RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bobby V「Dusk Till Dawn」
Bobby-V-Dusk-Till-Dawn.jpeg

キッズグループ“Mista”の一員としてデビューした隠れベテラン、Bobby Valentino改めBobby Vの通算五作目となる『Dusk Till Dawn』を御紹介。Mistaの後は少し潜伏期間がありましたが、すぐと名コンビTim & Bobに見出され、地味ではあるけれど確実に通に『Bobby Valentino』がウケて復活を果たしました。その後はLudacris率いるDTPに所属していたのですが、途中から自身で新たなインディレーベル“Blu Kolla Dreams”を設立、自分でクリエイティブコントロールを保ちながら良作をドロップし続けていますね。本当に毎度と高クオリティなアルバムを創ってくれるので、メジャーでなくても音楽で勝負できる事を証明してくれて心強いばかり。ただメジャーから離れての作品はジャケットがちょっとダサかったのが難点でして(苦笑)、その点本作のV型の炎を燃やしたジャケットは個人的にはかなり好きです。
それではザックリ適当ではありますが感想を書かせて頂きます・・・・・・まずは盟友ともいえるTim & Bobが制作した「Are You Ready」で一気にテンションはMAX、いかにもTim & Bobなサラサラと清流の様に流れる美曲はBobby Vの切なく甘いリンゴ声にお似合い(鉄板)。ハープの様な琴の音をポロポロと細やかに爪弾くメロディはまるで、頬張るとすぐに溶けるチョコレートみたいな滑らかさ香っていてグッド。最近けっこう頻出するKevin "KE" Eronduが制作を担当した「Mirror」ではLil Wayneが客演参加、ツカツカと叩く鼓笛隊ビートにポコスカと乾いたパーカッションが被さる小気味良いメロウチューン。追いかけるような繰り返しフックも耳に残るし、Lil Wayneのヘロヘロに空気の抜けたラップもやはり面白くてナイスアクセント。Jeffrey "J Leron" Toney制作の、ギターをポロポロと繊細に爪弾き零す哀愁ミッド「Before You Break My Heart」がまた素敵。なんだか少しこもったというか、湿って曇ったエフェクトのかかったサウンドが切なさで曇ったハートに直結し、Bobby Vのきつく抱き締めるけれど逃げてゆく様な甘酸っぱい歌声が重なって、胸が詰まって思わず嗚咽が出そうになります(涙暮)。Bill Jabrが制作を担当した「Role Play」では、評価は高いがなかなかデビュー出来ずに燻るRed Cafeが援護射撃で参加。ちょっぴりThe Neptunesっぽいべったりマッドな電子鍵盤音を、じとーっと鳴らす伸びやかで粘着質シンセがこれまた中毒性の高いミッドで面白い。あのThe Platinum Brothersが制作を担当した極上ネットリスロウ「Put It In」では、これまたデビューが待ち焦がれている実力派K. Michelleが客演というナイスなコンボ。キラキラと濡れた煌めきを放つ眩いラグジュアリースロウ上を、ゆっくりじっくり焦らす様に濃密にセクシーに絡み合いとろける、Bobby VとK. Michelleのスィートなジャムみたいなデュエットがたまりません(昇天)。「Nothing On You」はPatrick "GuiterBoy" Hayesが制作を担当、どんどんと深海に潜ってゆく様なディープで澄んだ振動がハートに伝わる清涼スロウはBobby Vならではのテイスト。Brittany "ConeyGurl" Coneyが制作を担当した「Tipsey Love」は両手をハンズアップして左右に揺らしたくなる掛け声もナイスながら、人気急上昇中なFutureを客演に招き、ベコボコと凹んだ変幻自在なあのグラフィカルなラップで華を添えていてたまりません(卒倒)。「Ooh (She Got Me Like)」は再びJeffrey "J Leron" Toneyが制作、Bobby Vの“うーうーうーうー♪”フックが幾重にも織られるヒラヒラと優雅なスロウ。引き続きJeffrey "J Leron" Toney制作の「Rock Body」は冷たく尖ったベース弦メロディが、どことなくMichael Jackson「Dirty Diana」を彷彿とさせるギザギザした感触。しかしながらBobby Vの炭酸飲料がスプラッシュする様なみずみずしいファルセットが甘味を出しているし、Gucci Maneのひそひそ囁きかける様なサグなラップが重みも生んでいてグッド。まだまだJeffrey "J Leron" Toneyが制作の「She Got It All」ではまさかのCassidyが登場(興奮)、まるで真夜中の蒼い空を遊泳しているような幻想的な浮遊感がナイスですし、Cassidyの斜に構えた鋭いラップがやっぱりキレキレでカッコイイんです(惚)。「1st Class Love」は再びThe Platinum Brothersが制作を担当、とても艶やかシルキーで肌触りのいい極上スロウジャムで、Bobby Vのファルセットと一緒に天へと昇ってしまうぐらいに性感帯な一曲。最後を締め括るのは本作で最多を手掛けた事になるJeffrey "J Leron" Toneyが制作の「Save Me From Me」、これはマイナー調の少し沈んだメロディが悲しみを掻き立てる木枯らしミッドで、Bobby Vの今にも凍え死にそうな震えるヴォーカルが心に突き刺さりますね(泣)。

相変わらずのハイクオリティに舌を巻きました、いやー本当にいつも心地良くさせてくれます(安心)。いつもよりTim & Bobの関与が少ないので少し不安もあったのですが、彼ら無しでも充分に素敵なR&&を堪能させてくれました(美味)。特に本作はゲスト陣がとっても凝っていて、Bobby Vの人選の妙だなと僕は思いましたね。こういう流れならばかえってLil Wayneは邪魔だったかも、とまで思わせる粋な人選だったと僕は思います(笑)。Bobby Vを聴いていて気持ち良いのって、やっぱり自分が慣れ親しんだ90's的なR&Bをやっているからだと思います(落着)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment