RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Christina Aguilera「Stripped」
ca-stc.jpg


脱“女の子アイドル”を図り見事に大成功を収めたChristina Aguileraの通算二作目『Stripped』を御紹介。Britney SpearsやJustin Timberlakeなども所属したMickey Mouse Clubのステージに立っていた彼女、という訳で彼女も例に漏れず清純アイドルだったんですが、そんなイメージを払拭する本作は賛否両論で御座いました。
それで内容はと言いますと……これがChristina Aguileraのパワフルで破壊的な歌声を存分に活かした、かなりの力作に仕上がっていて特大ヒットとなりました。まず本作を語る上で欠かせないのが、Hip Hop/R&B作品には欠かせない売れっ子ProducerのScott Storchが最多の8曲を手掛けているという点。まずはそのScott Storch製作曲から御紹介しますと、まずは幕開けを飾る「Can't Hold Us Down」。完全なるギラギラしたHip Hopサウンドに、男達を黙らせる力強すぎるメッセージ、そしてそこに援護射撃をかますのが“Queen Of Bitch”ことLil' Kimなんだから史上最強の組み合わせ(恐)。この曲はもう文句無しでカッコイイ、二人の相性の良さは御存知「Lady Marmalade」で証明済み、双方共に迫力あります。悲劇的なイントロから一変してロキッシュに叩きつけるトラックになる「Fighter」、力強く強靭なChristina Aguileraの歌声が鼓膜とボディにビシバシ打ち付けられて、快感さえ感じます。奏でるギターにChristina Aguileraの歌声が華麗に舞う「Infatuation」、ラテンのエッセンスたっぷりで艶やかで華やか。「Loving Me 4 Me」ではDrumsにAhmir "?uestlove" Thompson、StringsにLarry Goldが参加(豪華)。Scott Storchが時折魅せる静寂メロウトラックで、ここでの囁き撫でる様なChristina Aguileraの歌声が本当に美しくて、彼女の実力をしかと証明していますよねぇ(感動)。最後を飾る「Keep On Singin' My Song 」もゴスペルライクなトラック&歌詞が輝いていて素敵、希望の光が一筋差し込む一曲。次に多くの曲を手掛けているのはLinda Perry、彼女もPop畑では御馴染みのProducerで御座います。彼女が手掛けているのは、叩き続けるドラムスにカルメン節とロックの融合が冴える「Make Over」、新たな出発を謳った爽やかな流麗美曲「Cruz」、ギターを爪弾き歌うフォーキーな「I'm Ok」とどれも素晴らしい仕上がり。でも中でも素晴らしかったのはやはり「Beautiful」、ピアノ鍵盤とオーケストラのようなトラックも息を呑む美しさだし、Christina Aguileraの凛として響く真っ直ぐな歌声もスーッと心に染み入ります(涙)。そんな「Beautiful」に負けず劣らず美しいのが、Glen Ballard製作の「The Voice Within」ですねぇ(溜息)。単にChristina Aguileraの歌唱力が高いというのではなく、彼女の持つすべてを包み込む力強さが滲んでいて、素敵なんです。あとは意外だったのがあのAlicia Keysが製作&ピアノで参加した「Impossible」(GuiterにはDwayne Wigginsが参加)、しかしこれも完全なるAlicia Keys節ながらきちんとChristina Aguileraが自身の物にしていて聴いていてしっくり来ます。しかし、なんだかんだで本作の最重要曲はやっぱりコレ、あのRockwilderが製作を担当した「Dirrty」でしょう(断言)。鋭くエッヂの効いた鋼鉄トラックもさることながら、ここでのChristina Aguileraの暴れっぷり(エロ過激っぷり)は凄まじかったですから(鳥肌)。これぞChristina Aguileraの貫禄で聴き手を薙ぎ倒す、彼女の歌声でなければここまでの破壊力は生まれなかった筈。そして一緒になって暴れるのがRedmanってのもナイス、男臭いながらもどこかふざけているRedmanのラップで尚一層この曲は魅力的になっています。

Christina Aguilera恐るべし、彼女の全てを飲み込む強靭な歌声もまた唯一無二ですねぇ。Black Music好きも、Rock好きも、はたまたPop好きも楽しめる万能アルバムではないでしょうか。ちなみに予断ですがこのアルバム、僕が聞いていたら僕の母親が気に入り、今もChristina Aguileraは母親のお気に入りの女性シンガーの一人となっています。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment