RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Waka Flocka Flame「Triple F Life: Friends, Fans & Family」
waka-flocka-flame-triple-f-life.jpeg

Gucci Maneにフックアップされ瞬く間に人気を拡大した、意外にもN.Y.はQueens出身のWaka Flocka Flameの通算二作目となる『Triple F Life: Friends, Fans & Family』を御紹介。あのYoung JeezyとのBeefや、咆哮声で知名度も急上昇させたWaka Flocka Flameはデビュー盤『Flockaveli』も当然の様に大ヒット。しかしその後はラップ業を引退するとコメントしたりしていて、もしやそのまま惜しまれつつ消えるかなと心配......しましたが、やはり普通にラップしまくってましたね(笑)。兄貴分であるGucci Maneは二枚目のジンクスに破れましたが(と僕は思う)、果たしてWaka Flocka Flame(以降はWakaと省略)はどうなるか。ちなみに本作は、昨年末に銃撃され亡くなった新鋭MCのSlim Dunkinに捧げられている様です。
それではザックリ簡潔な感想で失礼致しますと・・・・・・まずはキラキラと煌めくピアノ鍵盤の軽やかな響きに、Wakaの“ばうっ!”声が遠くで谺するJoshua "Southside" Luellen制作のイントロ曲「Triple F Intro」で幕開け。そのままJoshua "Southside" Luellenが制作した重厚な電子音がドロドロと降り注ぐダークチューン「Let Dem Guns Blam」、客演には若手注目株のMeek Millが参加。凍てつく様に冷たいギザギザの電子音が這い回り、その上を雄臭いWakaとMeek Millの硬派なラップが衝突する一曲。Lexus "Lex Luger" Lewisが制作した「Round Of Applause」ではDrakeが客演参加、いかにもLex Lugerらしい少し宙に浮いたシリアスなシンセの揺らめきがゴーストチックなミッドで、フックでのWakaの“ばうしー♪ばうしー♪”の連呼が嫌でも耳に残る。Drakeに関してはこの手のサウンドで彼の助けは要るのかいまだに謎、別に悪くはないけれど魅力を発揮は出来ていない気も。Trey Songzが歌とラップの真ん中っぽいベッタリしたフックを担当した「I Don't Really Care」はSkyy & Troy Taylorが共同制作、ゾワゾワと鳥肌が立ちそうなホラーっぽい細やかな電子音の上ずったメロディに、ドシンドシンと踏み込むWakaとネットリ粘着質なラップをかますTrey Songz。せっかくTrey Songzを召還したなら、思い切りスウィートでメロウな曲に挑戦しても良かったのでは(疑問)。DJ Spinzが制作したゴリゴリなサウスバウンスチューン「Rooster In My Rari」はWakaの独壇場、バウバウガブガブと噛み付き回って乱暴にフロウを飛び散らすアグレッシヴな鋼鉄曲で興奮間違いなし(笑)。DJ Speedy制作の「Get Low」ではNicki MinajにTyga、そしてFlo Ridaというなんともごった煮感が満載な共演曲が実現。痙攣系の突端デジタル音がビビビビビビと走るメロディもさることながら、ガブガブとコミカルなまでに噛み付くWaka、キュートにクレイジーに弾けてるNicki Minaj、ちょっと甘めにペースダウンさせたヘロヘロしたTyga、自身がロボット化して光線みたいなフックを滑らすFlo Ridaと、各々の魅力が爆発し混じり合ったナイスな魔法のかかった一曲に。Joshua "Southside" Luellenが制作した「Fist Pump」ではB.o.Bが参加、ここでは滑走するメロディに乗せてWakaもスピード感溢れる斬れ味鋭いフロウを用意、そこにストロボライトの様にバシバシと瞬き鮮烈な光を放つB.o.Bのフロウが絡む異色な共演曲。Bun BにLudacrisという南部の猛者を集わせた豪華な一曲「Candy Pain & Gold Teeth」はDa Honorable C.N.O.T.E.が制作、焦げ臭くブルージーに唸るギターリフがなんともソウルフルで燻し銀なトラックで抜群に美味。ここまで破壊力がありヘヴィー級のMCが集結しながら、すごくスマートでクールで洗練された一曲に仕上がっているのが不思議、スクリュー気味の連呼フックも絶妙でとにかく痺れ上がる格好良さ(神業)。Wooh Da Kidが制作した「Cash」はJoshua "Southside" Luellenが制作、もう血管ブチ切れそうなぐらいに咆哮で終始爆裂しているWakaが火だるまみたいな灼熱さで攻撃してきます(大火傷)。Joshua "Southside" Luellen制作の「Lurkin」ではこれまた曲者なPliesが援護射撃、ウロウロ彷徨う様なゴーストシンセの間を引き裂いて“”ぶるるるるるるるるるる!”と飛び出すWaka、それに負けじとシャキシャキな牙を立てて応戦するPliesともう引き裂き放題なアッパーに。またまたJoshua "Southside" Luellenが制作の「Clap」は、野太く横揺れする電子音の蠢きに乗せて“くらっぷ♪くらっぷ♪くらっぷ♪”のフックが中毒性のあるミッド。Slim ThugとAlley Boyというこれまた男臭いMCを召還した「U Ain't Bout That Life」もJoshua "Southside" Luellenが制作、ベーットリと重たい歌う様なフックを聴かせる「Power Of My Pen」はArkatech Beatzが制作。亡くなったSlim Dunkinに加え、Travis PorterにD-Boも参加しマイクを回す「Flex」もJoshua "Southside" Luellenが制作、ドラム音とビヨビヨ鳴るヘンテコな電子音のみで紡いだスカスカ電子チューンでなかなか面白いタッチ。最後を締め括るのは「Triple F Outro」、うん意外とスッキリすんなり終わった感がありますね。

その吠えるスタイルからDMXっぽい印象を受けていたんですが、狂犬or闘犬なDMXの咆哮フロウは噛みちぎる様な凶暴さがあるのに対し、Waka Flocka Flameはどこかガブガブと甘噛みするようなオトボケ感がフロウに滲んでいてなんか愛らしく面白く感じたり(個人的感想)。ハッキリ言って1stは聴き辛かった(まだWaka Flocka Flameも認識しきれていないのに、加えて無名のゲストが多過ぎた為ゴチャゴチャ感が否めなかった。そういう意味でもヒットシングル「No Hands」はRoscoe Dashが一番目立っていた)けれど、本作はWaka Flocka Flameに負けず劣らずな濃いキャラを起用しつつ、キッチリその濃い猛獣スタイルで渡り合っててスリリングでした(褒)。好き嫌いは分かれるだろうけど、聴いて楽しむ価値アリな興味深いキャラクターが魅力。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment