RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bravehearts「Bravehearted」
bravehearts-bcovs.jpg


Nas主宰のレーベルであるIll Will Recordsから第一弾アーティストとしてデビューしたBraveheartsのデビューアルバム『Bravehearted』を御紹介。Nasの作品にも何度も登場するラップデュオで、Nasの実の弟であるJungleとWizで結成されているのがBraveheartsで御座います。Nasの弟ってだけでも充分な話題だし、製作陣もなかなか凝ってそうだなぁと思い購入した一枚です。
それでは気になる内容はと言いますと、Nasほどにシリアスではなく結構ギャングスタでサウスなビートも織り交ぜたバラエティ色の強い一枚で御座います。Dirty SwiftとMidi MafiaのBruce Waynneが製作を担当した「B Train」からしてかなり硬い作り、バチンバチンとぶつ様な跳ねるシンセビートを二人が漢らしく乗りこなしています。「Quick To Back Down」は本作からの先行シングル、Lil Jonが製作&ゲスト参加って事でかなり異色と感じた一曲。ここでは兄貴であるNasも完全バックアップ、Lil JonらしいCrunkビートにNasってのが面白くて耳を奪われる一曲……なんですが想像以上の出来ではなかったかなぁ。不穏なビートに浮つく電子音は正にLil Jon節なんですが、どうもここまでの重さ(貫禄)が彼ら二人に無くてちょっと物足らない、Nasは流石に完全にフックのみ登場。「Twilight」はその名の通りキラキラ感がなかなか旨味なメロウトラック、製作をあのSwizz Beatzが担当(の割にはおとなしいなぁ)。ここでもNasが援護射撃、やっぱNasだけが浮き上がって聴こえてしまいます(当然)。でも流麗なこのトラックはなんだかんだで聴き所たっぷりで、耳を次第に奪われます。シンプルで硬質なドラムビートがNas風味な「Bravehearted」はNasの弟Jungleが製作を担当(驚)、サンプリングにThe Jungle Brothers「The Promo」を使用しておりまして、もうこれは完全にネタ勝ちといったところ。女性シンガーNashawnの起用が功を奏した「Buss My Gun」はDirty SwiftとBruce Waynne(Midi Mafia)製作、彼もよく名前を聞くProducerですよね。その跳ねたビートで一瞬Swizz Beatz製作曲かなと思った「Cash Flow」はLil' Jon製作、口笛鳴る可愛いビートに思わずニンマリ。Jully Blackの歌声がそのメロウ速度をさらに加速させるKenny Rogers & Dolly Parton「Islands In The Stream」使いの「Situations」はBastianyによる製作、こういう感じの歌モノに滅法弱い僕であります。「I Wanna」で遂にL.E.S.製作曲が登場、R&Bライクながらもなかなかスパイシーでよろしい。Dirty SwiftとBruce Waynne(Midi Mafia)製作の「Sensations」の爽快疾走感がたまらなく痛快で心地良い、このコンビネーションはかなり刺激的なトラックを提供してくれます(鉄板)。「Realize」はあのPaul Poliが製作を担当した水音差し込む潤った一曲、フックをNashawnとTeedra Mosesが担当したかなりメロディアスな一曲で、これも歌モノ好きの僕にはたまらない一曲。民俗音楽の様なゴチャゴチャ感が混乱する「I Will」はNeoが製作を担当、成り立っている様ないない様なトリップ感がまた良かったり(笑)。

いやはや、Nasっぽさってのはかなり薄かったんではないかな。まぁNasと同じ事しても全然面白くないし、かえってこうすべきだったのかも。惜しむらくは大物ProducerであるSwizz BeatzとLil' Jonがあまりイイ仕事をしてなかったかなぁと感じました、及第点って感じで。でもまぁ水準はなかなかのもの、良かったら聴いてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment