RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Braxton「Libra」
tb-lbc.jpg


長きに渡り活躍している女性シンガーToni Braxtonの通算五作目となる『Libra』を御紹介。Toni Braxton、僕は結構好きな(ていうか大好きな)女性シンガーの一人です。勿論その色気に絆されるって部分も大いに有りますが(男)、やはりそのとても深い歌声には圧倒されますし、いつ聴いてもなんか落ち着いてしまうんですよねぇ(惚)。
そんなToni Braxtonの本作……勿論僕は購入しましたよ。全部で10曲ってのはあまりに少ないのでかなりギリギリまで悩みに悩んだんですが、やっぱり買っちゃいましたよね(予想通)。でも購入して良かった、さすがはToni Braxton、無駄なく秀逸な仕上がりでウットリです。「Please」はScott Storch(最近名前を聞かない気が)が製作を担当していまして、もうこれは完全なScott Storch節って感じでHip Hop味のするクールな一曲。「Trippin'(That's the Way Love Works)」は冒頭からの切なく悲しげなピアノの旋律ですぐにそれと分かりました、鍵盤の貴公子Bryan-Michael Coxが製作を担当(ソングライティングにJohnta Austin)しています(拍手)。いつもBryan-Michael Coxはこういう曲じゃんって言う方も居るやもしれませんが、それでも僕はBryan-Michael Coxの作るこういう刹那ピアノが大好きです(痺)、Toni Braxtonの歌声にガッチリ合致していて気持ち良過ぎます(涙)。続く「What's Good」もBryan-Michael Cox(ソングライティングにJohnta Austin)が製作を担当、ここではThe Crusaders「In My Wildest Dreams」をべったり使用しています。この曲はそう、Tupacのあの名曲「Dear Mama」(涙)と同ネタです、原曲知らない僕はTupac「Dear Mama」と相俟って感動しました。「Take This Ring」はRich Harrisonが製作を担当したいつも通りのガチャガチャと騒々しいトラック、これも毎回同じだと言う方も居るんでしょうが、僕はやっぱりRich Harrisonのこういうトラックって好きなんです(嗜好)。やっぱファンキーでRich Harrisonにしか出せないと思う、Hip Hopトラックを作ったら良いのに。「Midnite」はベテランコンビであるSoulshockとKarlinが製作を担当、タイトル通りのまったりムーディーな綺麗曲で思わずうっとりします(安息)。「I Wanna Be(Your Baby)」ではBabyfaceとThe Underdogsがガッチリ手を組んで製作を担当、カラっと乾いたギターの音がめちゃ心地良い、どちらかといえばBabyface味の濃い一曲。最近のR&B曲にはもう欠かせない要素となった手拍子(ハンドクラップ)を散りばめた隙間の空いたトラックが気持ち良い「Sposed To Be」、製作はAntonio Dixon(Underdogs Entertainmentになっているから、The Underdogsに師事しているのかな)なる人物が担当。Toni Braxtonがブルージーに歌い込む「Stupid」はCory Rooneyが製作、ド真ん中スロウでかなり良いスパイスになっています。再びAntonio Dixonが製作を担当したちょっぴりキラキラ系の音を組み込んだ流麗な「Finally」はお見事、途中で聴こえる水の“ぴちょん♪”みたいな音がまたなんとも僕の鼓膜を撫で回します。最後の「Shadowless」はKeri Lewisが製作を担当したギター一本にToni Braxtonの哀愁漂う歌声が絡む大人な一曲、素敵です。

やっぱりToni Braxtonって素敵な歌声してますよねぇ、容姿もセクスィ~でたまらんですし(整形してるらしいけど)。これだけ長い間走り続けている女性シンガーもなかなかいないですからね、これからも頑張って頂きたいですよ(応援)。しかしToni Braxtonは何故にいつもあんな色魔みたいな格好をしたがるんでしょうかねぇ(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment