RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Killer Mike「R.A.P. Music」
RapMusic.jpeg

Atlanta出身にして南部の猛者MCとして名を馳せる、Killer Mikeの通算六作目となる『R.A.P. Music』を御紹介。かつてはあのOutKast周辺の作品で活躍し、Big Boiのバックアップにてデビューアルバム『Monster』をリリース。このデビュー盤はセールスもそこそこだった様ですが、その後は活躍の場をインディに移して精力的に活躍していますね。前作はT.I.率いるGrand Hustle Recordsからの配給でしたが、またもや移籍して本作はWilliams Street Recordsからのリリースとなった模様。この油彩画っぽいジャケットはどうですかね、僕はあまり好きでないのですが(苦笑)。ちなみに題名である『R.A.P. Music』は、“Rebellious African Peoples Music”の略なのだそう。
それでは外見はさておき中身について述べますと・・・・・・まず本作を語る上で外せないのがProducer、なんと全曲をN.Y.の雄であるEl-Pが担当しています(驚)。これだけで血圧が急上昇するというHip Hop愛好家も多い筈、僕はもうKiller Mikeだけで充分に沸点間近ですが。まずはバッキバキに全てをへし折る有刺鉄線みたいな電撃ビートが走る怪物チューン「Big Beast」でド派手に幕開け、しかも客演にはBun BにT.I.にTroubleという強力な布陣が実現。Run DMCっぽいピロピロと浮ついた電子音の煌めきもナイスなツヤを生んでいるし、巧者であり猛者である全員のラップ総攻撃で早くも鼓膜は壊滅状態に。「Untitled」ではかつてBig Boi率いるPurple Ribbon All-Starsの一員だった女性シンガー、Scarと久々の再会が実現。ブイブイと低く唸り蔓延するガスシンセと共に広がる、汚染チックなScarの妖艶でトロっと粘ついたヴォーカルが魅惑たっぷりでバッチリとキマっております(溺)。まるで壊れたビデオテープみたいに残像を霞ませながらも、メロディを爆破しながら暴れる「Go!」も痛快過ぎて逆に笑える。鬼のようにギュルギュルと押さえつけて擦るスクラッチ音に、光線銃みたく撃ち放たれるピコポコ音、ストリングスっぽくキュイキュイ弾くメロディ、その上で猛スピードでアクセル踏みっぱなしなKiller Mikeの前のめりな怪物ラップが突進します(圧死)。ファンクとサイバーな感触を混ぜ合わせたドローリと重たいオイルメロディが垂れる「Southern Fried」の泥臭さはKiller Mikeの真骨頂、バラバラに飛び散るメロディの中でもKiller Mikeのラップ一本(ネジ一本)で締まってタイトに響くんだから凄い(殴打)。「JoJo's Chillin」は完璧にオールドスクールなブレイクビーツ使いの鋼鉄アッパー、ザクザクと縦横無尽に叩き荒らすドラムビートの上を転げるKiller Mikeのラップがただただカッコイイんです(痺)。血塗ろさながらな不穏で凍てつくホラーシンセの上を闊歩するモノトーンな「Reagan」、犬の遠吠えみたいな音をシンプルにループしたざらざらしたハード曲「Don't Die」と、兎に角トラックの奇抜さや色味に頼らずにマイク掴んで真っ向勝負なKiller Mikeの骨太でタフなラップにやられまくり(袋叩)。ビヨンビヨンと伸び縮みする錬金術ポーションチューン「Ghetto Gospel」も怪しさ満点で中毒性高いし、El-Pも客演参加したゴリゴリゴツゴツな岩窟アッパー「Butane (Champion's Anthem)」も、Killer Mikeの轟々しいラップが火を吹き鼓膜を一挙に破壊します。Emily Panicが客演参加した「Anywhere But Here」も歪にダートな響きで纏わりつく暗黒シンセに、Emily Panicの朧げで奇怪な歌声が滑らかに響き浸透するナイトメア系の一曲。ボワボワと明滅する鬼火みたいなシンセが不思議な魅力で誘う「Willie Burke Sherwood」、シャウト寸前なKiller Mikeの鋭く尖ったラップが重量増して圧しかかる「R.A.P. Music」とどれもがEl-Pとの抜群な相性を誇示しているあっというまの全12曲。

これぞHip Hopという無骨さ、ビートの魅力たっぷり、小細工無しの直球勝負に血液はすぐと沸点に達しますね。全曲をEl-Pが制作しているので中弛みしないか心配も少しありましたが、そんなものは皆無、曲数のコンパクトさも功を奏していますね。スマートでクールなラップも好きだけど、やっぱりたまにはこういう男臭いギラギラしたラップも聴きたいものです。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment