RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Anthony David「Love Of Loud」
aaaanthony-david-love-out-loud.jpeg

India.Arieへの楽曲提供でも知られ、Boyz II MenのShawn Stockmanと従兄弟でもあるAnthony Davidの通算五作目となる『Love Of Loud』を御紹介。Anthony DavidってAtlanta出身なんですね、よくわからないけどちょっと意外。実力は折り紙付きながらも、どことなく地味ーに活動を続けている気がするAnthony David、でも本作が五枚目なんだから充分に活躍しているか(安堵)。しっかし毎度とどうも微妙な気のするジャケットを用意するAnthony Davidですが(個人的見解)、今回のハートをあしらったレコードを握り締めたジャケットは素敵。まずジャケットだけでいえば、これまでの彼の作品でいえば最高得点でしょうね(笑)。
それではザックリ適度に感想を書かせて頂きますと・・・・・・まずはキラキラと木漏れ日みたいに優しくほんわかした音色が響く「Aspiracy Theory」で幕開け、制作はAnthony David本人が担当(Co制作をMartin Kearns)。続いてもAnthony David自身が制作した、表題曲にして先行シングルでもある「Love Out Loud」。ブルージーで煙たいサウンドがぼんやりと漂い、そこにトローンとまろやかな歌声が溶けて絡み合うちょっぴりミステリアスな艶かしいミッド。こうやって聴くとAnthony Davidの歌声はとてもハスキーで影があって沈んでいて、このザラザラとしたタフで燻し銀なメロディにピッタリあったヴィンテージソウル調。ピアノ鍵盤の煌びやかで軽やかに跳ねるようなメロディが美しく輝く「Can't Look Down」はShannon Sandersが制作を担当、乾いたスナップ音に乗せて、しっとりと美しく品のある鍵盤メロディ上をツーっと滑るAnthony Davidのハスキー声がたまらなくセクシーな華麗ミッド。同じくShannon Sandersが制作を担当した王権復古なリバイバルソウル曲「So Jaded」もアダルトな雰囲気がじわじわと微熱混じりに伝わってきてカッコイイ、バーボンみたいにきつく酔わせるAnthony Davidの枯れて灼けたヴォーカルが乾いたハートに刺激的に響きます(揺)。Demetria McKinneyとGramps Morganを客演に招いたレゲエ調のミッド「Livin It Up」はLiamar Gramps Morganが制作、普通こういう曲がポンっと入ると違和感あるのですがここでは全くなくシームレス(驚)。トロピカルなんだけれど影があって哀愁漂うマイナー調のメロディだからかな、Anthony Davidの歌いっぷりも堂に入ってていつぞやのThe Fugeesを彷彿とさせる仕上がりで結構好き。Jeff B制作の「Official」では実力ある女性シンガーのAlgebraと再共演、これが滑らかで曲線的なホーンがトローリと蜜の様にコーティングする、温かくてまろやかなソウルフル曲で二人の掛け合いもピッタリで思わずニンマリ(垂涎)。なんといいますか、柔らかなニットを着た恋人同士がソファの上で抱き合ってじゃれ合っている様な、そんなほのぼのとしていて極上スウィートなテイストがたまらなく痺れるデュエット曲(惚)。そしてAnthony Davidが制作した燻し銀なスロウソウル曲「Sweet Pain」もじわじわーっと痺れて麻痺してしまうカッコ良さ、派手さは皆無だけれどこのゆったりザクッザクッと進行するメロディと、Anthony Davidの幾重にも織られたカフェインたっぷりな歌声(なんだけど微睡んでいて輪郭ぼやけている)がたまらなくツボ。続いてもAnthony Davidが制作した「Movie Night」は月明かりみたいにやんわりと照らすメロディに、しっとりと囁く様に寄り添い歌うAnthony Davidの洩れる様なヴォーカルが心の隙間をじわーりと浸透する極上スロウ(骨抜)。またまたShannon Sandersが制作を担当した、電子鍵盤のつぶらな音色が軽妙に跳ねる「Control Freak」もナイス。なんていうか雨粒が落ちて地面に着いた途端にカラフルに輝き弾けるような、そんなちょっとメルヘンなシュガーテイストも心地良いミッド。生バンド演奏の旨味が存分に活かされた「On My Way To Crazy」はAnthony David制作、鼓膜に優しく絡み付くAnthony Davidのじんわりと温かい呼吸みたいなヴォーカルが胸の鼓動と呼応する優美なファンクチューン。最後を締め括るのはAnthony David制作のシリアスで冷たいロックなナンバー「A Way For Me」、この雨の降りしきる中を駆け抜けるような疾走感と躍動感がとってもドラマチックでクールです。

昔のフォークっぽいAnthony Davidは、ここ最近鳴りを潜めているままですね、本作でもそう感じました。そして本作はこれまでの作品の中でも一際暗いというか、少し照度の低い薄明かりな光彩の一枚だった感じがします。あまりリズムの強い楽曲がなかったのもそう感じさせたのかな、それがまたAnthony Davidのハスキーな歌声をより燻し銀に演出しておりました。これからもっと長く聴く事で、また違った魅力にも出逢えそうな好作品です。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment