RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Method Man「Tical 2000:Judgement Day」
mtm-t2c.jpg


Wu-tang Clan一の目立ちたがり屋(?)で人気者Method Manの通算二作目となる『Tical 2000:Judgement Day』を御紹介。ジャケットのMethod Manがちょっと気味が悪いんですが、それでもMethod ManはMethod Man、購入しない訳にはいかないんで所持していますよ。相変わらずゲスト陣の多さ(しかも身内が多い)のは愛嬌、Interludeも含めて全28曲というボリュームも激しいですよねぇ。
そんなこんなの本作をつらつらと触れてゆきますと……まずはWu-Tang Clanの頭脳であるRZAが製作を担当した超ダークな「Perfect World」で幕開け、互いをよく知っているだけにMethod Manが水を得た魚状態、煙たいラップが怪しくてカッコ良いっす。LB Da Life BringaがMighty Clouds「Bright Tomorrow」をサンプリングして製作した「Cradle Rock」では、TLCより今は亡きLeft Eyeがゲスト参加。完全にオールドスクールな本格Hip HopトラックにLeft Eyeのラップが乗っかるのは新鮮で、彼女のキュートさは見られないながらもアクセントになっています。True Master製作で御馴染みStreetlifeが援護射撃に回る「Dangerous Grounds」もタイトに硬くてカッコイイし、同じくTrue Master製作でStreetlifeとCappadonnaが援軍の「Sweet Love」も埃っぽい黒いトラックがレコードの様な深みを持つドープな一曲。再びRZAが製作を担当した「Retro Godfather」なんかも超渋くて痺れあがる、Montana「Warp Factor II」をサンプリングした生音っぽいトラックにMethod Manのしゃがれた男っぽいラップが映える(鳥肌)。「Spazzola」ではWu-Tang ClanのInspectah Deckがシンプルなピアノフレーズを繰り返すトラックを提供、其処に絡むのはそのInspectah DeckをはじめRaekwon、Masta KillaといったWu-Tang Clan仲間にStreetlifeにKiller Sin。せっかくならWu-Tang Clanのオリジナルメンバーでのマイクリレーを聴きたかったけれど、まぁカッコイイから良いか。「Step By Step」はあの頃の空気感を知り尽くしているErick Sermonが製作を担当、Tupac「I Get Around」をネタ使いした王道Hip Hopトラックに余裕綽綽のラップでスムーズにキメるMethod Manは正に神憑り、こういうひたすら黒い真面目なHip Hopを聴くと“最近のHip Hopシーンには何かが足りない”と感じたりも。「Play IV Keeps」はこれまたN.Y. Hip Hop黄金期を共に創り上げたMobb DeepのHavocが製作を担当、しかもここではそのMobb Deepが援護射撃かましてて、この共演が僕の血を煮えたぎらせる熱い出来映えなんですよ、やっぱMobb Deepも最高(痛感)。「Elements」は再びInspectah DeckがDee Dee Warwick「Everybody Gotta Believe In Somebody」を下敷きに製作、まさかこれほどInspectah Deckが曲を作れようとは(驚)。ここでは僕はよく知らないStarとPoliteなるMCが参加、Method Manに似た男臭い声質でしっくりきてます。「Big Dogs」では相性抜群の相棒Redmanがゲスト参加、Erick Sermon製作の浮つくビートに仲良く絡み合う二人が愛くるしい(笑)。そして本作の重要曲(僕はこの一曲狙いで本作を購入)がD'Angelo参加の「Break Ups 2 Make Ups」、PokeとToneのTrack MastersにQuranで製作されたギターエッセンス光るブルージー曲に、D'Angeloのソウルに満ち溢れた極上ファルセットが聴き手を包み込む一曲(最高)。この二人の相性が良かったのが結構意外だったりもする、それだけMethod Manも上手く変化をつけられる一流MCだという事ですよねぇ。最後を飾るMethod Man製作の「Judgement Day」も良いですね~、ばたばたと喧騒の中を疾走する感じが聴いていて気持ち良い。

うん、兎にも角にも本作はD'Angelo参加の「Break Ups 2 Make Ups」の為だけに購入して良いでしょう(断言)。Method Manのラップは好きですが、ちょっと身内の客演が多過ぎるかなというのが欠点(これはMethod Manに限らず、Wu-Tang Clan全員に言える事だけど)。仲間を大切にしているという事だから、素敵な事なんですけどね、皆それぞれ上手いし。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment