RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Vivian Green「Green Room」
vggrimageimg.jpg

Philadelphia出身の麗しきR&Bシンガー、Vivian Greenの通算四作目となる『Green Room』を御紹介。Philly出身という事で、Jill Scottのバックヴォーカルなんかも務めていた経歴の持ち主。という事で僕的には、ちょっとネオソウル寄りな印象も強いんですけどね。その昔はガールズグループ“Younique”を結成して所属していたらしく、結構キャリアも長いんですよね。デビュー当時こそベリーショートでしたが、その後はロングヘアで綺麗だったのに、ここにきてまさかの刈り上げ寸前なベリーショート(愕然)。ルックス的にも結構好きなので、僕はもうちょっと髪を伸ばして欲しいと思います(恋人気取)。
それではサクサクと内容を書き記していこうかと・・・・・・まずはPhoe Notesが制作を担当した「Remedy」でまろやかスッキリと煌びやかにスタート、この時点で鼓膜はスルルルととろけてしまいます(美味)。トコスカと乾いて小気味の良いパーカッションが優しく響き、その上をVivian Greenの華奢なんだけれど豊満なヴォーカルが華やかに舞い上がるミッド。あのVidal Davisが制作を担当した「Anything Out There」は本作からの先行シングル、これも野風が緩やかに吹き抜けるような颯爽感と、小春日和に近いポカポカした温度が心地良くて甘美なミッド。Vivian Greenの少し掠れた声がちょっぴりセクシーで芳しく、優美な中にも少し棘のある色香がナイス配分な一曲。同郷のFreewayが客演参加し怪獣声でちょぴり火を吹いている「X」は、またまたPhoe Notesが制作。ピアノ鍵盤のマッタリとした粘液調の流れと隙間に響く低いベースが、美しい濃淡を描く艶美なスロウでとてつもなくグッド。「Free As A Bird」はなんとSteve Mckieが制作を担当、ジリジリと焦げ付いてゆくようなドラマチックで冷たいメロディが胸を締め付ける重厚な一曲。再びViadal Davisが制作を担当した「I'm Not Prepared」は、ジワジワと光が洩れるようなシンセサイザーが駆け巡る近未来的なアッパーで、だけれどVivian Greenの歌声がなんせ艶っぽいので機械的シンセがじっとりと濡れた光に変化を遂げているのが凄い(溜息)。Jason "J-Vibe" Farmerが制作を担当した「Forever」は指スナップの効いたPhillyソウル風味の効いた柔和で穏やかな朗らかスロウ、フローラルで気品溢れたメロディに、ふんわりそっと鼓膜に吹きかけるようなVivian Greenの歌声が優しく沁み込むドリーミーな一曲。続く「Supposed To Be Mine」はまたまたSteve Mckieが制作、ゆったりと流れ滴る潤いたっぷりのメロディはどこまでも澄んでいて、心の琴線にベッタリ触れる極上スロウでもうたまりません(昇天寸前)。これまたSteve Mckieが制作を担当した王道メロウソウルなタッチの「When Can I See You Again」のリフレイン感がたまらない、いつまでも残響に追いかけられて気付けば深みに嵌ってしまっている底無しスウィートなエレガント曲(溺愛)。これまた同郷より敏腕なBrian Culbertsonが制作&客演で参加した冷たく凍えそうで悲壮なピアノバラード「Still Here」も素晴らしい、Vivian Greenの今にも脆く壊れそうな薄氷ヴォーカルが胸をきゅっと締めつけて苦しくなる(悶)。「Heaven」はPhoe Notesが制作を担当、エレキギターの唸りを背景に躍動感たっぷりに駆け抜けるVivian Greenの歌声が美しくカッコイイんです。Adam Blackstoneが制作の純粋無垢なピアノバラード「Faith」はただただ凛として美しい、陽光の切れ端みたいにキラキラと輝く純朴なメロディに、Vivian Greenの清らかでハートフルなヴォーカルがエネルギッシュに弾ける、朝露のような眩しさと活力に溢れた一曲です(崇高)。最後を締め括るのはとてつもなく甘くソウルフルなレトロ調の「Light The Universe」で、これもAdam Blackstoneが制作を担当。しかもここではAlgebra BlessettとTreena Ferebee、Laurin Talese、Leah Smitnという実力派女性シンガーが結集し、華やかでタフな歌の掛け合いで魅せてくれます(撃抜)。

うーん良かったー、これ昨年もなんだかんだで気に入ってよく聴いてたんです。ただ年間10枚を組む時も、考えつつも気付いたら消えていて、そういう意味ではあまりにスマート過ぎてサラサラ聴けてしまうからかも。でもそういう盤は後々も愛されるんですよね、恒常的な魅力があるというか、流行とは無関係でいられるから。ここ最近の中ではよりグッとデビュー頃のソウルな感触に立ち返りましたね、僕はどちらのVivian Greenも好みなのでどっちにしろ大丈夫なのですが(笑)。確かに最近の電子音を散りばめた流麗なメロディも配しつつ、あくまで正統派なR&B盤で安心して聴けます。あと、Vivian Greenがまた髪を伸ばしてくれたら最高です(笑)、短髪もカッコ良いけれどね。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment