RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Heather Headley「Only One In The World」
8390011767_1000.jpg

Grammy賞もTony賞も受賞している実力派シンガーであり女優、Heather Headleyの通算四作目となる『Only One In The World』を御紹介。Heather Headleyは今年、ロンドンにてミュージカル舞台『ボディーガード』を演じる事が決定しているそうで、その勇姿をここ日本ではなかなか拝めないのが残念な限り。前作はゴスペルアルバムだった為に(これも勿論良かったですが)、次はスタンダードなR&B盤を用意してくれたら良いなーと願っていたんですが、どうか。ちなみにこのスッキリ洗練されたジャケットが爽やかクールで素敵ですよねー、Heather Headleyってやっぱりモデル風ですよね。
じゃあどんな楽曲が並んでいるのかなー・・・・・・本作ではPaul MillsとKeith Thomasの二人が分かれて全編の制作を担当、これだけで抜群の安定感を望めますね(安心)。まず本作ではカバー曲が数曲収録されていて、そちらからザックリ触れておきます。まずは舞台繋がりでか映画『ボディーガード』挿入歌で、Whitney Houstonのカバーである「Run To You」、制作はKeith Thomasが担当。ピアノ鍵盤のしとやかでスベスベした気品溢れる旋律が美しく優雅に広がり、そこにHeather Headleyの全てを飲み込み包む女神みたいに神々しいヴォーカルが光り輝きます。Paul Mills制作でIke & Tina Turnerの同名曲をカバーしたスウィンギンなダンスナンバー「River Deep Mountain High」、アグレッシヴで軽快な中にもHeather Headleyの滑らかなヴォーカルが走る事で瑞々しさが活きていますね。Paul Mills制作でKaryn Whiteの偉大なる名曲を絶品カバーした「Superwoman」は思わず溜息が漏れるほどに美しいバラード、いかにもBabyfaceらしい純粋で無垢な旋律に乗せて、淀みなく透き通った清流のせせらぎみたいなHeather Headleyの歌声で、枯渇してボロボロになったハートが潤い蘇ってゆくのを感じますね(治癒)。あとは映画『ウィズ』でDiana Rossが歌った曲のカバー「Home」はPaul Mitts制作、ふわふわとちぎれ雲のような柔らかなHeather Headleyの語りかけるような歌声にただただホッと安堵、こういう表現力が舞台できっと輝くのでしょうね(胸躍)。あとは意表を突くカバーとなったのが、あのHoobastankの同名ヒット曲をHeather Headley風に仕上げた「The Reason」、制作はKeith Thomasが担当。原曲通りに今にも壊れそうなぐらい繊細で儚いピアノ旋律が、綿雪みたいにヒラヒラと天から舞い降りるドラマチックで胸締めつける珠玉バラード。原曲も勿論素晴らしかったですが、Heather Headleyが歌うとまた清廉さとか切なさが倍増していて、誰も踏んでいない汚れなき雪原を思わせる透明感があって素敵です(涙)。そんな名立たるカバー曲の中でも僕が一番喜んだのは、やっぱり我らがBrian McKnightの同名曲カバー「One Last Cry」ですねー(頷)。ストリングスとピアノ鍵盤をとっても丹念に束ねて編んだ究極のBM節バラードは、僕のハートに痛いぐらいに刺さって離れません(踞)。それをゆっくりと情感たっぷりに、すべてを薙ぎ払う光となって駆け抜けるHeather Headleyのヴォーカルが、希望と温かさに満ちていて浄化されてしまいます(完治)。とここまでがカバー曲群で、オリジナル曲も数曲収録されておりますのでご安心を。表題曲となる「Only One In The World」はKeith Thomasが制作を担当、これは今にも凍えそうなぐらい、氷の結晶に似たピアノ鍵盤音が突き刺すように吹き荒ぶ劇的なミッド。ひっそりと静かな教会の中で聴いている様な壮麗さがエレガントな純白スロウ「Because You Need Me」はKeith Thomas制作、ここでは人気オーディション番組“The Voice”でも活躍したChris Mann(元Warblers)と美しく清らかなデュエットを展開していてグッド。Keith Thomas制作のゴスペルカントリー調の「Bring Him Back」、Heather Headleyの堂々と力強い歌声にバシバシ響きますね。またまたKeith Thomas制作の冬に聴きたい純朴なピアノ弾き語りバラード「Little While」ももーう素敵、深々と降ってやがて溶けゆく粉雪みたいに儚く優しいバラードで胸に沁みますね(感動)。どこかで聴いた事のあるような(Anthony Hamiltonが歌っていたような)気がする「Hey Mama」はIric Headleyが制作を担当、こういうヴィンテージ感たっぷりなロウなブルージー曲では、渋くて斜に構えたファンキーな歌声で艶っぽく仕上げてしまうんだからHeather Headleyはやはり才女。

やっぱりカバーが多いというのは難点なんですが、それでもやっぱりHeather Headleyの歌声にじんわりと浸れるのはとっても嬉しい(素直)。今年もだいぶ肌寒くなってきて、余計にこのアルバムを聴く回数が僕は増えている次第です(暖房並み)。しかしこれだけカバーを収録するならば、いっそのことコンセプトを持ったカバーアルバムにしてしまった方が、聴くこちらとしてももっとスッキリ納得して楽しめた気も(苦言)。感想に何度も出てしまいましたが、本作で連想したのが“雪”、冬になったらまたじっくり聴きたい一枚だなー。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment