RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

N*E*R*D「In Search Of」
nerd-isocovs.jpg


N*E*R*DはThe Neptunes(Pharrell WilliamsとChad Hugo)が友人のShaeを招いて結成したロックバンド、いつものHip Hopサウンドはかなり薄まっていまして。それでも何故かPharrellのそう上手くないケドも味のある歌声に惹かれてしまう僕、本当に時たまだけど聴きたくなるのがこのN*E*R*Dなんですよねぇ(不思議)。
そんな訳で本作の内容なんですが……完全なるRockサウンドでHip Hopファンにはつまらないのかもしれません(それでも完全なThe Neptunesサウンドなんですがね)。まず本作について触れておかなければならないのが、『In Search Of』には二通りが存在するという事。一つは彼ら得意の打ち込みを主体とした物(先発)と、残る一つはSpymobが楽器を演奏した物(後発)。僕が持っているのは……多分後者だろうと思います(曖昧)。まぁ兎に角、内容に触れてゆきましょうかね。「Lapdance」はなんだかんだ言いながらHip Hop色の強いジワジワと焼け付くようなビートがたまらない一曲、Lee HarveyとVitaなる人物がゲスト参加しています。軽快なドラムとPharrellのリラックスした歌フックで爽快に駆け抜ける清涼な「Things Are Getting Better」は最高、Pharrellのああいう裏声が本当に面白くて好きです。これまた本当にThe Neptunes臭がプンプンな「Brain」も流石の出来、一筋縄ではいかないのが彼ららしさです、RockとHip Hopの間を彷徨ってます。そのブルージーさに哀愁を感じる「Provider」ではPharrellが本気で歌ってます、途中で少しずつ明るく変調するトラックもいいスパイスになってます。「Truth Or Dare」では御仲間であるKelisとClipseのPusha Tがガッツリ参加、これはもうこの二人に完全に助けられている感じがします。これぞThe Neptunesって感じの電子音が可愛く鳴り響く「Tape You」、こういう常夏な青空トラックにJay-Zのラップが乗っかったら……といつもThe Neptunesのトラックを聴くと思ってしまうのがJay-Z愛好家の性で御座います。「Run To The Sun」もこれまたThe Neptunesのライトで芸術的な雰囲気を醸し出したトラック、こういうトラックでのPharrellの途切れそうに細い歌声は美味過ぎますなぁ(溜息)。ドラムスとエレキギターが効いた懐かし系の「Baby Doll」も、The Neptunesなりの完全Rock味を満喫できる(Pharrellのボーカルもかなりブチ切れで光ってます)シングル「Rock Star」もかなりイケテまっせ。あとは僕が個人的に気に入っているのが「Bobby James」、独特の凛とした静寂のトラックの中でPharrellが夢見心地に歌い上げる感じがお気に入りなんです。

いや~良いですね~、普通のThe Neptunesとはちょっと違う新しい感触なんですが、それでもこれぞThe Neptunesって感じで納得がいくんです(一流)。Rock好きでも満足出来ると思いますし、勿論Hip Hop好きでも(Pharrell好きなら)充分に楽しめる一枚に仕上がっています。Pharrellのボーカルが好きでたまらない僕には結構な御馳走でしたよ、彼らThe Neptunesの引き出しの多さを物語っている一枚です。余談ですが、以前にJustin Timberlakeも何かのインタヴューでこの『In Search Of』をお気に入りだと語ってました。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment