RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Travis Porter「From Day 1」
52yhA.jpeg

Strap、Quez、Aliの三人で構成される若手Hip Hopトリオ、Travis Porterの記念すべきデビューアルバム『From Day 1』を御紹介。僕が彼らTravis Porterを知ったのは、Lil Jonのソロ作『Crunk Rock』に参加していたのがキッカケ。Travis Porterのはっちゃけた悪ガキっぽいノリが好きで、すぐと彼らのMixTapeを落としてチェックしました(好感)。そして遂に大手レーベル“RCA Records”と契約し満を持してデビュー。売れてるのかどうか分からないし、僕の狭いTwitter交流範囲内では話題になっていないっぽい彼ら。青空スッキリで陽気そうなTravis Porterのジャケット、これからの夏季節にピッタリなのでは。
それではちょこっとだけ内容について書かせて頂いて・・・・・・まずはベッタベタな掛け声トラックが痛快なハシャギ曲「Aww Yea」で幕開け、制作をB-Deckが担当。ピコピコガシャガシャな電子音の凸凹ラインに乗せて三人が抜けた声で“あーいえー♪あーいえー♪”と繰り返すのが面白い一曲。Lil Lody制作の「Pop A Rubber Band」は冷たくて少し不気味な霧っぽい電子音を漂わせた一曲で、静かにジワジワと迫るようなTravis Porterの面々のラップがゾワゾワ来ます。Lil CとBoy Geneyusが共同制作した「Pussy Real Good」では2 Chainzが客演参加、エフェクト掛けて変声にしているんですが元よりヘンテコな声色でフロウするTravis Porterなので違和感なく使いこなしています。スロウにゆるーくピッチダウンした煤っぽいシンセに、ベタベタオイリーな2 Chainzのラップもピッタリ似合っていますね。「Wobble」はいま超売れっ子のDiploとDerek "DJA" Allenが共同制作、バボバボバボバボ繰り返す声ネタとフロウに、バブルバブルした電子音の膨らみ&弾けビートがなんだか病み付きになる一曲。T. Markous Roberts, Jr.が制作の「Ayy Ladies」はDJ Jimi「Bitches Reply」をサンプリング、客演には要注目な逸材Tygaが参加。ピコポコした点灯シンセとチープなビートがガチャガチャ乗っかった単純過ぎるトラックなだけに、かえって鼓膜にへばりついて離れない妙な魔力を秘めていますね(笑)。JmikeとMad Maxが共同制作した「Ride Like That」ではJeremihが参加、そのJeremihのサイボーグばりのエフェクトヴォーカルが電光石火でつんざめくのが超クールなサイバーチューンで、Travis Porterも機械的でスピード感溢れるラップで応戦。「Flood This Shit」はM16が制作を担当、ピヨピヨ鳴ってる電子音にのったりスローリーなTravis Porterのラップ。Lil C制作の「Ballin'」はまるでTVゲームみたいな無機質なデジタル音の連続、KE On The Trackが制作した「Party Time」は歌う様なフロウでマッタリと伸びるメロディ基軸の一曲。「That Feeling」はあのJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作、しかも客演には曲者な気がするMike Posnerが参加。ヘリウムガス吸ったみたいなMike Posnerの甘酸っぱいハイトーンヴォイスがまろやかに響くドリーミーな一曲で、そわそわと繊細な電子音のフワフワな浮遊感が心地良い好ミッド。バチバチとハンドクラップして盛り上がる突端ビートがホットな「Bring It Back」、昔のCash Money辺りがやりそうなブリンブリンに羽振りの良い札束チューン「Make It Rain」と、両曲ともにT. Markous Roberts, Jr.が制作を担当しております。

物凄く良いって感じでもないし、キラーチューンってのも無かったかな。でもたまにはこういう良い意味でチープで分かり易いHip Hopも聴きたいかな、単純にノリを楽しめるといいますか。ただもうちょっと灰汁があるかなって印象だったけれど、意外とすんなり小さくまとまってしまっている気がしますね(辛口)。トラックにもう一捻り欲しかったかな、でもそんな嫌いでないのでドライブ中も軽く聞き流していますよ。たまにはこういうのも聴きたい、そのうち三人の中の誰かがソロとかで頭角を顕すかもしれませんしね(要注意)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment