RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Sammie「From The Bottom To The Top」
sam-fbttc.jpg


弱冠13歳の完全な子供シンガーSammieのデビューアルバム『From The Bottom To The Top』を御紹介。まずこのジャケットから手を出そうなんて方は今時まずいないんじゃないでしょうか(笑)、もう単なる坊やですもんね。しかしアルバムの裏面を御覧下さい、Exective ProducerとしてあのDallas Austinの名前がクレジットされているではありませんか(驚)。はい、もう購入決定で御座います。
そんなこんなでかなり冒険した気分で購入した本作ですが……皆様は子供っぽい声(青臭い声)のシンガーは嫌いですか?もし嫌いだという貴方は購入は断念した方が良いでしょう、がしかしそうでもないという貴方、聴いてみて損はありませんよ。まずはDallas Austinが製作した楽曲から紹介してゆきましょう、どれもクオリティ高いです。まずは幕開けを飾るHip Hopテイスト溢れるアッパー「The Bottom」で幕開け、このフック使いだとか途中の“ふーふーっ♪”なんていう合いの手なんかはモロに当時のTLC技法、まぁDallas Austinだから仕方ないですが。でも好きです、JT Moneyのラップ聴くといきなり大人世界に戻れてホッとします(笑)。「I Like It」では冒頭スローからフックで切なげ疾走チューンに変調する技アリなトラック、下手にアッパー歌わせるよりもこういうメロウ系統歌わせた方が、Sammieの青臭い歌声にはマッチしていてグッド。しかしこのトラックは今出しても充分にヒットを狙える作り、最近ではなかなか聴けないトラック、という事はそれだけDallas Austinが一線から外れているという事ですね(残念)。「Can't Let Go」ではN'ToonよりLloydがゲスト参加、そうです最近では客演引っ張りダコなあのLloyd青年です。やっぱり歌が上手い奴は子供の頃から上手い、ちょっと前のJ-POPでもありそうなキャッチーで程よいスピード感のトラックは分かり易くて好き。朝陽差し込む清涼感抜群な「Stuff Like This」なんかも美しくて大好き、こういう柑橘系の美メロを書くのはBabyfaceでなくてDallas Austinでしたよね、彼の作るメロウでも大好きだったのに……なぜ彼は消えてしまったんでしょうか(涙)。これまた電子音を跳ねさせた切なくも可愛い胸キュントラックで攻める「If I Can」も秀逸、TLCみたいなガールズグループの使った技法をそのまま応用、それがこんなに上手くいっているのも子供の歌声だからこそ(策略)。しかしSammieもキッチリ歌い上げていてほとほと驚く(笑)、日本にいるそこらのシンガーよりよっぽど上手いです(圧勝)。コンピュータゲームの様な音が飛び交う子供なりのアッパー「Fell For Her」も面白い、それも13歳のSammieが歌う事を大前提に、無理に背伸びさせずに作られていて天晴れ。その他にもRicciano Lumpkinsが製作を担当したギター音が切な過ぎる本格スロー「Hero」、Ricciano Lumpkinsが弾けたシンセの構成で近未来的な音を作った(TLC『Fanmail』的アプローチ)「Catching Feelings」も、Debra Killings製作の哀愁漂うスローバラード「Count」も、Bbayface顔負けの爽やかギターフレーズに合わせてSammieの青臭い歌声が堪能できるRicciano Lumpkins製作の「Friend Like You」も、Indiana Joan製作の心洗われる美しい魔法曲「Do It For You」と、どれもまったくもって油断出来ない秀逸なトラックばかりが提供されています。そんな中で何より光っていたと感じたのが「Crazy Things I Do」、製作を担当しているのはC. "Tricky" Stewartで御座います(拍手)。キラキラ煌き輝くメロウ系トラックも勿論素晴らしいんですが、この曲の場合フックが巧い。幾重にも重ねたSammieの甘い歌声、少しリズムを崩した歌い回し、どれもが僕の感性を揺さぶって離さない中毒性高いミッドスロー(好物)。

どのトラックも本当に素晴らしい出来で抜かりはありません、それだけこのSammieに力を注いでいたんですね。しかしSammieも13歳とは思えない歌唱力&表現力で本当にビックリさせられる、今もまだシンガーとして活躍しているSammieにこのアルバムをもう一度歌わせても充分イケるんではないでしょうか。Jackson 5の「ABC」なんかもすんなり聴けるなんて方にはお薦め、この頃のDallas Austinは輝いていたのになぁ……(復活希望)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment