RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rebecca Ferguson「Heaven」
393716_250716441648503_121865751200240_644228_404222654_n.jpg

大人気の英オーディション番組“X-Factor”の第七シーズンで準優勝に輝いた、Rebecca Fergusonの記念すべきデビューアルバム『Heaven』を御紹介。このRebecca Fergusonは25歳、二児のシングルマザーなのだそう。およそ一年の長い期間を経て制作されたデビュー盤、全英初登場3位を獲得したのだとか(祝福)。この斜め顔なジャケットが好きなんだよなー、やっぱりジャケットって肝心なんです、だからCD蒐集はやめられない。
さて前置きはこのくらいに内容に触れていきますと・・・・・・まずはEgが制作を担当したアコースティックギターの優しく奥深いメロディが漂うフォーキースロウ「Nothing's Real But Love」、ピアノやオルガン等の鍵盤音の柔らかな膨らみの上を転がるドラムスの乾いたビート、そして感情を揺さぶるダイナミックなRebecca Furgusonのヴォーカルがジンジンと沁みる一曲。ちょっぴり影のあるブルージーな「Glitter & Gold」はMark TaylorとAlex Smithの共同制作、それこそAdeleが体現するようなレコードタイプの真っ黒なヴィンテージソウル調でコク深い焙煎風味。煌びやかなピアノ鍵盤の清らかな旋律に心が浄化するのを感じる「Shoulder To Shoulder」はEgが制作を担当、黄金色に輝く麦畑をゆっくりとスローモーションで駆けているような残像が網膜に浮かぶ、優美で穏やかな美曲の中で時に荒ぶり時に静かに寄り添うRebecca Fergusonの歌声にウットリです(溺)。引き続きEgが制作を担当した「Fairytale (Let Me Live My Life This Way)」は軽やかに華やかに跳ねる鍵盤音がキュートなドリーミーチューンで、ひらりと舞い上がる様なフェザータッチな彼女のファルセットが心地良いです。Brian Higginsが制作を担当した「My Bright Eyes」もオールドソウルなタッチの緩やかミッドで、晴れた昼下がりの緑いっぱい輝く公園を散歩するような感覚で胸がウキウキ踊りますね(安息)。またもやEgが制作を担当した「Fighting Suspicions」は悲しみと冷たさがカチンとくっついた刺々しい一曲で、ちょっぴりレゲエっぽいメロディ使いが隠しスパイスになったタフでドラマチックな一曲。純朴で繊細な王道ピアノバラード「Teach Me How To Be Loved」はJonny Lattimerが制作を担当、澄んだ水底にオルゴールがメロディを奏でながら沈んでゆくようなこの響き、ストリングスがそんなメロディを滑らかに撫でて、Rebecca Fergusonのエモーショナルで無垢な歌声が光明となってすべてを照らすような感触がたまらない(恍惚)。Steve Bookerが制作を担当した「Run Free」は軽快に颯爽と駆け抜けるグルーヴが超クールなアップで、サクサクと突き進むドラムスがとにかく爽快で気持ち良いドライブチューン(走)。ラグジュアリーな輝きを眩く放つキラメキミッド「Diamond To Stone」はFraser T Smithが制作を担当、ドレッシーなオシャレソウルって感じで、まるでステップを踏んでダンスする様な優雅なメロディが華やかでグッド(着飾)。そして最後を締め括るのがEgが制作した「Too Good To Lose」、躍動感溢れるピアノ鍵盤を主軸にしつつもバックではカラフルでキュービックなシンセが多用されていて、それがどこか懐かしいフューチャリスティック加減を生み出していてとっても面白い。ガチガチなドラムパターンにベタベタなシンセ光線が交錯して、それがグラヴィティと加速感を増幅させて余計にパンチのあるソウルチューンに変化、あちこちに音の罠が仕掛けてある意欲曲かと思います(拍手)。

Amy Winehouse、Adeleと英国のソウル系譜がまた一段と強固に系譜されていて、本当に頼もしい限り。英国産ソウルが好きなんだと僕は自覚していますが、最近のUSのエレクトロ塗れにちょっと辟易している方が、英国産ソウルに流れていっているのも確かでないかと(憶測)。素直に良かった、ソウル音楽ってものに浸れる一枚ではないでしょうか。二作目にも期待したい、子供達の為にも一作で終わって欲しくないですね(応援)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment