RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Musiq Soulchild「Luvanmusiq」
muq-lamc.jpg


もはやPhilly(Philadelphia)を代表するシンガーにまで登りつめたといえるソウルの申し子ことMusiq Soulchildの通算4作目『Luvanmusiq』を御紹介。いやはやもう彼はかなりのベテランで御座いますね、Musiq Soulchildは常に気になっているシンガーの一人なんですが、まだ彼のアルバムは『Juslisen』しか所持していないんです(涙)。そんな訳で本作はすぐに購入致しました、Music Soulchildファンになりたくて(笑)。
そんな訳でいつもの様に内容を軽く御紹介……本作もMusiq Soulchildの魅力がギュッと濃縮された優良盤となっております(当然)。まずはなんといってもリリース前から評判良かった「B.U.D.D.Y.」はLab Ratzなる人物による製作で(歌詞はMusiq Soulchildに加えて、あのCarvin "Ransum" Hagginsが参加)、De La Soulの「Buddy」と同ネタ使いって事で往年のBlack Musicファンは涙を流して喜んでいるんだとか。すんません、僕はDe La Soulのその曲知らないんです(浅)、それでもこの曲が素敵だって事はちゃんと伝わりましたよ。フィリーな香りがプンプンするし、その心地良さに思わずスキップしたくなりそうな「Ms.philadelphia」はSauceなる人物が製作を担当、ここで特筆すべきはソングライティング、Shaffer SmithことNe-Yoがガッチリ参加しています。OrthodoxとRansunのコンビが手掛けたこれぞどストレートだって感じの「Teachme」は素敵、ピアノの美しい旋律と軽やかに踊るMusiqの歌声、痺れあがります(鳥肌)。最初聴いた時になぜかKanye Westっぽさを感じた「Betterman」は僕の大好きなRaphael Saadiqが製作を担当、この曲のリズムといい弾む感じといい、本当に気持ちの良いグッドミュージックとはこの事なんだと実感しました。さすがはRaphael Saadiq殿、そろそろ自身の楽曲を発表してくれないかなぁ……あ、この曲のもう一つ素晴らしい所は最後の部分での曲の転調、もうあのトラックでもう一曲作れば良かったのに~(惜)。「Thequestions」はMusiqとNeef-Uによる共同製作、これはもうMusiqのピアノ弾き語りって感じで聴き惚れる以外に方法はない一曲。「Today」はもう最近のR&B作品には絶……ッ対に欠かせないチームであるThe Underdogsが製作を担当。ここではいつもの刹那系(切ない系の意)の分量を抑えめに、サビでのフィリーの温かさを吹き込んだキラリ仕様です。「Makeyouhappy」は本作で最多の楽曲を手掛けたWarryn "Babby Dubb" Campbellが製作を担当、微量ながらもシンセが飛び交う感じが本作での良いスパイスになっています。ホーン飛び交うファンキースムージーがたまらなく快感な「Ridiculous」はこれまたすこぶる痛快な仕上がり、製作はWarryn "Babby Dubb" Campbell、さすがだなぁ。「Millionaire」はNeef-Uが製作を担当、素直に綺麗な極上スロウに“ビュンビュンビュン♪”と鳴る不思議な電子音が良い一捻りになってて面白い、Musiq Soulchildのファルセットもふわふわと心地良い。Warryn "Babby Dubb" Campbell製作のどスロウ曲「Takeyouthere」の美しさは心の琴線にバッチリ触れます、歌い出しでのか細い裏声がまたたまらない(鳥肌)。Lab Ratzが製作を担当した「Lullaby」も僕好みのキラキラスロウ、懐かしさも感じる輝きが眩しい優しい一曲。ここでサンプリングされているのは、Blue Magic「Stop To Start」で御座います。「Greatestlove」もWarryn Campbell製作、もう本当に文句無しに美しいんですよ(感謝)、前からWarryn Campbellの作る曲は好きだけど、今回のMusiqとの組み合わせでより一層好きになりましたよ。そして国内盤にはこれらに加え、ボーナストラックとして「Rewind」「Ridethrough」の2曲が収録されていまして。この2曲がこれまた素晴らしい仕上がり、共にIvan "Orthobox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsのコンビが製作を担当しているんだから聴き逃せないに決まってます。「Rewind」はそのままHip Hopトラックに持ってきても通用しそうな綺麗系なミッドナンバー、「Ridethrough」もこれまた爽快ミッドでドラムスが効いたかなりノれる一曲。この2曲がボーナストラックってのが信じられない(目疑)、まぁでも確かにこのアルバムの他の曲とは一線を画した素敵さがこの2曲には生まれてますね(最高)。

素敵だなぁぁああああああ(溜息)、普段の嫌な事なんか全部忘れて、気持ちよく昼寝しちゃう様なグッドミュージックの塊で御座います(至高)。Musiq Soulchildって本……ッ当に素晴らしいシンガーなんだなぁと今更ながら再度実感しました。このアルバムは本当に素敵です、先日御紹介したJoeといいBobby Valentinoといい、近頃はR&B作品が大漁豊作でたまらんですばい(拍手)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment