RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Twista「Kamikaze」
tw-kkc.jpg


Chicagoが生んだ超高速フロウを操るTwistaの通算三作目となる『Kamikaze』を御紹介。デビュー以降は様々なアーティストの客演を数多くこなし、その存在感を発揮していたTwista。そんな彼がやっとこさ一人のアーティストとして開花してのがこの本作、実力がありながらもどこかイロモノ扱いされていた感のあるTwista、やっとこさ時代がTwistaに追いついたという感じではないでしょうか。
それではTwista渾身の内容をざっと御紹介します……本作には芸歴の長いTwistaならではの豪華ゲスト陣が参加しておりまして、そちらも合わせて楽しめる内容になております。まずは幕開け飾る「Get Me」はToxicなる人物の製作、The Three Degrees「Here I Am」を45回転早回しした最近のトレンド意識のトラックは正にオープニングに相応しい。このToxicが本作で最多の8曲を手掛けていまして、Twistaとの相性の良さを証明しております。そんなToxicの製作曲からまずは触れておきましょう、まずはLil' Jon辺りがやりそうな危険電子音炸裂の「Kill Us All」、Twistaが気持ち良さそ~うに早口Tang Twistingを打ち込みます。乾いたベース音にゆったりどろりと絡む「Pimp On」では8 BallとToo Shortというかなり濃いゲストが参加、全員が見事にキャラ立っていてカラフルで素晴らしい(三者三様)。「Still Feels So Good」ではJazze Phaがけして上手くはないけれど熱~く情感ある歌声で味付け、ここでのリラックスしたメロ~ウな感じのトラックで聴かせるTwistaのフロウも素敵。西海岸っぽいノリのトラックに乗せて女性をアルコールに喩える「Drinks」も、Danny Boyなる男性シンガーが甘く切ない歌声を添える哀愁たっぷりの「Snoopin'」も素敵。しかし最も秀逸なのはやはり「Hope」、ギター音主軸のフォーキーなトラックに乗せて“悲しい出来事ばかりだけど希望を持って生きよう”と謳うTwistaにも心打たれるし、そこにいつもの怪鳥声を抑えめにしゃがれた歌声を添えるCee-Loが素晴らしい仕事っぷり(感動)、Cee-Loの歌声も唯一無二で僕は感情揺さぶられるんで好き(独特)。これらがToxicによる製作曲、ここからは彼以外の製作曲に触れます。まずはなんといっても特大ヒット曲「Slow Jamz」ですね、製作は御存知Kanye West、Twstaと同郷のChicago出身ですもんね。Luther Vandross「House Is Not A Home」を下敷きにしたあまりにエモーショナルで流麗な美曲に心奪われた聴き手続出でした、これから先Kanye West製作曲はどんどん増えるでしょうが、それでもこの曲はKanye WestのBest Works Top 5に入るんではないでしょうか(傑作)。ここで歌声を聴かせるJamie Foxxも素晴らしい、とっても上手くて甘い声してます、でも主役は絶対的にTwsitaってのが凄い(圧倒)。そのKanye Westは続く「Overnight Celebrity」も製作、Lenny Williams「Cause I Love You」を45回転早回ししたKanye West特権の一曲で、相変わらず相性は抜群で御座います。あとKanye Westは「One Last Time」も製作提供、ここではサンプリングを一切使わずダークでシリアスなトラックを提供。ちょっぴりスクリュー気味の“どんがどん♪”フックが胃に重たい「Badunkadunk」はJazze Pha製作、これはあまり好きになれない感じかな。「So Sexy」はこれまた同郷ChicagoのR.Kellyが製作&ゲストで参加、華やかで煌びやかなメロウトラックにR.Kellyの色っぽい歌声が乗って最高に美しい、Twistaのラップもただ素早いんでなくスムーズで紳士的。Wildstyleなる人物が製作した「Higher」ではLudacrisが援護射撃、ズシンズシンと鳴り響く骨太なビートにLudacrisの地鳴りフロウとTwistaの竜巻フロウが激突する災害規模のトラック(興奮)。「Like A 24」はThe Legendary Traxsterなる人物が製作したサウスっぽいノリの一曲、ゲストにLiffy Stokesとサウスの要注目MCであるT.I.が参加。青空に陽光降り注ぐカーステレオ曲「Sunshine」はRed SpydaがBill Withers「Lovely Day」をサンプリング、爽やか過ぎるトラックだけでも心洗われるのに、そこにAnthony Hamiltonのあったかくて渋みのある歌声が重なってより気持ちよくなります(爽快)。「Art & Life(Chi-Roc)」ではなにかと繋がりのあるRoc-A-FellaよりMemphis BleekとYoung ChrisとFreewayが参加、制作はD-BoyとMr.Bという事で出来ればJust Blaze製作が良かった(我侭)。しっかしFreewayの存在感が凄まじい、Roc-A-Fella贔屓ではありますがここはTwista×Freewayで充分だったと思います。国内盤にはこれらに加えて、Timbalandっぽい趣向のジャングルトラック「Y'all Know Who」、Legit Ballazなる人物を客演に招いた妖しい「Tatoo」(両方ともToxic製作)がボーナストラックとして収録されています。

多彩なゲスト陣に全く喰われず、自身の旨味を存分に出し切ったTwistaは流石の貫禄で天晴れでした(拍手)。ただただ早口で駆け抜けるんではなく、きちんとトラックに合わせたフロウを披露していて、そこがやはり他の追随を許さない一流な証拠なのかなと痛感しました。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment