RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Macy Gray「Big」
macy-bigcovs.jpg


Macy Grayの通算四作目となる『Big』を御紹介。そのソウルやらロックやらが混じった感じと、顔に似合った癖のあるしゃがれ声張り上げる歌声がなんとも奇抜で、黒人ながらもなかなか手が出なかった感のあるMacy Gray(個人的感想)。それでも一枚は所持しているんですが、まだそんなに聴き込んでいないというのが正直な所。そんな中での本作発売だったので、当初は購入をためらっていました。がしか~し、あのwill.i.amのレーベルからの移籍第一弾という事ですぐに購入しました(ジャケもかなり格好良いので)。
そんなこんなで勢いで購入した本作……勢いで購入して本当に良かったです(慧眼)。まず最初に断っておくと、当然ですがwill.i.amがほぼ全曲の製作を担当、だから雰囲気も今までのMacy Grayとはかなり違うハズです。幕開けに相応しい古き良き音楽を神々しく輝かせた「Finally Made Me Happy」、製作はMacy Grayとwill.i.am、Ron Fairの三人で御座います。この曲には通にはたまらんであろうあのNatalie Coleがゲスト参加(驚)、サビでその綺麗な高音を聴かせてくれていて、Macy Grayのしゃがれ声と良い対比です(合致)。これまたどこか古めかしい匂いを感じずにはいられない「Shoo Be Doo」はJared GosselinとPhillip White、そしてまたまたRon Fairが共同で製作を担当。この曲の後ろの“シューデュシューデュ♪”がたまらなく心地良い、Macy Grayの伸びやかな歌声も昇天モノです(快感)。続いてもJared Gosselin×Phillip White×Ron Fairのトリオが手掛けた「What I Gotta Do」、ライトな仕上がりながらもキッチリと後味は残るミント曲。鼓笛隊の様なドラムの音から始まる「Okay」はwill.i.amとJustin Timberlakeから成る製作チームJAWbreakersが製作を担当、どことなくThe Neptunesを感じさせる様な色々な音がゴチャ混ぜになったカラフルな一曲。バックボーカルにJustin Timberlakeも参加していて、彼の裏声が散りばめられていてそれがまたグッド。will.i.amが単独で製作を担当した「Glad You're Here」はMacy Gray十八番のブルージーな一曲(深)、ここではBlack Eyed Peasの紅一点Fergieがゲスト参加、フックでのFergieの力強い歌声がよりこの曲に魅力を含ませているのは確実。「Ghetto Love」ではwill.i.amが御得意のサンプリング技、James Brown「It's A Man's Man's Man's World」を下敷きに。トラックの持つドス黒さに負けじと、ここではMacy Grayが熱~い歌声でジワジワと聴き手を焦がします(真髄)。あとこの曲、あのTeedra Mosesがソングライティングで参加しています。爪弾くギター音から美しいメロディに転調する温もりある「One For Me」はwill.i.amとRon Fairが製作を担当、Frank Sinatra「Dream」を下敷きにした夢見心地なトラックに合わせてMacy Grayが優しく歌います。Macy Grayによる途中々々の語りも楽しい「Strange Behavior」はMacy Grayとwil.i.amの共同製作、しかし実は歌詞の内容は結構残酷、その分楽しげなトラックとのコントラストがたまらないのかな。「Slowly」はRon Fairが単独で製作を担当、ちょっとカリブで南の島みたいな音が流麗でナイス、Macy Grayの歌声もこういう曲調でも充分に合っています。Justin Timberlakeの合図と共に始まる「Get Out」はJAWbreakersによる製作、ロキッシュなトラックでJustin Timberlakeのフックも良いスパイスになっています。「Treat Me Like Your Money」はwill.i.amとNoiztripによる製作、サンプリングにDead Or Aliveの懐メロ「You Spin Me Round(Like A Records」とRun DMC「It's Like That」を使用しています。ここでは満を持してwill.i.amがゲスト参加、弾けたラップを披露しています。あと国内盤いには恒例のボーナストラック、「AEIOU」「Braekdown」「Me With You」の3曲が収録されています。「AEIOU」はDamon Elliottによる製作曲、“AEIOU”ってのはやっぱり日本語の“あえいおう”から着想しているのかな。Jared GosselinとPhillip Whiteが製作を担当した「Braekdown」では、Romikaなる女性シンガーがなかなか素敵な歌声を披露しています。哀愁漂う曇ったトラックがなんとも痺れる「Me With You」はwill.i.amによる製作、最後を飾るに相応しい一曲。

いやぁ良かった、なんかMacy Grayを好きになりましたよ。will.i.amが製作を請け負っただけに、全体的にかなりまとまっていて、統一感があって聴き易かった。てかwill.i.amのトラックとの相性が抜群に良かった、Justin Timberlakeも加わったJAWbreakersも良い曲作っているね。僕が持っているMacy Grayのもう一枚、もう一度きちんと聴き込んでおかなければ(課題)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment