RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Faith Evans「R&B Divas」
faith-evans-rnb-divas-2.jpeg

The NotoriousのB.I.G.の妻であり、裏方として多くのソングライトにも携わったBad Boyのファーストレディ、Faith Evansの通算六作目となる『R&B Divas』を御紹介。離婚だとか薬物で逮捕だとか税金滞納だとか飲酒運転だとか、なかなかプライベートが上手くいかないFaith Evans。そんな彼女の現在を助けているのが、TV Oneで放映されているリアリティショー番組“R&B Divas”。なかなか好評を博しているらしいこの番組、なんといってもFaith Evansをはじめ、豪華なベテランR&Bの歌姫が勢揃いしているらしいです(伝聞)。本作はそんな面々をFaith Evansが引き連れてのアルバムらしく、タイトルもそのまま、だけど一応はFaith Evans名義らしいです(不可解)。
それではちょこっと聴いた感想を書かせてくださいね・・・・・・まずはFaith EvansにNicci Gilbert、Monifah、Syleena Johnson、Keke Wyattの番組出演者が勢揃いして送る「Lovin' Me (Theme From R&B Divas)」で幕開け。Gharah "PK" DegeddungsezeとNicole "Nicci" Gilbert-Danielsが共同制作したこの曲、ベテラン熟女達の美しく華麗な咆哮が混ざり合うファンキーで華やかな一曲。Chuck Harmony制作(Co制作をClaud Kelly)の「Tears Of Joy」はFaith Evansのソロ曲、緩やかにポロポロと零れる繊細でノスタルジックなピアノ鍵盤音が優しくて、Faith Evansの温もりと壮大さが滲むヴォーカルが全てを包み込む素晴らしいスロウ。Rykeyzが制作を担当した「Mr. Supafly」はKeke Wyattのソロ曲、小気味良く叩く手拍子と“うーうーうーうーう♪”のハミングが心地良く旋律上を転がり跳ねる一曲で、秋の枯れ葉舞う通りをコレ聴きながら風と共にスッキリ散歩したいな。Faith Evansの再びソロ曲である「Too High For Love」はJames "Big Jim" Wrightが制作(Co制作にはFaith Evans自身)、これもキラキラひらひらと艶やかで滑らかなピアノ鍵盤音が舞い落ちるフローラルソウルチューンで、レトロで懐かしい香りが鼻先をくすぐる素敵過ぎる一曲。Faith Evans、Nicci Gilbert、Monifah、Syleena Johnson、Keke Wyattが再び集結した「Sisterfriend」は、大御所Shep Crawfordが制作を担当。いかにもShep Crawfordらしい純粋で真っ直ぐ無垢な王道バラードで、一人一人の歌チカラが爆発し煌々と輝きを放つ壮大なスケールの一曲に感動(涙)。またまたFaith Evansのソロ曲となる「Dumb」は1500 or Nothin'が制作を担当、Dyke & The Blazers「Broadway Combination」をサンプリングした電子鍵盤のキュービックな音色と、ブンガチャカと陽気軽快に跳ね回る殴打ビートが痛快な一曲でかなりグッドです(興奮)。Nicci GilbertとHelen "Mama" Gilbertが共演した「Sometimes」はシカゴの重鎮Mike Cityが制作を担当、これもMike Cityらしい夜風にも似たヒンヤリした感触と滑らかスマートなメロディがシームレスに広がる夜景曲で、Gilbert母娘の濃厚ながらもスッキリと爽やかに抜けてゆくヴォーカルがカッコイイですね。再びShep CrawfordとKelly Priceが共同制作した「True Colors」は、Faith EvansとKelly PriceとFantasiaという卑怯過ぎるトリオが結成されております(震)。アコースティックギターがほろほろと欠けて落ちる切なく淡いメロディ、そこに三人の歌声が一枚の花弁となって大きくて可憐な華を咲かせ綻ぶ極上のスロウバラード(感涙)。Toxicが制作した「Stone Wall」はSyleena Johnsonのソロ曲、氷霜を思わせる透き通った電子音のメロディにSyleena Johnsonの圧倒的な歌声が響き渡りすべてを砕く感覚がたまらない。Anthony Gilesが制作の「She's Me」はMonifahのソロ曲、大空を悠々と羽ばたく鳥のように自由で奔放なメロディに乗せて、Monifahのクリアで淀みのない歌声が堂々と駆け抜けます。「Soon As I Get Home (Live In LA)」はライヴ音源としながらも、結構聴き易いように綺麗に録音されていて嬉しい。最後を締め括るのはKelly Priceの神懸かりなソロ曲「Jesus Loves」、Shep Crawford得意の煌びやかでスムースなメロディ運びは絹のような肌触り、しかもKelly Priceのふっくらと豊満なヴォーカルがすべてを圧倒する見事なゴスペル風の一曲に(溺愛)。

勿論、これだけの面子が揃って駄作になるはずはありません(当然)。本当に皆が全員、歌が上手い(笑)。これだけの共演が聴けるだけで買う価値はありますね、しっかしこの“R&B Divas”なる番組は日本でも放映されないかなー(夢想)。ただ、苦言を呈すならば、これはFaith Evansの作品ではありませんよね(苦笑)。それならよっぽど番組企画盤を銘打ってくれた方が、素直にすんなり聴けたのにな。変にFaith Evansのキャリアに組み込むのはヘンテコな一枚、いやクオリティは凄まじく高いですけどね、敢えて言うならの話ですよ(余談)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment