RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Usher「Confessions」
ush-cfc.jpg


“Next Michael Jackson”と称されていたUsherが、Usherとしての地位を確立した通算四作目となる『Confessions』を御紹介。もう今更こうやって取り上げるのが野暮な程、あちらこちらでずっと流れ続けていた本作、その年のGrammy賞も総なめにしていました(圧巻)。僕が最初に聴いたUsherのアルバムは『8701』、これがもう最高でずっと聴き続けていました、それ以来Usherのファンになっていました(虜)。
そんなこんなの本作を御紹介しますと……もう殆どの楽曲を皆様御存知でしょうし、というより所持していらっしゃるかと思いますが(笑)。まず幕開けを飾るのは爆発的メガヒットを記録した先行シングル「Yeah!」、製作はお祭り男ことJonathan "Lil' Jon" Smithが担当。Lil' Jonの創り上げる妖しい閃光が飛び交う電子Crunkトラックに絡むUsherのあくまでクールな吼え、正に当時のAtlanta熱を吸い込み吐き出した時代を動かす一曲でした(賛辞)。そこに援護射撃を放ったLudacrisの豪力ラップも男臭くてなんとも痺れた、ここではLil' Jonが我慢してLudacrisに全てを任せたのも功を奏していましたね(褒)。続く「Throwback」は大好きなJust Blazeが製作を担当したミッドチューン、まさかJust BlazeがR&B曲を作るなんて(有りそうでなかなか無いから)驚きでした(珍)。しかし流石はJust Blazeでどこか懐かしい感じのする伸びやかなトラックは最高にカッコイイ、これからもどんどんR&B曲を提供して欲しいです(熱望)。Usher Raymond自身が製作した「Confessions」から流れ込む「Confessions Part II」はJermaine Dupri製作(Co製作をBryan-Michael Coxが担当)のシンプルにビートをループさせた曲、ここではUsher Raymond自身がソングライティングしていてその内容がかなり濃い告白(懺悔)曲。続いてもJermaine Dupri製作(Bryan-Michael CoxがCo製作)でこれまた大ヒットを記録したバラード「Burn」、これ以上ないって程に美しくて繊細なメロディはどこまでも切なくて、胸を打たれて涙が出そうになります(感動)。ここでもUsher Raymondがソングライティングに参加、燃えるように熱い想いを伝える詞も情熱的でそのまま「Burn」ってタイトルもすんあり胸に焼きつく最高のバラード。ダンスチューンに乗っかるUsherも素敵ですが、やはりUsherの真骨頂はスローバラードにあると思います(断言)。と思った矢先にアッパーなトラックにやられる疾走曲「Caught Up」はAndre HarrisとVidal Davisの製作、急かされる様に追い詰められる生音っぽいトラックは流石の仕上がり。そのAndre HarrisとVidal Davisが製作した「Superstar」はUsherの事を謳っているのではなく、愛する彼女に“君は僕のスーパースターさ、僕が君の一番のファン”と愛を捧げるバラードなのがまたグッド。Willie Hutch「Mack's Stroll/The Getaway(Chase Scene)」をサンプリングした懐古的なトラックも雰囲気抜群で素敵だし、フックでのUsherのファルセット駆使したハーモニーが極上でとろけます(気絶)。「Truth Hurts」はJimmy JamとTerry Lewisの黄金タッグが製作を担当、完全なるスローではなくやんわりとグルーヴを残したトラックがスムージー。Jimmy JamとTerry Lewisは続けてあと3曲製作していて、“ほんの些細な事が一番大切なんだ”と謳う爽やかな「Simple Things」、端々で飛び出すファルセットが色っぽい危険な香りたっぷりのエレキギターエッセンスの効いた「Bad Girl」、成り行き任せの情事に落ちてゆく内容を謳った「That's What It's Made For」を提供しています。「Can U Handle It?」はRobin ThickeとPro Jが製作を担当した静寂スロー、柔肌を優しく撫でるような悩ましい濃厚で女性は昇天する事間違い無し(絶頂)。どこか可愛らしく跳ねた音で、フックも弾んで可愛い「Do It To Me」はJermaine Dupri製作(Co製作はBryan-Michael Cox)。「Take Your Hand」は生バンドっぽい音ネタ使いが上手いRich Harrisonが製作、ここではHarold Melvin & The Blue Notes「Is There A Place For Me?」を使ったソウルフルなトラックでやはり醸し出す雰囲気が違います。最後を飾る「Follow Me」はAndre HarrisとVidal Davisによる製作、どこか御伽噺っぽいメロウでポップなトラックにUsherの早口フックが心地良いミッドナンバー。

流石の出来栄えなのはUsherなんだから当然ですが、本作はやはりシングル「Yeah!」「Burn」の破壊力(魅力)が凄まじかったですねぇ(圧巻)。Usher自身もTLCのChiliとの別れなんかを経験いて、詞の内容もいっそうパーソナルなものになり、その点もまた高評価の一因だったようですね。僕個人としてはやはり『8701』の方が思い入れ強いし、好きかもしれませんが、世間一般ではきっとこの『Confessions』がUsherの最高傑作と称されるでしょう。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment