RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Sean Garrett「Turbo 919」
sg-t9c.jpg


Jay-Zがその才能に惚れ込み“The Pen”の愛称を付けたSean Garrettのデビューアルバム『Turbo 919』を御紹介。もう今更なんだかんだとアーティストの名前を列挙しませんが(きりがない)、とにかく多くのアーティストにヒット曲を製作、ソングライティングしてきた彼も遂に表舞台に登場。もう次から次へと裏方から表舞台に登場で、主役よりもクレジットを注意しておかなければならない現状ですね。
そんな本作は果たしてどうなのかと言いますと……まず驚いたのがSean "The Pen" Garrettが全て単独で手掛けているのではなく、外部の強者Producerと共同で製作する形を取った楽曲が多い事。これはソングライターならではの柔軟さと言いますか、ちょっと驚きました。まずはSean Garrett自身が製作した「What You Doin With That」で幕開け、これはもう最近のTimbaland辺りがやりそうな歪んだ電子音にキラった音を絡ませるクラブ向けの一曲でいわば鉄板の造り。「Come On In」もSean Garrett製作(Co製作はDeputy)でこちらは弦音が心地良いスロー、筋肉マンな割りに高く可愛い声のSea GarrettはどことなくThe-Dreamっぽくも感じるエフェクトかけてあったり。客演には久々のAkonが登場、最近は弟子のT-Painが活躍しまくりですが、こうやって聴くとAkonの方が味があって好きかも、という訳でこれもトレンドを完全キャッチした造り。続いては“今生きているMCの中で最もホットなMC”を自称する最強の曲者Lil Wayneが客演している「Girlfriend Ringtone」、製作はL.O.S.とSean Garrettによる共同制作。L.O.S.はJ.Holiday「Bed」を製作したL.O.S. Da Maestroの事、これもキュートにカラフルな電子ポップ全開なトラックでポテンシャル高いです(汗)。こういう跳ねた可愛いトラックはSean Garrettの高め可愛い歌声にピッタリとマッチ、これまたLil Wayneの良い意味で抜けたまとわりつくフロウが“うぃ~~じぃ~~♪”って感じでグッド、こういうメロディ物にもLil Wayneは合うんですよ(万能)。エンジン音から入るBloodshy、AvantとSean Garrettの共同制作の「Turbo 919」はぶっ飛んでます、ここまでエレクトリックに暴れられるとR&B好きにはちょっとついていけなかったり(笑)。「Lay Up Under Me」はStargateとBehalfの共同制作、Stargateらしい爽やかに体の中を駆け巡る柑橘チューンでやっぱり聴き入ってしまう(惨敗)。Sean Garrettの高い声もこういう甘酸っぱいメロディに乗せると味わいましてイイ、ヴァイオリンの様な音も素晴らしいエッセンスなんですよねぇ(感心)。悩ましいスローにSean Garrettの歌声が絡む「On The Hood」はThe Avila BrothersとSean Garrettの共同制作、車のボンネットの上で愛し合う情景を歌ったエロい歌詞が技ありかなと(流石)。再びダークな電子音で攻める「6 In The Morning」はL.O.S.とSean Garrettの共同制作、これなんかもモロにTimbaland趣味って感じですよね、それだけTimbalandの作る音楽性が流行最先端のものなんですね(痛感)。そしていよいよ先行シングルの「Grippin」がお目見え、製作はSean Garrett(Co製作をDeputy)、援護射撃は御存知Ludacrisが登場。あまりにキャッチーあメロディラインの繰り返しフックと、“ベッドにしがみついて”の歌詞が悩ましくて相乗効果で中毒性高い。そこに絡むLudacrisの自身満々で頼れるラップがたまらない、最後にかます“ばん!ばん!ばん!ばん!”でもう完全に脳天ヤラレました(失神)。「Patron」はThe Neptunesが製作を担当したメロウ側面爆発の一曲、The Neptunesにしか出せない空間で泳ぐSean Garrettはなかなか様になっているし、Pharrellの歌声がこれまたスムーズでPharrell好きも存分に楽しめます。「Pretty Girl」はRodney "Darkchild" JerkinsとSean Garrettによる製作、空気を切り裂く鋭いシンセサイザーがかなりシンプルながらクールでカッコイイし、こういう楽曲でもSean Garrettの歌声が活きる。最後を締め括る「One Day」はThe Avlia BrothersとSean Garrettによる共同制作、運命の女性に捧げるしっとり美しく優しいピアノ弾き語り曲は“愛”を題材にした本作のエンディングに相応しい(感涙)。こうやって聴いていて感じたのは、やはりSean Garrettはなかなかの“歌心”を持ったソングライターなんだなという事、途中で感情高まるシャウト気味の歌声なんかも魅力的です(誉)。

The-Dreamよりは確実に歌が上手いんですが、独特の世界観を構築していたのはThe-Dream『Love/Hate』かと思います。でもSean Garrettのこのアルバムは外部からProducerを起用した事で飽きさせない様々なエッセンスが詰め込まれていたかと思います、そういう点では上手くトレンドを取り込んでいたのはSean Garrettの方かなと。兎にも角にもあの筋肉質な体とは裏腹の可愛い歌声に御注目下さい、結構歌えますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment