RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Andy Allo「Unfresh」
Unfresh.jpg

カメルーン出身でその後に米国はSacramentoに移った(らしい)美しきシンガーソングライター、Andy Alloのデビューアルバム『Unfresh』を御紹介。まず先に述べておくと本作はインディーズからデジタル配信のみされていた作品で、のちにCDプレスされて再リリースされたという代物。という事は本作の内容がいかに支持されたかが、いとも簡単に汲み取れると思います。そして彼女のトピックとしてはやはり、あの天才Princeの新恋人と噂されている点(二人の歳の差は三十歳程あるらしい)。確かこのデビュー盤をPrinceがいたく気に入り、Prince率いるNPG(New Power Generation)に動員されていたり、Princeがステージ上でAndy Alloの顔がプリントされたTシャツを着てパフォームしたりしたのだとか(伝聞)。Prince好きの僕ですが、恥ずかしながらこれらの情報は本作購入の後に知った次第(苦笑)。まず僕はAndy Alloの綺麗な顔立ちと豊満な胸に惹かれてAmazonで速攻購入しました、下心です。
それでは簡単になりますが懲りずに内容を書きますと・・・・・・まず本作の全楽曲の制作を手掛けるのは、Andy Allo自身とMind Majorsなる人物。といってもMind Majorsは男性二人から成るProducerチームで、Jon BengcoのDavid Ott二人の共同名義の様です。まずはThe Toneなる男性MCも客演で参加した「Fly Away」で幕開け、ブルージーでどこかボロボロと欠けた様な電子鍵盤の曇った音色がこもって響く哀愁メロウ。Andy Alloの可愛らしいんだけどほんのり色艶の香り立つヴォーカルが素敵、途中でThe Fugeesの名曲「Fu-Gee-La」のメロディを拝借する辺りもナイスな演出(Andy AlloはLauryn Hillの影響も受けているらしい)。彼女の持ち味であるアコースティックギターの弾き語り曲「Come Home To Me」はピアノ鍵盤のキラキラと眩い音色も溶け合い、まったりとスウィートで長閑なスロウに仕上がっています(安息)。Andy Alloのちょっと囁く感じのふわふわした歌声が甘く、多重コーラスと共にだんだんと気持ちも軽くなって空へと舞い上がります(天召)。まだまだアコースティックギターをぽろぽろと零すように爪弾く「Down To Roll」は、軽快に颯爽と吹き抜けるミント系のメロディが気持ち良く、けして力強くはないけれど深みとコクがあってソウルフルなAndy Alloの歌い回しがクールでグッド(痺)。どことなくStevie Wonder調な柔らかな躍動感が心地良い鍵盤チューン「I Want Love」も文句無しで素敵、しっとりと華やかで美しいスキップする様な旋律に、ちょっとラップ気味に滑らかな歌い方のAndy Alloが憎いですね(微笑)。ちょっぴりダークで冷たいアコースティックギターのサクサクした弦音がループする「Hooked」、ちょこっとスパイシーで辛味のあるメロディは燻し銀な魅力を放っていますね。ピコピコとした電子音が(良い意味で)チープに飛び交う「UnFresh」、かなり薄味のサイバーチューンだからこそ、スベスベ艶やかで撫でる様なAndy Alloの吐息ヴォーカルが活きます(逝)。一分半ぐらいの「Sometimes (Interlude)」もカフェオレみたいなビタースウィート感がたまらなく、ゆったりと柔らかく芳醇なAndy Alloの歌声にウットリ。本作からのシングル曲で要注意曲でもあるのが「Dreamland」、なんだか耳馴染みのあるディズニー音楽みたいな、キラキラと真珠粒みたいな透明メロディが首飾りみたいに連なる正真正銘のドリーミーチューン(骨抜)。このいかにもなおとぎ話メロディに、Andy Alloの眠り姫みたいに麗しく上品かつ繊細な歌声がピッタリお似合い。しかもここではあのBluが客演参加しており、優しくて淡いラップで水彩画みたいに鮮やかな色彩を加えております(流石)。「Knew You At All」は小雨が降ってアスファルトがじんわりと滲むような、そんな儚くてちょっと寂しげな美しさが際立つフォーキースロウ。どことなくAlicia Keysを思わせる生音志向の温もり溢れる極上スロウ「Conclusions」も、力強く唸る様に歌ってみたり、かと思えば柔らかにふっと力を抜くファルセットなんかもあって、秋の紅葉眩い山々みたいな抑揚が美しい一曲でたまらない(溺愛)。ドカドカカチカチと機械的かつ単調に響く「Stalker」は、音数も極力少なく抑えて無重力スペイシーな空間を泳ぐThe Neptunes風味なアンドロイドチューン。最後は二分半程の土臭いフィリーソウルっぽさが香る「Outro (Thank You)」でお別れ、Andy Alloの語りかけがとってもキュートで、まるで恋人と電話を切る時の甘酸っぱい切なさとリンクしてしまいます(阿呆)。

素晴らしいの一言、いや美しいの一言かな(溜息)。インディーズ作品でこのクオリティ、恐ろしいです(警戒)。Prince贔屓の僕としてはやはり、そういった側面からも勿論買い被ってしまいますが、Andy Allo単体の魅力がやはり半端ない(衝撃)。大体がこの作品にはPrinceは当然全く関与してない訳で、これを創り上げたAndy AlloとMind Majorsに賛辞を贈ります。Prince絡みといえば今年はLianne La Havasのアルバム『Is Your Love Big Enough?』も素晴らしい仕上がりでしたが、Andy AlloもPrinceが全面監修した新作『Superconductor』も発売間近らしいですね。ずっと以前より2012年9月に発売予定みたいなアナウンスはされていたから、是非とも実現してほしいもの(切実)。とにかくその正統派な美しいルックス(そして素晴らしい胸の膨らみ)がたまらないではありませんか、そういう意味ではPrinceは敬愛してやまないけれど、即刻別れて欲しいと願っております(阿呆)。でもPrinceと別れたらいっそう新作を聴ける日が遠のきそうだから、うまくやっていってほしいもの(複雑)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment