RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joe「Ain't Nothin' Like Me」
joe-anlc.jpg


皆が愛しているベテラン男性シンガーJoeの通算六作目『Ain't Nothin' Like Me』を御紹介。浮き沈みの激しいR&B界の中で、毎回コンスタントに素晴らしいアルバムを届けてくれるJoe Thomas氏。僕もJoeは大好きでなるべく作品は購入していまして、久々の本作も発売前からかなり楽しみにしていました。最近はipodでもこのアルバムを聴いている事が多いですね、皆様ももう殆ど購入して聴いているんではないでしょうか。
とにかく素晴らしいシンガーJoeの久々の新作……内容はというとこれまたかなり優秀な一枚に仕上がっています(一流)。まず手始めの「Get to Know Me」からしてズルイ、鉄板コンビTim & BobがNas哀愁の一曲「You're Da Man」をべったりサンプリングし、しかもそこにNas本人を招いて渋いラップさせているんだから(最強)。「If I Was Your Man」はもう名前を聴かない日はないって感じのStarGateが製作を担当した、相変わらず柑橘系な切ないメロディがたまらない一曲。StarGateもある意味では一辺倒なので飽きるかなと思われるんだけど、この耳馴染みの良いキャッチーさが彼らの強み、すごく聴き易くてノリ易くて親しみ易い(策士)。「If I Want Her」はこれまたハンドクラップを多用した爽快な一曲、製作をRick Rude(総製作指揮をSean Garrett)が担当しています。「Where You At」はもう好きで発売前から何度もVideo観てたんで、僕的には既に耳タコな一曲(笑)。製作を担当したのはSean GarrettとOakのコンビ、ゲストにはNew Yorkの新星Papooseがラップで参加。どこかミステリアスで繊細なトラックに乗る情熱的なJoeの歌声と、Papooseのベテラン顔負けな男前ラップがもうたまらない一曲に仕上がっています(興奮)。Papooseのデビューはまだなのかな、かなり待ち遠しいです。「My Love」は鍵盤の貴公子Bryan-Michael Coxが製作を担当、という事は勿論彼の武器であるピアノと、ソングライティングにJohnta Austinが参加しています(当然)。美しいピアノは正にBryan-Michael Coxの神業、Joeの歌声にも勿論バッチリ合っています。続く「Go Hard」も同じくBryan-Michael Cox×Johnta Austinの組み合わせ、ここではちょっと変わった音を取り入れて神秘的なトラックを提供しています。「Ain't Nothin' Like Me」はThe UnderdogsとTankによる共同制作、ここではG-UnitからTony YayoとYoung Buckが参加しています。ここで50 Centが参加していたらかなり凄かったんですけどねぇ、ところで結局Young BuckはまだG-Unitに所属しているんでしょうかねぇ。「It's Me」は再びStarGateによる製作曲、ここでもまたキラキラと綺麗で繊細な極甘トラックを手堅く提供しています。「Let's Just Do It」はかなり久々な気がするCool & Dreが製作を担当したなかなかアップなミッドなナンバー、ちょっぴりスペーシーなシンセトラック上で、鼻声マッタリなFabolousがジゴロなラップを惜しげもなく披露しています(二枚目)。「Feel for You」は再びBryan-Michael Cox×Johnta Austinのコンビが登場、ここでのBryan-Michael Coxの鍵盤捌きはあのMarques Houston「Circle」で魅せたそのまま、切なさ爆発のピアノ主導のトラックにこれまたJoeの熱過ぎる歌声が胸に響き渡ります(涙)。「Just Relax」はCool & Dreが再び製作を担当、これがかなりズルくてA Tribe Called Questの名曲「Electric Relaxation」をべったり使用、ATCQ好きの僕は思わず鳥肌が立ちましたよ(発狂)。Joeの高く甘い歌声もナイスだけど、Dreのラップではなく歌声が聴きたかった、Dreは歌声がナイスなんだから。「Love Is Just A Game」はthe SMITH BROSなる人物(チーム)が製作を担当、ここではBoyz Ⅱ Men「I Do」をサンプリングして哀愁倍増させています、この曲はかなり秀逸で耳に残りますねぇ。「You Should Know Me」ではJoe Thomas本人とBryan-Michael Coxが共同制作、Joe一人で充分素敵な一曲を作れるんですケドねぇ。でもここはBryan-Michael Coxの手を借りて正解でした、素敵な化学反応を起こしています。「Life of the Party」もJoe ThomasとJoshua Thompsonの共同制作、ここではThe Stylisticsの「You Are Everything」をサンプリングし……ていると思ったらクレジットされていませんね(疑問)。確実にそうだと思ったんだけど……まぁ細かい事はともかく、この曲もまた正直な昔のソウルマナーって感じで素直に心地が良い、どこか懐かしくて耳馴染みがあってあったかいです。国内盤にはこれらに加えて最後に「That's What I Like」を収録していまして、これがあのTim & Bob製作なんだからかなり狙い目です。曲調としてはBrian McKnightに提供していた「Used To Be My Girl」みたいな感じ、ただ冒頭からちょっぴり和風な音が飛び出してそこでかなり惹き込まれましたよ(流石)。

いやはやJoe様は流石、天晴れで御座いますよ。往年のファンからすればこんな最近の売れっ子Producerにばかり曲を作らせなくとも、Joe自身が素晴らしいバラードを書けるのにとやきもきするかもしれませんね。でもやはり一流のプロダクションに一流のシンガーの歌声なんだから最強、向かうところ敵無しですよね。トラックに負けず、純粋にJoeを楽しめる一枚に仕上がっているかと思います。Ne-Yoの新作『Because Of You』は超えてたんではないでしょうか、僕は完全にそう感じました。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment