RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

B.o.B「Strange Clouds」
bob-strange-clouds-cover.jpeg

XXLの恒例企画“10 Freshman”にも選出され、T.I.率いるGrand Hustle Recordsに所属するB.o.Bの通算二作目となる『Strange Clouds』を御紹介。デビュー作『B.o.B Presents: The Adventures Of Bobby Ray』はこれまでのHip Hopとはひと味違った一線を画すブルース基調な一枚に仕上がり、多くの人が賞賛する力作となりました。この僕もすごくハマって、当年のHip HopアルバムTop10において第三位に挙げたぐらいのお気に入りに(詳しくはこちら)。あれからおよそ二年というなかなか短いスパンで届いた二作目、今回も移籍無しにGrand Hustleからドロップされていますね。音楽業界の定説となっている“二枚目のジンクス”を、B.o.Bは果たして破る事が出来るのでしょうか(期待大)。
それでは感性と知識に乏しい内容紹介を恥ずかしながら書きますと・・・・・・まずはあのハリウッド俳優Mogan Freemanにイントロとアウトロの語りを委ねた幕開け曲「Bombs Away」、制作はB.o.Bが自身で担当。ピリピリと痙攣気味なコンピュータ音を細かく連ねる厳かなトラックに、ビッグになる事でより危険な立場になった神経質なB.o.Bのラップがつんざめく一曲。B.o.BとJamieson Jonesが共同制作した「Ray Bands」はまるでT-Painっぽいエフェクト駆使な鋼鉄チューン、ジャキジャキと刻むメロディに緩急つけたラップで滑走するB.o.B。いかにもB.o.Bらしいアコースティックギターのセンチメンタルで悲壮感漂うメロディがブルージーな「So Hard To Breathe」もB.o.B制作、静寂の中で掻き消されまいと叫ぶB.o.Bの悲痛なフロウが胸に刺さるロック風味の一曲。本作最大の話題曲といえるのが、あのキュートな歌姫Taylor Swiftを客演に召還した「Both Of Us」でしょうね。Dr. LukeとCirkutが共同制作したトラックはアコースティックギターとピアノ鍵盤を軸にしたカントリー微味なミッドで、Taylor Swiftの可憐で淡くも眩いヴォーカルが胸キュンキュンもの(笑)。同じくDr. LukeとCirkutが共同制作した先行カット曲「Strange Clouds」はLil Wayneが参加、大蛇のようにクネクネうねる毒気たっぷりなエレクトロビートではLil Wayneの方が攻撃力がグーンと上がってますね。「So Good」はRyan Tedder(Back Vocalでも参加)とNoel Zancanellaが共同で制作を担当、ピアノ鍵盤をコツコツと叩く単調なループにドシャドシャ叩くドラムス、突然降り出した冷たい天気雨みたいなグラデーションのミッド。「Play For Keeps」はValentino Khanが制作を担当、オペラっぽいトラックをより悲鳴仕立てにしたきりきり舞いしている突端曲。Chris BrownとT.I.という強力な布陣を敷いた「Arena」はDr. LukeとCirkutが共同制作、これは繊細かつ寂寞感溢れるピアノ旋律に、ガッチガッチに硬いビートがぶつかるハードなアッパー。こういう尖ったビートでラップするB.o.Bは確かに新鮮でカッコイイし、Chris Brownのエモーショナルでスウィートさ香るフックもお似合い、でもT.I.が出現した途端に砂嵐起こしてすべてをかっさらいますね(貫禄)。Dr. LukeとBillboardが共同制作し、B.o.Bのヒット曲「Airplanes」を下敷きにした「Out Of My Mind」では、もはや女王化しているNicki Minajが客演参加。ボコボコとガスが湧き出るような硫黄電子トラックはクレイジーで中毒性がとても高く、それに乗せてアンストッパブルに前のめりなラップをする二人は意外と相性が良いかも。真摯なラヴソングながらやはり陽気さは微塵もなく、どこか神経質で緊迫し張りつめたメロディが支配するメロウアッパー「Never Let You Go」、制作は久々登場のRyan TedderとNoel Zancanellaの共同制作。Ryan Tedder制作の割にはちょっとダークで淀んでいるのが珍しいかな、アコースティックギターを器用にさらさら爪弾くメロディが疾走感と相俟って胸の内の不安を煽って加速します。Frequency制作でLauriana Maeが客演参加した「Chandelier」は軽快でエッヂの効いたロックチューン、悪くはない。MynorityとB.o.Bが共同制作した硬質でパチパチ火花を散らすドラムスが炸裂する「Circles」は、電子鍵盤のやんわり変形するメロディに乗せて、クワイヤ風に歌声を重ねたB.o.Bのリフレインフックが耳にじんわり残る不熱ミッド。「Just A Sign」ではPlayboy Treが客演参加、Mike Will Made-Itが制作(Co制作をP-Nasty)のキラキラ輝き透きとおったクリスタル結晶みたいなメロディが澄んでいて綺麗。再びRyan TedderとNoel Zancanellaが共同制作したのが、Trey Songzを客演に召還した美しく可憐なバラード「Castle」。これはいかにもRyan Tedderらしい純粋で煌びやかな粉雪みたいな電子音がひらひらと舞い降る綺麗なメロディで、やはりTrey Songzのどこまでも天高く響き渡るスウィートで聖なる歌声が胸にジーンと染みますね(浸透)。B.o.Bが自身と対峙した、Hip Hopにはつきものの題材の一曲「Where Are You (B.o.B Vs. Bobby Ray)」はB.o.B制作で自身によるピアノ弾き語り曲。とここまでが本編の内容で、国内盤にはボーナス曲が2曲収録されていますね。どちらもB.o.Bが制作しているのですが、B.o.Bが得意のシンギンフロウでT-Painみたくヌンメリと滑走するソウルフルで鮮烈なミッド「Ms. Professional」は凄くB.o.Bらしくて好きだし、デジタルな雨粒を直線的に降らす機械的スロウモーションで前進する「Back It Up For Bobby」もとても面白いしB.o.Bらしくて好き。

物凄く失敗という訳ではないのですが、B.o.Bの最大の魅力がここでは聴けなかったかなというのが本音。あまりに内省的になり過ぎて、彼の魅力である(と僕は考えている)底抜けに明るくて朗らかなポップ曲が皆無だったのは痛い。方向転換でタイトでハードな面も出したかったのだろうけれど、これはちょっと求めていない面だったかも。Tyler, The CreatorとのBeefも勃発しそれに応戦したのは凄くカッコ良かった、けれど自身の作品ではこれまで通りにララララと歌って欲しかったかな(我侭)。なんというかどこか単調で、客演陣を配すもその単調さは拭えなかったかな。うーん、次回作に期待したいですね、B.o.Bは好きなだけに(辛口)。いや、嫌いではないですよ、もっと聴き込んでみたいと思っています。ボーナス曲が意外と良かったから、国内盤をお薦めしたい(笑)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment