RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

R.Kelly「Chocolate Factory」
R-Kelly-Chocolate-Covers.jpg


独自の世界観でR&B界を牽引する大物シンガーR.Kellyのソロ通算五作目となる『Chocolate Factory』を御紹介。プライベートでは色々とスキャンダル塗れで話題のR.Kellyですが、その音楽性は他を寄せつけない完璧に創り上げられた世界で、聴く者を魅了し続けています(溺愛)。彼が登場するだけでそこには“R.Kellyマナー(流儀)”が漂い、たちまち彼が主役となってしまうんだから凄い。そんな彼の甘い世界を、思う存分に堪能できるのがこの一枚で御座います。
それでは内容をちょっぴり御紹介しましょう……まずは形式的な事として一応最初に述べておきますと、全曲をR.Kelly自身が製作しています、一曲残らず全てをというのは流石のR.Kellyでもそんな無い筈。まずは表題曲である「Chocolate Factory」で幕開け、愛しい恋人の甘さを“君は僕のチョコレート工場さ♪”と謳うR.Kellyのエロさ控えめの詞が素敵、ライトで明るく弾んだ音で入り込むには丁度良い滑り出し。そこから早速と「Step In The Name Of Love」が流れ出す、僕はR.Kelly曲の中でもこの曲は格別に大好きなんです。ハッピーはいっぱい詰め込まれたキラキラ輝くメロウトラックに、思わず微笑みながらステップ踏みたくなりますよねぇ(踊回)。大好きな女性と二人で小さな部屋でお酒片手にホロ酔い気分でこの曲聞きながら、じゃれ合いながら踊ったりなんかしたら、もう最高に幸せで心地良い気分に浸れる事間違い無し(妄想)。またこの曲の持つ魅力が昔のソウルミュージックを聴いているかの様な気分にさせてくれて、温かくて愛に満ち溢れていて、これはもう絶対にR.Kellyでないと創り出せない音楽ですよね(絶賛)。女性の力強さや素晴らしさを讃えた「Heart Of A Woman」も素敵、どこか哀愁漂うトラックの上でひざまづく様にしてこの世界に生きている全女性に感謝を述べる男代表R.Kelly、ドラマチックで感動します。ピアノ旋律に寄り添いながら“僕はどこへも行かない♪”と熱く謳う「I'll Never Leave」なんか、そのまま結婚式で流しても良いキャンドルソングかと僕は思います。「Been Around The World」ではJa Ruleを客演に招きミッドナンバーを披露、こういう歌い回しってのもやはりR.Kellyの専売特許なんじゃないかなぁと思います、半ば語りかける様な歌い方とでも言いましょうか。ここで絡むJa Ruleも丁度良いくらいの温度で熱くて素敵です、僕は個人的にはJa Ruleの歌うような低音濁声フロウが好きです、R&B曲には恐ろしい程の相性の良さを発揮していると思います(誉)。冒頭に飛び出すR.Kelly御得意の“おーーーおおおおおーおー♪”で一気に痺れ上がる「You Made Me Love You」の荒涼とした感触、まるでレコードから飛び出したかの様な和やかなグッドソウルミュージックを聴かせてくれる永遠の愛が題材の「Forever」、本作でも最も光り輝いている小さなダイアモンドを散りばめたキュートなバラード「Dream Girl」も胸をキュ~ンと締め付けられる甘美曲。爪弾くギターとポワンッと弾ける音が合わさったトラックが、“今あるR&B曲の根底を作ったのがR.Kellyなんだ”と感じさせる「Forever More」も素敵だなぁ、ここでのフックのスーッと染みてゆくR.Kellyの歌声が美しすぎて骨抜きにされます(溺)。と思っていたらいきなり曲調を変えて刺激的に攻める「You Knock Me Out」なんかも上手いよなぁ、引き出し多いですね。R&B曲には欠かせない水滴ピチョン音で神秘的で深遠な世界に惹き込まれる「Imagine That」も艶かしくて溶かされる、これぞ想像(妄想)エッチ、これぞエロ帝王(セックスシンボル)R.Kellyの真骨頂ですね(拍手)。まるで西部劇が始まりそうなイントロで荒んだ風がピューッと吹き抜ける物語曲「Showdown」では、R.Kellyが敬愛してやまないRonald Isleyがゲスト参加、一人の女性を賭けてR.KellyとMr.Biggs(Ronald Isleyの別称)が一対一で対峙するそれこそ西部劇な作り、R.Kellyらしい手法で面白いですよね。「Snake」ではBig Tiggerがラップ参加、これもR.Kellyらしいオリエンタルなトラックながらも別に必要は無かったかなと。最後を締め括る「Who's That」もスパニッシュでスパイシーなトラックにFat Joeが援護射撃をかますアッパー曲、これも別に収録の必要はなかったかなと、B2Kに提供してもよかったトラック。しかし本作で最も重要な曲といえばやはり「Ignition」「Ignition(Remix)」、もっ厳密にえば後者のRemixが大ヒットしましたね。恋人とのSexをカードライブに見立てたR.Kelly十八番のエロ~い妄想トラックが最高に痺れる、静かに聴かせるのが前者で、軽くバウンスして茶目っ気たっぷりなのが後者、どちらも違った魅力を持っていてそれぞれが違って良いんですよ(罠)。その手法を踏襲したのが「Step In The Name Of Love(Remix) 」で僕はこのRemixが大好き、生粋のChicagoっ子であるR.Kellyが蘇らせた“Steppers”トラックが僕には物凄く心地良く、一時期はずっとこの曲を部屋で掛けていました(踏)。古き良きソウルマナーをきちんと理解しているR.Kellyだからこそ紡ぎ出せる音楽、その事にも意味があります、この曲だけを繰り返し聴いたとしても全然飽きません(溺愛)。

総合的に考えると僕が持っているR.Kelly作品(『R.Kelly』だけ未購入)では、ダントツで最も聴いているアルバムで御座います(断言)。という事で僕が最も好きなR.Kelly作品だと思います、最後辺りで続くアジアンアッパーがちょっと余計だったかなぁと(厳)。でも本当に素敵な一枚で彼女と部屋でくつろいでいる時に流してたいラヴアルバムで御座います(正真正銘)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment