RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nelly「Nellyville」
nl-nvc.jpg


Hip Hop不毛の地と思われていたSt.Louisが生んだニュースターNellyの通算二作目となる『Nellyville』を御紹介。Nellyの登場は当時のHip Hopシーンを震撼させましたよねぇ、あの訛りは(僕らには分かりませんが)かなり独特で癖があるらしいです。そんなNellyが勢いそのままにドロップしたのが本作、勿論皆様もうお持ちだとは思いますが。
請謁ながらちょぴり御紹介をしたいなと……まず最初に触れるべきはNelly専属といってもけして過言ではないProducer、Jason "Jay E" Eppersonが最多の12曲を手掛けているという点(当然)。まずはそんなJason "Jay E" Eppersonが手掛けた楽曲から御紹介しましょうね、口火を切るのは「Dem Boyz」でゆったりなビートに呪文のような掛け声がNellyのユル~く歌うフロウに嵌る一曲。跳ねたビートに起用に飛び回って乗っかる「Oh Nelly」はNellyでしか出せない味わい、完全にメロディラインの付いたフロウで疾走する様は圧巻。Staple Singers「Tellin' Lies」をサンプリングした影のあるトラックに、Nellyの絞り出す様な歌声が魅力のカントリー臭い「Pimp Juice」はもう完全に歌モノと捉えていいでしょう。King Jacobと共に突き進むハンドクラップ鳴り響く「On The Grind」もカッコイイ、後ろで浮き沈みする細かい電子音も鋭くてクールにキマッています。ホーンの鳴りで始まる「Splurge」もゆらゆらリラックスしたトラックながらも、Nellyの甲高い歌声フロウがメリハリを効かせていてグッド。そして本作の最重要曲が「Work It」、あのJustin Timberlakeがゲスト参加した強力ダンスチューン。Jason "Jay E" Epperson手製のうねりながら高揚する電子トラックに絡まるNellyの高音フロウとJutin Timberlakeのファルセット、もうこの組み合わせが最強の相性で聴く者を一気に惹き込みます(失神)。Justin Timberlakeのクールでファンキーな歌声がとにかく絶品な隠し味(隠れてないけれど)、これぞハイセンスな進化曲(絶賛)。南国を感じさせるような熱いトラック「CG 2」は、Nellyの良い意味で軽~いフロウが心地良く絡まる常夏曲。過酷なストリートから離別を歌った「Say Now」は、ドラマチックなピアノ旋律を主軸にNellyも哀愁漂うフロウを披露。とここまでがJason "Jay E" Eppersonによる製作曲、僕はNellyも勿論好きですが、彼のトラックを手掛けるこのJason "Jay E" Eppersonが実はかなりのお気に入り。もう少し外部仕事があっても良さそうなんですが、Nelly周辺でしか見かけない、もっと彼のトラックを聴きたいと思うのは僕だけでしょうか(疑問)。あとはそれ以外のProducer作品で、本作の幕開けを飾る「Nellyville」はWaiel "Wally" Yaghnamが製作。Waiel "Wally" Yaghnamは他にも哀愁ロックな「The Gank」、“俺はナンバーワン♪”と自信満々にキメる余裕たっぷりな「#1」も製作。あとはThe Trackboyzが製作を担当したメタリックな宇宙船曲「Air Force Ones」もクールでイカシてる、NIKEの定番スニーカーを題材にした詞も面白くて人気の高い一曲。あとはJust Blazeが製作を担当し、Roc-A-FellaよりBeanie SigelとFreewayを迎えた「Roc The Mic(Remix)」が秀逸、てかこの曲は逆にNellyとMurphy Leeが招かれて作られたRemixか。Just Blaze十八番の電子音暴れるバンギンチューンで暴れまわる四人は滅茶苦茶カッコイイ、僕はFreeway好きですし、Murphy Leeのユルさ加減も好き。しかしこの曲のトピックはやはりNellyのKRS-Oneへのディスソングだという点、ここでのNellyの反撃がとても巧くてナイス。残すは爆発的メガヒットとなったシングル曲2曲を残すのみ、そのうち1曲は皆様もう御存知の「Hot In Herre」。ピコピコタッグのThe Neptunes製作のクールなのに熱い彼ららしい細かい電子ビート構築の一曲(鉄板)、跳ねるリズム感が抜群のNellyの手にかかればこんな奇天烈ビートもここまで昇華されるんですね。Nellyの代表曲でもあるし、The Neptunesの代表曲の一つに数えても差し支えないでしょう(最高)。そして残すもう1曲は激メロウ曲「Dilemma」、デュエットの御相手はDestiny's ChildよりKelly Rowlandが登場。Bam & Ryan Bowserによるあまりにスウィート過ぎるロマンチックなメロディはもはや反則技な美しさ(鳥肌)。彼も息子も居る彼女に惹かれる男の女の駆け引きを謳った詞も切なさ込み上げますね、半分歌うようなフロウが武器のNellyには正にもってこいな甘美トラックだし、ここでのKelly Rowlandの美しい歌声にはウットリ(惚)。Kelly Rowlandだってこんなにも歌えるんです、敢えてKelly Rowlandを抜擢したところが憎い、これで大正解です(英断)。

KRS-Oneと往年のHip HopファンがどれだけNellyは軟弱だと揶揄しても、僕はNellyの器用に流すライトなメロディアスフロウが大好きです(宣言)。兎にも角にも「Hot In Herre」「Dilemma」「Work It」の3曲の為だけに購入しても絶対に損はしませんから(断言)、R&B好きにも大ウケなのは確実ですね。というよりもう皆が確実に持っているか(笑)、まだ所持していない方は大急ぎで購入して下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment