RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelis「Kaleidoscope」
kelis-ksc.jpg


Thunder BitchことKelisの記念すべき衝撃のデビューアルバム『Kaleidoscope』を御紹介。このボディペインティング満載のジャケットからしてKelisの(いい意味で)ぶっ飛んでいるキャラが覗えるデビューアルバムがコレ、皆様御存知この頃のKelisといえば、あのThe Neptunesの秘蔵っ子としてStar Trakからのデビューだった訳で。今はThe Neptunesと袂を分かった訳ですから、そういう意味でも無性に聴きたくなる一枚ですよ。
そんなこんなの本作……当然The Neptunesが全曲の製作を担当、しかもそのどれもがThe Neptunesらしさが詰まった面白い楽曲の目白押しで御座います(全盛)。まずはダークで派手じゃないのがKelisにも幕開けにもピッタリな「Good Stuff」の登場、もう初っ端からThe Neptunes印のトラックで有り難い。ここではTerrorなる男性……いや、女性かな、MCを起用しています、最初はClipseかなと思ったんですが。続いてはThe Neptunes十八番のピュンピュンと電子音が迸る宇宙空間に迷い込む「Caught Out There」、Kelisの叫ぶフックがぶっ飛んでて素敵です(笑)。The Neptunesのメロウサイドが飛び出すもスネア(?)がバツッと鳴り響くのが良い味付けな「Get Along With You」も秀逸、こういうトラックやらせたらThe Neptunes以外は無いって感じです。どことなくアジアンな香りの電子トラックにMarkitaなる女性MCのラップがなかなか決まっている「Mafia」、こういうトラックはよくあるけれど(Scott StorchとかR.Kellyとか)The Neptunesがやっているのは珍しい気も。音数少なくポップに仕上げた「Game Show」はキュートの一言、またKelisの一癖ある低めの歌声がイカシてますな。美しい旋律でゆったりと幻想世界に僕を引き込む「Suspended」はKelisの魅力たっぷり、とろんとした時間が流れます。宇宙大好きなThe Neptunesの趣味が垣間見れる「Mars」は始終ポコポコティロティロって感じで浮遊感でふわふわ、しかしフックではKelisが浮き上がった僕をバチンと叩き落します(厳)。「Ghetto Children」でやっとPharrellが参加、とは言ってもPharrell WilliamsとChad HugoとShayで構成されているN.E.R.D.でですけどね。しかもここで特筆すべきはそのN.E.R.D.ではなくMare Dorseyなる男性シンガー、かなり歌が上手くて声も素敵、The Neptunesがこんなシンガーをまだ抱えているなら早くお披露目して欲しい。完全な弾けた電子音で僕を跳ねさせてくれる「No Turning Back」も良いですね、ちょっぴり後ろでPharrellの声のしていますし。これまた柔らかな音質で僕を和ませる「In The Morning」がたまらない、ピコピコ奇天烈なThe Neptunesも勿論好きですが、こういうライトでメロウなNepトラックが僕は大好物です(断言)。最後の「Wouldn't You Agree」はThe Neptunes風味が良い意味で薄まった直球バラード、ここでもまたJustin Vinceなる素晴らしい男性シンガーが参加しています。このJustin Vinceがこれまたい~い歌声しとるんですわぁ~(惚)、完全なるKelisとのデュエットなんですがもっと聴きたいと思いました、Justin Vince、早速ググらなくては~(決意)。

やっぱりKelisって良いですね、このアルバムを今改めて聴き返してそう実感しました(納得)。最近はThe Neptunes製作曲無しでいろんな製作陣に曲提供してもらって、どれも良い化学反応を起こしてて素晴らしいんです、でもやっぱりThe Neptunesトラックに乗っかるKelisも聴きたくなりますよねぇ(性)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment