RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「God Forgives, I Don't [Deluxe Edition]」
ross__0.jpeg

今やHip Hop界の巨大会社となりつつある“Maybach Music Group”を取り仕切るボス、Rick Rossの通算五作目となる『God Forgives, I Don't』を御紹介。その昔はSlip 'N Slide Recordsに所属し(勿論今も所属中)、Trick DaddyやTrinaの作品に客演参加していたRick Ross、今では強大化しMMGという巨大組織を動かす社長ですからね、それこそハスリン(稼)。勢力図をどんどん刷新しそうな勢いのRick Rossの五作目、なんだかそんな宣伝もなくサラーリとリリースされた気がするのは僕だけでしょうか。しかし、この豪華盤のジャケットよりは、通常盤の方がカッコ良くて好きなんだけどなー(残念)。
それでは気になる内容を簡単ですが書きたいと・・・・・・まずは例の“めいばっくみゅうじっ♪”と“すうぇーい♪”の声から始まる「Play For Us」で口火を切り、KenoeとGot Kokeのコンビ制作の「Pirates」へスライドイン。The Mad Lads「I Forgot To Be Your Lover」をサンプリングしたゆっくりじっくり進行する重厚なソウルサウンドは派手さ皆無ながら、Rick Rossの曇った熊声がぼんやりと響くナイスなスタートに。Crown Of Glory「I'm So Grateful (Keep It Touch)」をネタ使いした「3 Kings」は、今とても要注目なJake Oneが制作を担当(MixはDr. Dreが担当)。Dr. DreにJay-Zというベテランを迎えた王者三つ巴な豪華共演(ただ、この並びにDr. Dreは違う気もするが)、しかもBack VocalにはJoiStaRRの名もクレジットされていますね(驚)。高級な絹生地みたいにスベスベと滑らかなシルキーソウルサウンドにウットリ(溺)、この三人のマイクリレーだけでも豪華絢爛でまるでめくるめく舞踏会の様、最後をJay-Zで締めさせる辺りは我侭な真の王者への配慮かもしれませんね(笑)。Wilson Pickett「Shameless」をベッタリ濃密にサンプリングした「Ashamed」は久々のCool & Dre制作、ドカスカと重たく響くビートに重層なストリングスがどろーりと垂れ落ちるサウンドに、Rick Rossの曇ったフロウがたまらなくお似合い(痺)。もはやRick Ross作品には欠かせないJ.U.S.T.I.C.E. League制作の「Maybach Music IV」ではNe-Yoが参加、漆黒に塗られ輝く大きなボディのマイバッハ車のように優雅で威圧感のあるRick Rossのラップに、ふんわり香るNe-Yoのヴォーカルは濡れた路面をギラギラ光り輝かせるヘッドライトのように眩いばかり(惚)。引き続きJ.U.S.T.I.C.E. League制作の「Sixteen」ではあのAndre 3000が客演参加、ネットリと蜜のように絡み付くホーンの甘美な鳴りと、ファルセット気味に華やぐAndre 3000の歌フックがもうたまらない(失神寸前)。ちょっぴりJazzyで荘厳なスベスベしたメロディ、Andre 3000のパフパフした軽やかなラップもやっぱり最高にイカしています(昇天)。Cortex「Prelude A (30 Round)」」をネタ使いした「Amsterdam」も悩ましく官能的で曲線的なメロディが綺麗、淡々とラップするRick Rossの静かな疾走感もまたクールでグッド。ザクザクした機械的なコールドシンセがつんざめく「Hold Me Back」はG5Kid、トラックは嫌いじゃないけれどやはりこの手の音に乗るRick Rossは好きでない。そんな流れを引きずる「911」はYoung Shumが制作、ドドドドッドドドと爆裂するビートに警報の様に空間を切り裂くシンセがおどろおどろしくのしかかる圧迫チューン。MMGの最終兵器状態にあるMeek Millが援護射撃に加わった「So Sophisticated」はThe Beat Bullyが制作、ジワジワと毒を充満させる緊張シンセの中でキレキレMAXなテンションで特攻する二人がカッコイイ。Roy Ayers「Get Money」を下敷きにした甘美ハーモニーをメロディに組み込んだ「Presidential」はThe NeptunesのPharrellが単独で制作。ハーモニーを軸にふんわり華やかなメロディを膨らませ、Pharrell得意のスーハー吐息でタイトに締めて、その上をなぞる様にElijah Blakeの柔らかなファルセットが包み込む素晴らしい一曲。Reefa制作の「Ice Cold」では新たにMMG入りしたOmarionが客演参加、バシバシと飛び散るアグレッシヴなドラムスの散乱の中にひっそり流れるピアノ旋律、そしてOmarionの吠える様な熱く迸るヴォーカルが超ナイス。「Touch'N You」はRico LoveとPierre Medorが共同制作、そして客演返しでUsherが参加。すーっと紺碧の深海に沈んでゆく様な冷たさと透明感と酩酊感を味わえるクリアな電子ミッドは妖しげで艶やか、その中でUsherのファルセットが海中の海月みたいにふわふわと舞い落ちる不思議な魅惑がたまりません(美味)。Cardiak制作のピアノバラード「Dices Pineapples」はWaleとDrakeが客演、ふわとろと口の中で溶けてゆくチョコレートみたいにほろ苦い繊細なメロディ、やはりここではDrakeの朧げで幽玄とした溜息みたいなヴォーカルが効いていますね(虜)。J.U.S.T.I.C.E. League制作でJeffrey Osborne「Baby」をネタ使いした「Ten Jesus Pieces」はStalley参加、まろやかに微熱まじりな音色のホーンが色気たっぷりで、じっとりとそこに絡んで男臭く哀愁たっぷりに響く二人のラップが男前過ぎます(骨抜)。とここまでが本作の内容で、Deluxe Editionには加えて二曲のボーナストラックが用意されておりまして。まずはあのNasを客演に招いたJ.U.S.T.I.C.E. League制作の「Triple Beam Dreams」、とにかくモノクロ調の殺伐としたトラックで冷たく尖った二人のラップが刺さります。最後はDVLPが制作した「Rich Forever」でJohn Legendが参加、燻し銀でエモーショナルな仕上がりはJohn Legendの真摯な歌声によるものでしょう(胸打)。

ハッキリ言ってRick Rossが誰かしらの楽曲に客演していても、そんな興奮しないし、むしろ楽曲によってはたまーに邪魔に感じる時さえあるほど(辛口)。ただ、Rick Rossのソロ作品となると毎度毎度とグッと惹き込まれる自分がいるんです、彼ののっそりした重量ある語り口と、芳醇なワインのような濃厚で艶やかなソウルサウンドの溶け合いは絶妙(賛辞)。だからこそ直前までは通常盤を購入しようとしていたのですが、店頭に行くと結局は豪華盤を買った次第です。しかもボーナス曲のゲストがNasとJohn Legendですからね、それも背中を押しました(笑)。本作も売れているみたいですね、やはり自身のアルバムでこそ輝いていると僕は思います。Hip Hop界の王様になる日も、そう遠くないかもしれませんね(危惧)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment