RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fat Joe「Jealous Ones Still Envy(J.O.S.E.)」
fat-jealcovs.jpg


Puerto Rico出身の巨漢ラッパーFat Joeの通算四作目となる『Jealous Ones Still Envy(J.O.S.E.)』を御紹介。Fat Joeって本当に分かり易い名前ですよね、覚えてもらいやすい愛称で御座います。あんまり太っててちょっと心配にもなるんですが、痩せたら痩せたで威力半減しちゃいそうなんでこのままでいくしかないでしょうね(運命)。
気になる内容はと言いますと……いつもの様にFat Joeの野太くも歯切れの良いラップが聴き手を薙ぎ倒す力作となっております。シリアスなシンプルループでひたすらラップする「J.O.S.E.」、製作はPsycho Lesが担当しています。「King Of N.Y.」ではRaggae界よりBuju Bantonがフック参加、盟友Cool & DreがEddie Kendricks「Just Memories」をサンプリングしたこれまたシリアスながらも派手な一曲。今風で言うトピックとして、あのDJ Khaledがボーカル参加しています(驚)。Quiicksilver「Fresh Air」を早回し下敷きしたファンキーな「Opposites Attract(What They Like)」はSelfなる人物の製作、ゲストに先日Terror Squadを脱退したRemy Maが参加、相変わらず男勝りなラップでカッコイイ。何にも増してよりシリアスでひんやりした薄氷トラックの「Definition Of A Don」はThe Alchemistが製作(納得)、ここでもRemy Maがゲスト参加、Fat Joeと渡り合えるのは彼女だけか。ギャングスタな雰囲気の中にも燻し銀な味わいが滲み出ている「My Lifestyle」はBuckwild製作(納得)、こういうトラックならNasとかMobb Deepとか出てきたら面白かったなぁ(贅沢)。「We Thuggin'」は完全にR.Kelly節な独特な跳ね方の一曲、しかし製作はRon Gなる人物が担当しています。R.Kellyがあの独特の惑わせ歌声を披露、こういう歌い方はR.Kellyの専売特許ですな。「Fight Club」はその名の通り、Fat Joeに加えてM.O.P.にPetey Pabloとかなり男臭い面子が縦横無尽に暴れ回ります(痛快)。Fat JoeもPetey Pabloも勿論カッコイイけれど、やっぱLil' FameとBilly DanzenieのM.O.P.に耳が奪われます(熱暑)。「What's Luv?」は完全な売れ線路線なんだけどやっぱりキャッチーで耳に残る佳曲、Irv Gotti(とAndre Parker)製作でAshantiとJa Ruleが援護射撃しています。Ashantiのエロ可愛い歌声に撃ち抜かれるし、Ja Ruleの程よい(個人的には物足りない)濁声フックが良いエッセンスになった一曲。「He's Not Real」ではFat Joe率いるTerror SquadよりProspectとRemy Maが参加。「Get the Hell On With That」ではTerror SquadよりArmageddon、それに加えてSouthの大物Ludacrisが威風堂々の参加。僕の大好きなB!nk製作のチキチキ浮つき攻め込むトラック上で一番輝いているのは……やっぱLudacrisかなぁ~(僅差)。「Murder Rap」では再びArmageddonが参戦、製作は最近名前を聞かない(寂)Rockwilderが製作を担当。どうせならRedmanを引っ張ってきてくれたら面白かったのになぁ。悲壮感に溢れたピアノの旋律が鋭く光る「Wild Life」はDJ NastyとLVMによる製作、ゲストにProspectとXzibitが参加しています。そして最後を締め括るに相応しい鉄人Buckwild製作の「Still Real」は素晴らしいの一言、Millie Jackson「You're The Joy Of My Life」を下敷きにした美しくもドラマチックで情緒的なトラックに、Fat Joeの力強いラップが見事に嵌っています(最高)。

いつだって骨太なラップで僕らを土俵から勢いよく押し出してくれるFat Joe、本作も例に漏れず天晴れな一枚で御座いました。ゲスト陣もしれ~っと豪華なので聴いて絶対に損は無いですよねぇ、中でもお薦めはやはりM.O.P.とPetey Pablo参加の「Fight Club」なんでよろしく。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment