RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robin Thicke「The Evolution Of Robin Thicke」
robinthicke-eorcovs.jpg


青い眼のソウルシンガー兼ソングライターRobin Thickeの通算二作目となる『The Evolution Of Robin Thicke』を御紹介。皆様はこのRobin Thickeなる二枚目を御存知ですか、知っている方はかなりの通なんでしょうね、Robin Thickeのこの『The Evolution Of Robin Thicke』はつい最近Platinum(100万枚)アルバムに認定されたみたいです。いやいや、そんなに売れていただなんて(驚笑)。僕がこのアルバムを知ったのは、タワレコの一角で“Justin好き(勿論Justin Timberlakeの事)にはオススメ”って書いてあるのを見て“ふ~ん”って思ったぐらい、その車での帰りがけになんかRobin Thickeって聞いたことある名前だなぁと思って記憶の糸を必死に手繰ってゆくと……そうだ、Lil' Wayneの「Shooter」に客演していた名前だと思い出しまして。まさか白人だったとは思いもしなかったので、かなり驚きました。それで次に行った時になぜか気になりすぐに購入、それからずっと聴いてはいたんですが……そんなに売れていたとは。俳優Alan Thickeを父を持つRobin Thicke、以前はBabyfaceが立ち上げたレーベルNu Americaからの第一弾アーティストとしてデビューしていたそう。しかしセールスは芳しくなく、その後は裏方仕事などを手伝っていたんだとか(Usher「Can U Handle It?」やMya「Can't Believe」等々)。そんな中、The NeptunesのPharrellがInterscopeの社長のJimmy Iovineに“あのRobin Thickeはどうしてるんだい?”と尋ね、Robin ThickeとPharrellは音作り、そうしてこの『The Evolution Of Robin Thicke』はThe Neptunes率いるStar Trakからリリースされたんです。
それではようやく気になる内容にちょこっと触れます……もう一言で言えば、心地良いグッドミュージックの詰まった才能溢れる一枚って感じです(最高)。最初に書いておきますがほぼ全曲をRobin Thicke本人がソングライティング&製作(あとPro J)が担当しています、当然ですが。まずはFaith Evansをゲストに迎えたデュエット「Got 2 Be Down」の登場、もうこのFaith Evans登場だけでも僕は興奮しました。Marvin Gayeの様なトラックとRobin Thickeのファルセット駆使の歌唱もゆったり心地良いです。ピアノ伴奏と共に静かに歌声を昇華させる「Complicated」の儚さといったらない(笑)、この透き通った裏声は一体なんなんだ。続いてはギターの音色と共に結構地声も織り交ぜて(地声もファルセットも確かにJustin Timberlakeに似ている)歌い上げる「Would That Make U Love Me」、小気味良くて少し踊りたくなるThe Neptunes風味のするナンバー。「Lost Without U」は同じギター使いでも全く違ったアプローチ、本作からの2ndシングルで御座います。これはもうRobin Thickeの本領発揮って感じでしょうね(圧勝)、丁度良い脱力感(あとハイな感じ)と途中で鳴る“チン♪”って音からThe Neptunes製作だろうと思っていたんですが、違っていましたね。あ、ちなみにRobin Thickeが全ての曲を書いています、楽器もちょこちょこ演ってます(凄)。「Ask Myself」は完全なアッパーチューン、しかもかなりセンスの光るエッジの効いたRobin Thickeのファルセットで僕らを舞い上がらせる一曲。多重に重ねられたRobin Thicke歌声のフックがたまらなく高揚させる「All Night Long」、ゲストに実力派のLil' Wayneが参加しています(最高)。パーカッシヴなトラックにLil' Wayneの浮遊感のある高音ラップが良い感じに絡んでてグッド。これまたスペーシーなトラックだったからThe Neptunes製作かなと思ったら、これまた違ってました。しかしRobin ThickeとLil' Wayneの繋がりってなんだ、The Neptunesからの流れなのかな(でもThe NeptunesがLil' Wayneに曲提供した事は無い様な)。Christina Aguileraが『Back To Basics』で試みたアプローチを彷彿とさせる、完全に世界(時代)が違う「Everything I Can't Have」もRobin Thickeの幅の広さを実感できる面白い一曲。「Teach U A Lesson」は再びギター主導のブルージーな一曲、モノにしています。あまりに美し過ぎる歌声とトラックが僕の胸を綺麗に撃ち抜いた「I Need Love」、この曲を聴いているとなぜだか僕はSadeを思い出します。「Wanna Love U Girl」で満を持してのThe Neptunesの登場(待侘)、結局The Neptunesが関わったのは全16曲中でこの一曲のみ(驚)。ここでもPharrellが当然参加しているのですが、Pharrell得意の裏声(通称ファレルセット)ではなくラップのみ、やはりRobin Thickeの華麗なる裏声には負けるからかな(笑)。Robin Thicke自身のピアノ弾き語りの「Can U Believe」も最高の仕上がり、Robin Thickeの柔らかな歌声に癒され捲くり、ちょっとした切り傷ならきっと治癒できるハズ(断言)。「Shooter」は僕が始めてRobin Thickeに触れた記念すべき曲、Lil' Wayne『Tha Carter Ⅱ』にも収録されています。この気だるい歌い方に注意は惹かれましたが、後にこれほどRobin Thickeに嵌る自分がいるとは(予想外)。少し曇った跳ね音がたまらなくカッコイイ「Cocaine」、その名の通りかなり中毒性が高いですよ。「2 The Sky」はまたまたRobin Thickeによるピアノ弾き語り、この曲も範疇がどこだかは分からないが完全に他とは違う、Robin Thickeのジャンルを問わない感じが天才っぽい(惚)。歌い出し方からJustin Timberlakeかなと勘違いしそうな「Lonely World」は完璧な美メロ、もう文句無しの出来栄えでとにかく聞き入ってしまう、心に染み入る、切なさが込み上げる一曲。最後を飾る光降り注ぐ「Angels」は……素敵としか言えない、優しく美しいメロディとRobin Thickeの包むような歌声で完全に涙ポロポロ、本ッ……当にRobin Thickeって歌が上手いわぁ(惚)。

僕はこのアルバムかなり好きです、お薦めです、Robin Thickeは本当に才能のあるシンガーだと僕は思います。けして黒くはないかと思いますが、白い魂(ソウル)はかなりのもの、Justin Timberlakeに負けず劣らずの格好良さです。しかもこれだけ二枚目なんだから激しいですよね、これからもBlack Musicに良い感じで絡んで頂きたいです。次回作はもう少しThe Neptunes製作曲が聴きたいなぁ(願望)、それと古巣よりBabyfaceに一曲頼んで頂きたい(我侭)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment