RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

僕が選ぶ2012年アルバムTop10[Rap部門]
IMG_3626_20121229210709.jpg

さあ、2012年も終わりが近づいていますね。
という訳でお待ちかね(誰が?)、一年間の総決算。
僕が選ぶ2012年アルバムTop10[Rap部門]の発表を致します。
今年からは[Hip Hop部門]でなく[Rap部門]へと変更します。
毎年書きますが、僕の一年間の選考期間は少し変わってまして。
対象は2011/12/16~2012/12/15までに発売されたものから選考。
あと輸入盤より国内盤が発売が遅く、古いと思われる盤が入る場合も。
という訳で僕はその期間に発売されたものだけ厳選。
毎年楽しいながらも、かなり苦悩しながら決めるこの順位。
まあ、まだまだ迷ってしまうんですが、とりあえず......



第十位 Ryan Leslie『Les Is More』
tt.jpeg

まずは第十位、Ryan Leslie『Les Is More』をチョイス。“いやーこれをRapアルバム10枚に入れるなんて......”なんて絶句している方もいるかな、でも僕は結構好きでした(苦笑)。Ryan Leslie独特のあの硝子ファイバーなカラフルメロディセンスはそのままに、クールであくまでスマートなラップ部分と繋がったまま変わる歌部分が両方が味わえるのは美味かった。Drakeがアリならばこれだってアリだと僕は思う、ラップと歌とビートとメロディの配分が絶妙で、よーく練られた一枚だと思います。でもこの一枚だけで結構ですね、また次回作では普通に歌って欲しいかな。
アルバム記事はこちら


第九位 Lupe Fiasco『Food & Liquor II: The Great American Rap Album Pt. 1』
tt_20121229202749.jpeg

第九位には、Lupe Fiasco『Food & Liquor II: The Great American Rap Album Pt. 1』をチョイス。これまでのLupe Fiasco作品は全て所持している訳ですが、彼の作品がランクインするのは初。Lupe Fiascoってここ日本でもファンが多い筈なのに(そしてLupe Fiasco自身も大の日本好き)、本作はあまり話題にならず静かにそっとリリースされてた様な気が。本作ではデビュー頃のコアで真っ直ぐストレートなHip Hopをやっていて、僕みたいな古いスタイル好きには馴染み易くて再評価した一枚。R&B寄りなトラックも多くて聴き易いし、色んなスタイルをこなせるのはやはりLupe Fiascoの技術あってこそ。
アルバム記事はこちら


第八位 Curren$y『The Stoned Immaculate』
Currensy-The-Stoned-Immaculate-Album-150x150.jpeg

第八位はですね、Curren$y『The Stoned Immaculate』をチョイス。安定した作品のクオリティ、これだけの短いリリーススパンでこのスケール持続は凄いの一言。Curren$yに関してはもうただただ僕が好きなタイプという事、彼の気球か飛行船みたいなプカプカ漂うフロウは中毒性が高過ぎる。本作は彼のこれまでの諸作品と比べても、かなりメジャーなゲスト&製作陣が参加した一枚、それでもあくまで主役はCurren$yで、彼が登場した途端に周囲は煙に巻かれて視界不良になるという魔法。ただねー、これまでのアルバムと比べるとジャケットが僕はあまり好きじゃない、Curren$y作品のジャケットのファンでもあっただけにそこは残念(無関係)。
アルバム記事はこちら


第七位 Big Boi『Vicious Lies and Dangerous Rumors』
Big-Boi-Vicious-Lies-and-Dangerous-Rumors_150.jpeg

第七位はこれです、Big Boi『Vicious Lies and Dangerous Rumors』をチョイス。年末スレスレのリリースでこの順位、もっと聴き込んだら上位に食い込む可能性大な一枚。よりエレクトロでよりポップへと傾倒したBig Boiですが、それでもなんだか王道Hip Hopに仕立て上げるあたりはベテランの貫禄。Little DragonやPhantogramなんかの存在を教えてくれた事にも素直に感謝したいし、考えたらこういうサウンドをずっと昔からバリバリにやっているOutKastの先見の明って凄過ぎる。
アルバム記事はこちら

第六位 Nas『Life Is Good』
big2.jpeg

第六位にはコレ、Nas『Life Is Good』をチョイス。いや、順位低過ぎるとは思うんですけどね、やはりNas神様(なずがみさまと読む)だからこちらの期待も相当に大きい訳で。別に期待を下回ったとかではなく、これぐらいのハイクオリティが当然だからという事でこの順位に。ジャケットといいタイトルといい、毎度と作品のコンセプト丸々で問題提起するリリシストNasは健在、どのトラックに乗っかってもNas節になってしまうのもやはり凄い。こういうベテラン勢が今でもマイク握って猛威を揮っているのが凄い、Kelisと復縁したら最高なんだけどなー(妄想)。
アルバム記事はこちら


第五位 Common『The Dreamer / The Believer』
Common-The-Dreamer-The-Believer-e1321379511302s_20121225150657.jpeg

第五位の節目、Common『The Dreamer / The Believer』をチョイス。そうです、NasよりもCommonが上位なんですよねー。その差はやはりNo I.D.との相性が大きく関係していて、やはりデビュー時からCommonのサウンドを支えたNo I.D.との久々の合体はとてつもなく嬉しかった。Drakeを口撃した「Sweet」の不発で作品自体の評価がガタ落ちだった気もしますが、僕は素直にカッコ良くて渋くて何度も噛み締めて聴いた一枚だったんですよ。Commonのルーツを再認識させてくれた一枚だったと思います、昔ながらのHip Hop好きこそ反応したんではないかと思う一枚。
アルバム記事はこちら


第四位 Kendrick Lamar『good kid, m.A.A.d city』
good-kid-mcity-2-bourgeois-creme-150x150.jpeg

まさかの第四位、Kendrick Lamar『good kid, m.A.A.d city』をチョイス。いやね、第一位なんでしょうけれど僕は第四位に(難)。カッコイイ、その声質を自在に操る宇宙人声は巧みの技としか言いようがないですよね。ただ僕の天の邪鬼な性質がムクムクと動いたのも事実で、最後まで散々迷った末にこの順位です。ただリリースの時期もかなり後半でしたし、これからもっとゆっくり聴いて損する可能性大かもしれませんね(苦笑)。多くは語りません、僕も皆様と同じ感想です、イルでカッコイイですよね。
アルバム記事はこちら


第三位 Freeway『Diamond In The Ruff』
8837728.jpeg

第三位はコレだっ、Freeway『Diamond In The Ruff』をチョイス。もうこれは完全なる個人的好み(笑)、それだけ僕の中でのFreewayってのは大きな地位を築いております。今のシーンだけでなく、これまでのHip Hopシーンを振り返ってみても、これだけの放射能光線フロウを駆使できる怪獣がいたでしょうか(珍味)。しかしそんな灼熱フロウを極上ソウルフルトラックに乗っける事で、更なる熱反応を起こし素晴らしい高揚感を煽ってくれるのです。Just BlazeやB!nkといった旧友達が集ったのも嬉しいし、粋なシンガーを揃えた人選も素晴らしい。これをヘッドフォン付けて、それを通して聴きながら歩いて御覧なさい、最強の男になってN.Y.のストリートを闊歩している気分を味わえますよ(疑似体験)。
アルバム記事はこちら


第二位 Future『Pluto』
future-pluto--1334759132-1.jpeg

栄えある第二位は、Future『Pluto』をチョイス。いやーーーーとにかく聴いた、聴いた、そして溺れた。当初はここまで嵌るとも思っていなかった、そもそも「Tony Montana」もそんな気に入ってもなかったですし。しかしこのエフェクトを駆使した歌うようなモヤモヤしたフロウは凄まじい毒気であっというまに僕を浸食、気付けばあのうわずった様な靄フロウが脳内にこびり付いて離れなくなっていました(虜)。Rihannaに提供&客演した「Loveeeeeee Song」も本当に素晴らしい出来映えで、これからはProducerとしての活躍も期待できそうな程に多才。次回作はもっとR&B寄りな作品になるとかいう噂もあり、より今後が楽しみなMCですね。僕はKendrick Lamarよりも断然Future推しです、Futureは本当にカッコイイ(気絶)。
アルバム記事はこちら


第一位 J. Cole『Cole World: The Sideline Story』
j-cole-cole-world-the-sideline-story_jpg_250x450_q85.jpeg

栄えある第一位は、J. Cole『Cole World: The Sideline Story』をチョイス。自身で作詞作曲を行い、Jay-Zに見初められRoc Nationの第一号契約アーティストに、という経歴だけで僕が惚れ込むに決まっています。J. Coleは個々最近の若手の中でもかなり正統派で真面目な印象、すべてのサウンドを彼自身が創ったと知った時の衝撃は凄まじかった(MixTape時代に知った)。メジャー昇格してもその王道で正統派なスタイルは維持し、休業中だったMissy Elliottまで引っ張り出すというナイスな仕事もアリ。なんというか安心して聴けるんですよねー、僕にとって懐かしく愛着のあるラップをしてくれるのがJ. Coleな訳です。ここ最近は結構、変わり種みたいなMCが重宝されるので、こういう自己演出できるQ-Tip的なスタイルのJ. Coleの存在は大きいと思います(賛辞)。
アルバム記事はこちら



.........さあこれが僕の選んだ十枚、いかがでしょうか。
まあ、どこもかしこもKendrick Lamar旋風でしたねー(結局)。
でも確かにカッコイイですものね、文句はありません。
最近は毎年と大型新人が出現して下克上も下克上。
今年最後まで迷ったのもBig K.R.I.T.『Live From The Underground』Tyga『Careless World: Rise Of The last King』のニ作品、彼らも若手ですものね。
でもJa RuleとDMXが復活もしましたし、そろそろベテラン達が暴れ回りそうな予感。
他にもXzibitとかStyles Pとか、買いたいと思いながらも金欠で買えなかった(後悔)。
来年もランキング書けるかな、いっぱい音楽聴けるかな。



※番外編 Wu Block『Wu Block』
0000014101.jpeg
アルバム記事はこちら

恒例の番外編をちょこっと書くと、Wu Block『Wu Block』をチョイス。これは最後までランキングのどこに入れようかと考えあぐねていたんですが、やはりこれだけの面子が集結したら反則とみなしTop10からは退場としました(笑)。でもやーーーっぱり彼らはカッコイイんですよね、Wu-Tang ClanとD-Blockの合体なんて、仮面ライダーとウルトラマンの合体にも等しいですよ(絶叫)。新しいサウンドを入れるでもなく従来型のN.Y.サウンドを蘇生、もう最高に熱かったですね(痺)。これを機にSheek Louchのファンが増えるのではないでしょうか、JadakissとStyles Pに並んでくれっ(切望)。

スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

2012
いつもレビューお疲れ様です。 ほほ、なるほど。

Futureは今年爆発しましたね。Kendrick Lamer, 2 Chainz, A$AP Rockyと並んで今年のMVPといっていいほどの活躍でした!
個人的にはKendrick,ScHoolboy Q,Nas,Killer Mike,Big Boi,2 Chainzの順番かな。
Kendrickは歌詞・ビート共に文句なしのクラシックでした。コンプトンという凶悪な街で育ったGoodkidの葛藤・成長が物語仕立てで描かれており、正にアルバムというよりShort Filmだなと感じました。
前作Section.80に続けてコレですから彼のポテンシャルは末恐ろしい!笑
Hoopさん、ご無沙汰してます!
そしてコメント有り難う御座います!

そうかあ、やはりSchoolboy Qも良かったですかー。彼に加えてAb-Soulもチェックしたかったですが、僕の住んでいる田舎ではなかなか無くて、結局は店頭にあるものから買うもので(涙)。

僕は英語とかアメリカが分からないので、そういう詩の部分が全く分からず雰囲気で聴いていて、そういうのまで分かるHoopさんがとっても羨ましいです......!

Hoopさんがそこまで言うならば、やはりKendrick Lamarは凄いのですねー、これからもっと要注意しますっ★
Queenさん、今年もお疲れ様です。
おおっすごい!Freeway大健闘じゃないですか。

J. Coleはいずれ聴こうと思っていてそのままになっていました、次にお店で見つけたらしっかり押さえておきます。BIG K.R.I.T 「Live From The Underground」は私もお気に入り、QueenさんはこのTOP10に絶対入れると思っていたのでちょっと意外です。

前回のコメント時に購入を迷っていた7作品ですが、結局Kendrick Lamar以外すべて購入しました。まだどれもろくに聴けていないので良し悪しのジャッジはとても無理ですが、一聴した感じではMasta Killaは過去2作を凌ぐ印象です。
Kendrick Lamarはおっしゃるようにこれだけ評判が良いので、いずれ中古で700円くらいで出回るのを待つことにしました。で、代わりに買いそびれていたReks「REBELutionary」を購入。速射砲ならこのReksもFreewayに劣りません。

そうそう、前回挙げ忘れましたがLarge Professor 「PROFESSOR @ LARGE」は良いですよ。あまり話題になりませんでしたが、私はよく聴きました。さすがはレジェンド、期待を裏切りません。

2013年も良い新譜がたくさん出るといいですね。
J-HOODの伯父さん、明けましておめでとうございます!
そしてコメント、ありがとうございます!

そうなんです、Freewayがやはり僕は大好きです。
あれからLamar以外すべて購入したんですね、流石です(笑)。
僕もReksは気になってたんですよねー、ジャケがめっちゃ良かったから、買えば良かったーー。
Large教授も出してるんですね、知らなかったです。欲しいなー、どれも欲しい。
Masta Killaは必ず買いますので!

今年もどうぞよろしくお願いします★

Leave a Comment