RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chingy「Hate It Or Love It」
chingfy-hlcovs.jpg


Chingyの通算四作目となる『Hate It Or Love It』を御紹介。鮮烈なデビューを飾ったChingyももう四作目のリリースという事で、貫禄も増しましたねぇ。そのChingyが再びLudacris率いるDisturbing Tha Peace Records(通称DTP)と手をガッチリ組み、老舗のDef Jamから新作を発売しました。これはもう期待せずにはいられないですよねぇ、僕個人的には前作『Hood Star』も好きで、たまに聴いてますもんね。
そんな本作をまたまた僕の拙い文章で……まずはアルバムタイトルでもある「Hate It Or Love It」でChingyの登場、The Co-Stars製作のズシンと重量級の野太いビートでChingyのラップスタイルも前作よりも数段男らしくなっている気がします。そのシリアスさをそのまま流し込んで斬り込む「Check My Swag」はMichael Davis製作曲、シリアスでダークながらもフックでの“ちぇっくまいすわぁ~ぐ♪ちぇっちぇっくまいすわ~~ぐ♪”のユル~いリフレインは、Chingyならではという気も。「Fly Like Me」は本作からの先行シングルでありChingy十八番のR&B絡みの一曲、今回のお相手はAmerie嬢という事でナイス選択。L.T. Moe製作の程よくキラキラしたメロウトラックは自然とChingyのラップをもライトにしてます、Amerieの透き通る様でありながらも眩しく鮮やかな歌声もバッチリと嵌ってます。Jared Gosselinなる人物が製作を担当した「Kick Drum」では、これまたズンズンと叩きつけるシンプルな音基調の構成で骨太な一面を覗かせます。「Gimme Dat」では古巣DTPより再び仲間となったLudacrisとBobby Valentinoの二人が援護射撃。Full Scaleなる人物が製作したキラキラフワフワの瞬きトラックがめっちゃ気持ち良い、Ludacrisもこういうトラックを難なく乗りこなすし、主役のChingyもこういうトラックでの跳ねるようなラップの方が似合ってる。そしてここで褒めるべきはBobby Valentino、繊細で美しい重ね歌声でバッチリ誘います、現段階ではこの曲が一番好きかも。ドンドコチャカチャカと疾走する「All Aboard(Ride It)」はClavo Da Gr8が製作を担当、ゲストに歌声(ラップ)を披露するSteph Jonesが光ってます。こういう軽やかに駆け抜けるトラックは前作に収録っぽいノリで落ち着いて聴けますし、途中のChingyの“ぶんぶん♪ぶんっ♪ぶんっ♪ぶんっ♪”は思わず一緒に口ずさみます。Bei Maejor製作の「Spend Some $」ではTrey Songzが歌声を披露、本作ではChingyが低めの声でゆったりラップしているのが激変の点ですが、このTrey Songzの歌声(センス)の豹変ぶりも凄い、デビューアルバムとは良い意味でイメージを覆す仕事っぷり。L.T. Moe製作の「2 Kool 2 Dance」はキンキンと不可思議な金属音で耳を奪われるし、T.I.一派のKevin "Khao" Cates製作の「Lovely Ladies」は子供っぽい声の歌フックがスパイス。そして「How We Feel」ではなんとあのAnthony Hamiltonを引っ張り出してます(驚愕)、製作はL.T. MoeでJon B「They Don't Know」を下敷きにしたメロメロな一曲(溶)。Anthony Hamiltonの渋過ぎる緑茶声も素晴らしくて聴き応え十二分だし、Additional VocalsにBobby ValentinoとIce Cubeが名を連ねているのも楽しみ所。「Roll On 'Em」では最近本当に名前を聞かなくて寂しいCool & Dreが製作を担当、そして客演にはクルドレ楽曲に定番化してきているRick Rossが参加。Chingyの(良い意味での)細さとRick Rossの肉厚さが良い対比で面白い一曲。国内盤にはこれらにボーナストラックとして、怪しくホーンが鳴り響く「Ain't No Way」(Hardley Davidson製作)と、Bobby Valentinoがその潤いたっぷりの歌声で切なく歌い上げる「Remember When」(Wyshmaster製作)の二曲を収録しています。

うん、水準の出来は流石に誇っています。いや出来栄えとしては最高だという声もあるのかもしれません、ですが僕的には前作の方が好きだったかと思われます。本作ではChingyの男らしい重心低く構えたラップが魅力となっている思うんです、ですが僕としてはTrack Starzと組んでいた頃のライトで身軽なChingyの方が好みだったんですよね。ああいうラップが出来るので本当に、NellyとChingyぐらいなもんなんだから、伝統芸能並みに継承して頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment