶ♪らぶ♪らぶ♪らぶ♪”の繰り返しフックがまた胸の奥にこだまして響くんですよ、これが技有りですよね(撃抜)。「Jealous」は再びIvan BariasとCarvin Hagginsの共同制作曲、ここでもLos Angels Negros「Esta Noche La Paso Contigo」をネタ使いした古き良きソウルフル曲でFaith Evansを輝く歌姫に仕上げています。「Ever Wonder」はDiddyの右腕であるMario "Yellow Man" Winnansが製作&ゲスト参加、少し乾いたトラックも一聴してすぐにそれと分かるMario Winnas御得意の刹那メロディでたまらんです(失神)。しかもここではMario Winnasもガッツリ歌ってて、これはもう完全なデュエットですばい(最高)。ゆらゆら昇天系の超スロウ「Catching Feelings」はBryan-Michael Coxが製作を担当、もっとベタに切ない感じの楽曲で攻めて欲しかった気も。「Get Over You」ではまたまたIvan BariasとCarvin Hagginsの二人が製作参加、フィリーっぽいノリを存分に取り入れた生楽器が温もりある一曲で、本当にレコードを掛けているかのような懐かしさ感じるグッドソウルミュージック。Ivan BariasとCarvin Hagginsはその後も和やかに伸びやかな極上スロー「Until You Game」を製作、これももうFaith Evansの優しく熱っぽい歌声にただただ溺れるばかりの美曲です(安心)。「Hope」はもう皆さん聴いた事のある、映画『Coach Carter』サントラに収録された一曲を収録。御存知TwistaがCee-Loをfeat.していたのが原曲(製作はToxic)、それをFaith Evans版にした(だから同じ曲でも聴こえは全く違う)一粒で二度美味しい的な一曲です。この曲は本当に素敵な夢曲、Twistaが上手いですよねぇ。国内盤にはボーナストラックとして最後に「Do My Thang」を収録、Scott Storchが製作したベンベン飛び跳ねるバウンシーなトラックは躍動感抜群で最高に熱い、Scott Storch御得意のダークさは皆無で聴き易い、やっぱりScott Storchって曲作りが巧いですよね(感服)。

いや~やっぱりMary J. Bligeも素敵だけど、Faith Evansも全く負けてないなぁって感じですな(互角)。MJBに比べてここ日本ではそれほどまでに認知されてない感があるけど(個人的見解)、本当に素敵な曲を沢山歌ってるんですよねぇ。このアルバムはもう完全なる正統派R&Bって感じ、絶対に聴いて欲しい力作で御座います(薦)。この一枚で賞賛を送りたいのはやはりIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsの二人、温もりに満ちた素敵なソウルミュージックを聴かせてくれました(功労賞)、彼ら無しではここまで素晴らしいアルバムは完成しなかったでしょう(断言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment