RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamar「Tamar」
tamar-tamcovs.jpg


隠れた実力派女性シンガーTamarのデビューアルバム『Tamar』を御紹介。Tamarの顔を見てピンときた貴方はかなりの通ですね、Tamar Braxtonといってピンときた貴方はなかなかのBlack Music愛好家だと言えます。そうです、彼女TamarはあのToni Braxtonの妹であり姉妹グループThe Braxtonsの一員だったあのTamarであります。そんな訳で綺麗だし興味あったので、すぐに購入致しました。
内容はと言いますと……さすがはToni Braxtonの妹、かなり豪華な製作陣が脇を固めていてなかなか芯のある一枚に仕上がっています。まずは「Get None」からして豪華、あのJermaine Dupriが製作を担当し、そのJDに加えて元Roc-A-Fella所属の女性MCであるAmilが参加しています。Jermaine Dupri御得意のジャキジャキトラックに、Tamarのけして高くない美人な歌声とJermaine Dupriの鼻声とAmilの癖ある高音ボイスが絡んだなかなかの快作。続くなかなかアップで心地良いグルーヴの「Your Room」、これは今や売れっ子(鉄板)なコンビTim & Bobが製作を担当しています。ほんのちょっぴりエスニックで奇天烈がちょびちょび顔を出す「No Disrespect」は、Missy Elliott製作と聞いてかなり納得。Darrell "Delite" Allambyが製作を担当したすっきり一直線の美メロ「Money Can't Buy You Love」は素敵、そのDelite自身もバックでボーカルを務めています。またまた登場のTim & Bobはまたまたアッパーな「Tonight」を提供、ギターがアクセントになったスパニッシュなトラックは素敵なんだけど、やっぱり彼らのバラードが聴きたいです(熱望)。そんな僕の願いに気付いてか(阿呆)、鉄人C. "Tricky" Stewartが製作を担当した好バラード「If You Don't Wanna Love Me」がめちゃ素敵、心洗われる様とは正にこの事で御座います(涙)。と感動に浸っていたらこれまたDarrell "Delite" Allambyが超心地良い「Once Again」を製作(痺)、Tamarの歌声をこれでもかってぐらいに堪能できる骨抜き美曲で御座います。Tim & Bobがちょっぴりメロウ路線に持って行きながらも“ぴゅんぴゅん♪”と電子音を配した「You Don't Know」は、良い意味で変化球な感じが上手い(流石)。そのTim & Bobは残る「Words」「Miss Your Kiss」でこれでもかってぐらいのドが付く美メロを用意、この二曲が文句無しに素晴らしい仕上がりで完璧に心を撃ち抜かれました(一撃)。Tim & Bobは今も昔も本当に素晴らしいんだなぁと痛感、そしてTamarの歌声にも感動。「Can't Nobody」「I'm Over You」「Way It Should Be」「Get Mine」はC. "Tricky" Stewartが一挙に製作を担当。中でもちょっぴりゴスペルライクで神秘的な「I'm Over You」なんか好きだなぁ、てかどれもキラリと光る秀逸曲です。

姉であるToniより声は高めで、普通の方ならTamarの方が聴き易いのかもしれません。がしか~し、やはりToni Braxtonの歌声ほどのインパクトに欠けるかなと思われます、やはりToni Braxton強しって感じです(天晴)。それでも製作陣もしっかりしているしTamarも歌上手いし、普通に高水準な一枚に仕上がっているかと思います。Toni Braxtonの作品を持っている方は、是非聴き比べてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment