RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nas「Nastradamus」
nas-nastracovs.jpg


New Yorkを代表する孤高のlyricistことNasの通算作目となる『Nastradamus』を御紹介。デビューアルバム『Illmatic』以降の作品はちょっと酷評されがちなNas、このアルバムもその例に漏れませんね(残念)。がしかしNas作品はどれを取っても実は水準を遥かに上回る仕上がり、皆の期待が単にあまりに高い事から起こる落胆が、Nas評価を下げている原因なんではと僕は思っていたり(個人的見解)。今思い返せば初めてNasに触れたのはこの『Nastradamus』でした、大きなデパートのCD屋の視聴機にこのアルバムが入ってて。なんとなしに聴いて“Nas………茄子(ナス)?………カッキィ~なぁ(方言:“かっこいいなぁ”の意)……”と思ったのを今でも覚えています(その後、傑作『Illmatic』を購入する)。
そんなこんなで運命を感じる本作……世間様は駄作とする方も多い様ですが、そんな事はけしてないと僕は思います(断言)。トランペットの音で幕を開ける「Life We Chose」からして高揚させられるメロディアストラック、製作はNas作品には欠かせないL.E.S.による製作。Fred Wesley「Peace Fugue」を下敷きにしたホーンが程よく効いた、それこそNasを堪能できる一曲。続いてもL.E.S.がJames Brown「(It's Not The Express)It's The J.B.'s Monorail)」をサンプリングして製作した「Nastradamus」、恐ろしく可愛くてキャッチーな風合いのトラックで、Nasの歌う様なフックも珍しい。「Project Windows」はBad Boy Recordsお抱えの製作チームThe Hitmenの一員であるNashiem Myrickが製作を担当、と思いきや原曲が彼でその後新たにTone & Pokeが製作している様です。ピアノが鳴り響く感傷的なトラックにあのRon Isley総帥が味のあり過ぎる歌声で華を添えてくれています(涙)、Ronald Isleyのあの甘い“らららら~らら~♪”だけでも背筋に電気走りますね。「Come Get Me」ではDJ Premierがこれまた鋭過ぎるスクラッチで僕を興奮させてくれます、ここでの元ネタはTimmy Rogers「If I Were President」、このキュイキュイ(スクラッチ)は中毒起こしますし独特のグルーヴは正にPrimo節で最高。「Shoot 'Em Up」はMobb Deepの片割れHavocが製作を担当、彼らしいシリアスな音がなかなか素晴らしいんですが2分53秒は短いかと(残念)。「Last Words」ではL.E.S.がThe Ohio Players「Good Luck Charm」をサンプリング、ゲストにNashawnとMillennium Thugが参加、彼らを僕は知りません(無知)。どこかオペラに似た様な劇的なトラックがカッコイイし、Nasの持つ世界観にシンクロしていますねぇ。「Family」では旧知の仲であるMobb Deepが揃って参加、それならHavocに音作らせたらいいのに何故かDame Greaseが製作を担当、まぁ悪くはないんだけど……ねぇ。「Quiet Niggas」ではNasの弟分(というよりNasの実弟である)Braveheartsがゲスト参加、製作はDame Greaseで御座います。「Big Girl」はメロディアストラックの上でNasがBone Thugs-N-Harmonyみたく歌う様な早口フロウを披露、これがかなり飛び道具で僕はかなり嵌ってしまった一曲(早口フロウ好き)、製作はL.E.S.でThe Stylistics「You're Big Girl Now」をサンプリング。「New World」もL.E.S.製作、ここではToto「Africa」を下敷きに女性コーラスも迎えて良い意味でポップにキャッチーに作っています。こういう曲の時にはNasがもう少し弾けられたらなぁと思う、こういうトラックではやはりJay-Zの方が柔軟に対応出来るから(痛感)。「You Owe Me」は今を時めく名Producer、奇才Timbalandが製作を担当、ゲストにGinuwineが艶っぽい歌声を絡ませます。ここでのTimbaland節は結構軽めの(でも一癖も二癖もある)シンセとバウンスが織り交ざった素敵な曲を提供、あまり淀んでいない透明感の割合が多いトラックで乗り易い。Ginuwineの歌声もかなり良いですねぇ(流石)、最高の化学反応を起こしています。

僕はずっとJay-Zファンな訳で、言ってしまえばNasは目の敵にしていたんですが(阿呆)、それでも普通にNasの作品は聴いていました、だって良い物は良いんですもん。やっぱ今聴き返してもカッコイイです。Eskoberはもう新作の予定もあるみたいだし、これからまたJay-ZとNasでN.Y.復権を叶えてほしいです(素敵)!
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment