RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mario Vazquez「Mario Vazquez」
mario-mvcovs.jpg


米人気オーディション番組『American Idol』を勝ち上がり辞退したPuerto Rico出身の男性シンガーMario Vazquezのデビューアルバム『Mario Vazquez』を御紹介。僕は最近ほとんど黒人以外の音楽は聴きません、どっちかといえば意固地になっている部分もありますが(笑)。でもとにかく黒音楽をこよなく愛しているんです、それは事実なんです。ですから聴くシンガーも黒人ばかり、なんですがそんな中でも白人やらも混じっています(Justin Timberlakeなどが好事例)。Mario Vazquezもその一部除外の一人、製作陣も豪華(黒音楽寄り)だったんで購入しました。
それでは内容はどうだったかといえば……これが一筋縄ではいかないスキッと爽快なメロウアルバムとなっています(最高)。まずは先行シングルとなった「Gallery」の登場、皆様もう御存知Shaffer SmithことNe-YoとStargateの共作(強作)で御座いまして。最初聴いた時は“確かに彼ららしくて、でもパッとしないかなぁ”なんて思っていたんですが、聴けば聴くほど美しくも切ないメロディと、Mario Vazquezの甘酸っぱい清涼な歌声に嵌っていました(浸)。やっぱNe-YoとStargateのコンビは凄い、驚異的な破壊力です。続く「I Bet」もStargateによる製作、ここではソングライティングをNe-Yoに代わってJohnta Austinが担当(賢)。これぐらい女性に強気でいける魅力があればと悔しくなる歌詞も良いし、Stargateによる昇天確実なミッドチューンもたまらない。あのScott Storchが製作(総製作をSean Garrett)を担当した「Cohiba」はMario VazquezのPuerto Rico風味を活かしたアッパーチューン、同郷のFat JoeとNoxがゲスト参加。Noxのレゲエ風味のラップも良いケド、やっぱりFat Joeの野太い漢なラップが良い味してます。Lester Mendezなる人物が製作し、Johnta Austinが再びペンを執った「One Shot」も失神しそうな程に爽やか。少しラテン風味なギターが切なさ爆発だし、真摯な愛を宣言する純潔な歌詞もMario Vazquezの歌声にばっちりマッチ。「We Gon' Last」は再びStargateとJohnta Austinの組み合わせ、これがまた俺の心臓をトントンと叩くんだよなぁ~(響)。Johnta Austinって本当に素敵な歌詞を書くんですね、この曲の歌詞も凄く好き、Mario Vazquezのこの癒し声も美しすぎるよ(涙)。Fernando Garibayが製作を担当した「Don't Lie」はかなりポップな仕上がり、夏の暑い日差しの中で缶ジュース飲みながら聴きたい(詳細)。Jim Jonsinが製作を担当したメロウ曲「Just A Friend」もかなり良い感じに仕上がっている、こういう曲でのMario Vazquezの輝き方は半端じゃないです(驚異)。まるで50 Cent「Candy Shop」を彷彿とさせるトラックでScott Storch製作かと思われた「Fired Up」は、意外にもStargateとJohnta Austinのタッグ、Stargaetってこういう引き出しも持ってるんだぁ。これまたポップな仕上がりながらもMario Vazquezの魅力が存分に引き出されている完璧な「4 The 1」、製作はSteve "RockStar" Moralesが担当。「Everythime I...」はベテランであるSoulshock & Karlinが製作を担当。このタッグは御無沙汰だなと思いましたが、やはりそこはSoulshock & Karlinだからツボをきっちり押さえている、こういう清涼トラックにMario Vazquezはもってこいなんだよ(断言)。最近のR&Bでは御馴染みとなったハンドクラップを散りばめた「How We Do It」はThe Underdogsが製作を担当、シンセの響きが胸をキュンと締めつける柑橘ソング(流石)。太鼓の音が細かく響く「Like It Or Not」はAnthony "Dent"(Co製作をSean Garrett)が担当、これはもう最近のHip Hop寄りR&Bの定番みたいなトラック。「We Supposed to Be」は再び僕の大好きなThe Underdogsコンビが製作を担当、きちんと刹那系トラックながらも他の(特にStargate製作)曲とは一線を画す創りは一流の証ですな。これに加えて国内盤にはSwizz Beatz製作(ソングライティングはJohnta Austin)の「Ask About My Love」が収録されていまして、これがギターを良いスパイスにした迫り来る煽りトラックで素晴らしい締めの一曲に仕上がっています(最高)。

Mario VazquezはあのMichael Jackson『Invincible』でバックボーカルを務めていたってのも、僕がMario Vazquezアルバムを購入する強い動機となりました。Michael Jackson『Invincible』は今でも聴き返す僕のお気に入りの一枚なんです、Michael Jacksonって本当に凄いんです。ってMJの話は良いんです、兎にも角にもこのMario Vazquezは素晴らしいシンガーで御座います(折紙)。このMario Vazquez『Mario Vazquez』が素晴らし過ぎて、Ne-Yoの『Because Of You』を物足りなく感じたと言ってもけして過言ではないと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment