RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bobby Valentino「Special Occasion」
bobbyv-socovs.jpg


キッズグループMistaの元メンバーで、現在ではLudacris率いるDisturbing Tha Peaceの所属のシンガーBobby Valentinoの通算二作目『Special Occasion』を御紹介。なぜにこれほどBobby Valentinoの新作が待ち遠しかったかって、それは勿論前作『Bobby Valentino』があまりに高かったから(絶賛)。あの頃は僕もTim & Bobをよく知らずに聴いてましたよ(無知)、しっかしあれだけのアダルトソウルを聴かせていたので30歳はとうに過ぎているだろうと思っていたらまだ25歳という若さなのに驚きです。
そんなBobby Valentino(以降Bobby Vと表記)の新作はと言いますと……文句無しに素晴らしい、かなりの力作に仕上がっています(覚悟)。まずはわずか38秒の「Intro」からしてやられました、Darrell Delite Allambyがその手腕を如何なく発揮、この38秒で僕の世界は止まりましたね。そして本作からの先行シングルである話題曲「Anonymous」が早速登場、製作は御存知もはや誰もその勢いを止められない奇才Timbalandが担当。Justin Timberlake「My Love」やOmarion「Ice Box」のクールな輝きとはまた一味違った、キラキラ輝いてハートをメロメロに照らす素敵曲。本当にTimbalandには毎回ヤラレます(完敗)、この曲も完全に中毒を起こしますから、Timbalandのラップもイイ味出してますから。“知りたいんだ、キミの名を、名無しさん♪”って歌詞も面白い、不思議で胸キュンなビートにピッタリな歌詞ですな。「Checkin' For Me」はEmile Ghantousなる人物が製作を担当したミッドとスロウの中間曲、なかなか素敵です。「Rearview(Ridin')」は再びTimbalandが製作を担当、ここでは先述曲とは打って変わってちょっぴりダークでどろっとしたビートを提供。これはこれで完全なTimbaland趣味で好き、ここで絡むDTPの首領Ludacrisの援護射撃ラップもめっちゃマッチ、Ludacrisの存在感って凄い。切ないギターにパーカッション、Bobby Vの甘酸っぱい歌声が心地良く乗っかる「If I Had My Way」はRodney "Darkchild" Jerkinsが製作を担当。いつものHip Hopテイストではなく敢えてこういう正直なミッドR&Bを持ってきたRodney Jerkinsは偉い。最近のRodney JerkinsはこういうメロウなR&B曲でも良い曲作ってますね、大好きです。始まった途端に切な過ぎる繊細なピアノ音で幕を開ける「How 'Bout It」は、もうすぐにBryan-Michael Coxだと分かりました(好)。ワンパターンと言われても構わない、僕はBryan-Michael Coxの奏でるピアノの音にもう完全な虜、彼のピアノは甘いドラッグさ(引用)。いきなりのBobby Vの高音歌声に一気にまた気を引き締められる「Turn The Page」は再びRodney Jerkins製作、ここでも周到に練り上げられた手堅いバラードを提供、恐るべしDarkchild(笑)。“二人の行き先は僕が知っているから、だからページはめくらないで♪”と歌う切ない恋を描いた歌詞も美しい、本作でも一番好きな一曲かもしれません。「Home Is Where You Belong」はDarrell Delite Allambyが再び登場、ちょっと昔のスロウR&Bを感じさせる甘男な魅力が溢れる好曲。「Let Him Go」はA Touch Of JazzのAndre HarrisとVidal Davisが製作を担当、毎回玄人なトラックを用意する彼らは今回も健在。擦れたギターがなんとも情感を揺さぶる彼ら得意の陰影が美しいトラックに、Bobby Vの歌声だけでも素晴らしいのに、加えてFabolousが聴かせるラップを囁くんだから激しく素敵(鳥肌)。Def Jam繋がりって事でFabolousの使い方がDef Jam上手いね(感心)、また敢えてこういう曲にFabolousを引っ張ったってのが、今度のFabolous新作への期待を高まらせます(策士)。そしてここからは4曲、盟友Tim & Bobの製作曲が連なります。後ろの方で鳴る“びょん♪びょんびょん♪”の音が良いアクセントな「Only Human」、都会な夜を彷彿させる御洒落なムードにどっぷりと浸かってしまう素敵なスムージー曲「Can't Wait 'Til Later」、Bobby Vが弾き語りの如くゆったりと聴かせるバラード「I Was Wrong」も(特にサビでの変調が)素敵、最後に「Soon As I Get Home」はBabyfaceのカバー、Bobby Vが歌うも完全にBabyfaceの香りが残っているのがまた素敵、サビでの歌い方なんかは正にBabyfaceのそれだと感じちゃいました。「Over & Over」はDarrell Delite Allamby製作の超スロウ、これがまた素晴らしい仕上がりなんですよねぇ、延々と広がる空間も持ったトラックに、Bobby Vの高音が響くド真ん中R&Bです。これらの秀逸曲に加えて、国内盤にはさらにボーナストラックとして2曲が収録されていまして。Sean GarrettとMidnight Blackが製作を担当した「Wreck」はどうなんだろう、Bobby Vが途中叫ぶ“いーーいっ♪”は必要なんだろうか……このアクセントの良さがイマイチ掴めません。Don Vitoが製作を担当した応援歌の様なノリの「Let's Go」は純粋に聴いていて面白いし楽しいアッパー興奮曲、学校に行きながら聴くとテンション上がるだろうなぁ、あと運動会とかで掛かったら最高でしょうね。

素ッ晴らしい~~~~~~(感涙)!Bobby Valentinoに乾杯ですよ、この男は本気で天才で御座います。前作のイメージを良い意味で完全に覆した感がありますねぇ、イマドキのビートにも難なく乗れる器用ぶりを発揮しました。しかしTimblandともなかなか相性が良かったなぁ、次はThe Neptunesとかとやってくれないかな(熱望)。昔ながらのソウルマナーを踏襲しつつも、モダンな雰囲気を上手く混ぜ込む素晴らしいシンガーですね。これからのR&B界を背負って立つ、この男Bobby Valentinoはそんな器のデカイ男です(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment