RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wu Block「Wu Block」
Wu-Block-608x608.jpeg

N.Y.を代表する二大クルー、Wu-Tang ClanとD-Blockがまさかの合体を遂げた。その名もWu Blockの夢のコラボアルバム『Wu Block』を御紹介。いやはや、90年代からHip Hopにどっぷり浸かっている僕、しかも中でもとりわけNew York好きな僕、これぞ“鴨がネギを背負って歩いてきた”的な美味し過ぎるアルバムが登場(失神)。こう書くとWu-Tang ClanとD-Blockの全員が集結していそうなんですが、これはGhostface KillahとSheek Louchの二人が指揮を執り実現したドリーム企画。そこに周囲の面々も続々と駆けつけたって感じ、この二人だけでも充分に通用するから良いんですけどね(笑)。
という訳で再生する前からギンギンだったんですが感想を・・・・・・まずはGhostfaceにSheek、そしてRaekwonとJadakissが参加した「Crack Spot Stories」で燻し銀でギラギラした幕開け。Fithestateが制作したソウル曲の早回しみたいなループ加減は正にN.Y.スタイルで哀愁漂うクールな一曲。GhostfaceにSheek、そしてCappadonnaが参加した「Pour Tha Martini」はJohn Jmac McCallが制作を担当。これも昔のソウル曲のストリングス部分を切り取って流麗に繋ぎ回した、スリリングで滑らかなハードコア曲で、終盤でCappadonna(久々)の唾飛ばして噛み付く厳ついラップも最高の聴き所。SheekにGhostfaceにMethod Manが参加した「Pull Tha Cars」はPhonix BeatsとThe Futuristicsが共同制作、初期のWu-Tang Clanみたいに青銅みたいな不思議で尖った輝きを放つ殺気だった無骨トラックがナイス、Method Manの黒煙モクモクなフロウがやっぱり渋くて痺れますね。GhostfaceにSheekにStyles Pが参加したこれまた激渋に錆び付いたざく切りブルージーな「Guns For Life」はFithestateが制作を担当、コチコチと叩き続ける硬質ドラムスの武士ビートと、蒸せ返る様な女性のソウルフル声のループが熱線で華を描きます。SheekにGhostface、そしてRaekwonとStyles Pが参加した「Comin For Ya Head」はVinny Idolが制作。このゴチゴチち固いビートのみでの進行はまさに漢節、この四人のマイクリレーは辺り一面は焼き爛れてしまう熱気となって充満しますね(息苦)。Shroomが制作した「Cocaine Central」はGhostfaceにSheekにStyles Pが揃い踏み、ここでは汗をかいたグラスみたいにソウルフルでしっとりと煌びやかな濡れたミッドナンバーをスマートに披露していてグッド。本作の主導者であるGhostfaceとSheekの二人でタッグを組んだ「Take Notice」はJon Wooが制作、オーメンチックな奇怪で不穏で散らかった音階の鍵盤音が奇天烈で耳に残る一曲。TermonolgyとMooseが共同制作した「Driven Round」は本作のシングル曲、SheekとMasta KillahにまさかのGZA、更にもっとまさかのErykah Baduが参加した鉄板の一曲に。昔のレコードに針を落としたような、まろやかで湿っぽい人肌メロウチューンにErykah Baduのパルファムみたいに仄かに香るヴォーカルが漂うエレガントな一曲(誘惑)。GhostfaceにSheekにInspectah Deckまでもが参加した「Different Times Zones」はFrank Dukesが制作、ぼわんと膨らんで弾けて消える煮沸ビートが面白いソウルフルで骨太な一曲。GhostfaceにSheekにJadakissがマイクを回す「Stick Up Kids」は、久々の登場で(僕は)興奮MAXなRed Spyderによる制作曲。ドシンドシンと地を揺らす様な振動ビートが振り下ろされ、Sheekの前のめりで豪快なフックがブンブンと鼻先をかすめる感覚がたまらなく痺れる、豪腕唸る鉄屑チューン(潰)。SheekにGhostfaceにJadakissにStyles Pが参加した「All In Together」はV Donが制作、このティンパニっぽいビートの上をただ荒々しくぶつかり合いながら転げるマイク回しは神懸かり。GhostfaceにSheekにRaekwonが揃った「Do It Like Us」、途中でザクザク入るブルージーなギター弦がアクセントのこの曲の制作はあのEric Sermon。GhostfaceにSheekにMehod Manが参加の「Stella」はLast Child制作、モンスターチックな怪奇声が蠢くダークな濃霧曲。「Been Around」はJoe Millyが制作で、The Honey Cone「Stick Up」を45回転サンプリングしたキュートでファンキーなアッパーで爽快。あとはクレジットに記載されていませんが、最後にはもう一曲「Bust Shots」が収録されています。

あああああああああ、お腹いっぱい(叫)。こういう夢のコラボって聴き手が期待し過ぎて、企画倒れって事もあるんですが、これだけのメンバーが集結して粉砕されない筈がない(必殺)。こうやって大所帯でマイクを回しても誰がラップしているのか分かるのは、やはり僕が90年代を生きた人間なんだって証でしょうね(笑)。時代は同じでも全くその系統は違うベテラン集団、綺麗に混じり合っていない辺りがまた愛しくなったりね(笑)。多くは語るまい、ただ聴いて痺れるべし。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment