RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Melky Sedeck「Sister & Brother」
Sister  Brother

Sedeck JeanとMelky Jeanの男女デュオ、Melky Sedeckの記念すべきデビューアルバム『Sister & Brother』を御紹介。さてさてこの二人はJeanが付く訳ですが、これで察しのついた方はかなりの推察力ですね。そうです、このSedeck JeanとMelky Jeanは、あのWyclef Jeanの実の弟と妹なのです(驚)。僕は本作を完全なるジャケット買いした身分で、全く彼らの素性は知りませんでしたので、もう後で知った時は驚きで御座いました(笑)。でもジャケットでよーくSedeck Jeanの顔を見てみると、本当にWyclef Jeanにソックリでそれもまた驚きでした。でも後でよくよく調べたら、自分の持っていたWyclef Jeanのソロ作にも彼らの名前がクレジットされていて、自分の記憶力と注意力の無さに愕然としたのを覚えています(苦笑)。
それではサクサクと中身を紹介させて頂きますと・・・・・・まずはStargard「Which Way Is Up」をサンプリングした、ゾクゾク来る弦リフとグルーヴィーに捻れて唸る弦音がたまらなく真っ黒ファンキーな「Shake It」で幕開け。制作はFarel Jeanが担当、途中でラップにSuprime Cが参加しています。続いてはゆったりとフローラルな香りがふわっと辺りを包み込む優雅なキラキラミッド「Foolish Heart」、制作はFarel JeanとRene Simardが共同制作、Melky Jeanの歌声は非常に柔らかくふわふわとしたソウルフルさを帯びていて不思議な魅力、綿毛というかコットンみたいに繊細な歌声でかなり麗しい(惚)。Marc London制作の「To SIr, With Love」は硬質なドラムパターンを敷きながらも、朗らかで明るいレトロソウルといった趣で、Melky Jeanの深くてコクのある歌声が時に強く時に優しく響くナイスな一曲。George Gershwin「For You For Me For Ever More」をサンプリングした「Light My Fire」はFarel JeanとDarryl "Day" Pearsonが共同制作、ポロポロと微熱混じりに強く爪弾くアコースティクギターの乾いた音色がたまらなくスパイシー(刺激)。クールに挑発的にじっとりと舐める様に歌い上げるMelky Jeanの艶っぽい歌声がたまらなくセクシー、呼吸と共にグルーヴを紡ぐナイスなミッド。喧騒寸前に鋭く舞うストリングスの旋律がどこか遠くでこだまする「Mi Amor」はFarel Jean制作、どこかオペラっぽく重厚かつ厳かに低く這う様なヴォーカルを魅せるMelky Sedeckが妖しく光りますね。ファルセットなども交えてまるで独りオペラ歌劇、どこかSadeっぽい影を感じる一曲でグッド。Farel JeanとShawn Kingが共同制作の「Raw」は、骨太で荒削りなドカドカHip Hopビートに、壊れたような途切れ途切れでシリアスなピアノ鍵盤がからむ怪しげミッド。Farel JeanにCarter Burwellが共同制作した「In Time」は極めて効果的にポエトリーリーディングを挿入、影のある暗く淀んだメロディがとてもドラマチックで、雨に似た匂いを放つどろっと流れるメロディがとても不思議な魔力を放ちます(褒)。Lauryn Hillなんかが歌っていてもおかしくないアコースティック×エッヂ×ビートの融合が眩い輝きを放つチョコレートソウル「Easy Slow Down」、Farel Jean制作のトラックも丁度いい塩梅の哀愁が香っているし、その上をヤンワリと覆うMelky Jeanのコットンヴォーカルが美しい色彩を施しています(水彩画)。ポロポロと零れるように流れるアコースティックギターの優しくまろやかな弦律がロマンチックな「#1 Guy」もFarel Jean制作、風に吹かれて舞い上がる花弁のように可憐で淡い色彩のMelky Jeanの歌声にうっとり溶けますね(溺愛)。Farel Jean制作のピアノとストリングスを基調としたバラード「Paradise」はゆっくりゆっくりと季節が移ろう様なメロディ展開がとてもドラマチック、遠くで聴こえるハーモニカの音も素晴らしく、ちょっぴりブルージーな香りもする極上スロウ。ポロロロンと弾く弦音がマイナー気味の音階を奏でるダークな「Raw Phase To Attraction」、Farel Jean制作のHip Hopに近いナンバー。同じくFarel Jean制作は続き、重たく冷たい濃霧のようなメロディが漂うシリアスな「High Heel Shoes」、鉄鋼所っぽいガチガチした鋼鉄ビートが響き渡るドロッと重たいソウルチューン「Diva」、どことなくDr. Dreっぽいガチガチな硬質電子音がトンテンカンテンと叩き構築されたラスト曲「Armageddon」までカッコ良く突き進みます。クレジットされていませんが、最後には隠しボーナス曲として、ゴスペル×カントリーみたいな柔らかく透き通った沁み沁みスロウ「I'm Gonna Miss You」を収録していて、これがかなり神懸っていて素晴らしいんです(賛辞)。

この作品はずっと以前から好きでして、本当によく出来たバラエティ豊かなトラックも満載な遊び心ある一枚(拍手喝采)。流石はWyclef Jeanの兄弟ですね、かなりアイデアに富んだ一枚でいろんなエッセンスを凝縮していますね。何よりもMelky Jeanの歌声が独特な優美さでたまらなく魅力的、本当に才能あるシンガー。ネオソウル好きの方に聴いて欲しい一枚、そこにちょっと尖ったサウンドを混ぜ込んだ不思議な魅力。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment