RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fergie「The Dutchess」
ferg-duchcovs.jpg


Black Eyed Peasの紅一点Fergieのソロデビューアルバム『The Dutchess』を御紹介。will.i.am率いるBlack Eyed Peasの現在の躍進ぶりは凄まじいですね、飛ぶ鳥落とす勢いってのは正にこの事。Black Eyed Peas(以下BEP)はそれこそ昔から活動していたグループで、通な方々は皆が知っていた訳で。しかしそんなBEPがここまで全国区の人気者になった影には、やはり途中加入したこのFergieの存在が大きかったと思います(断言)。しかしソロ作までリリースするとは思いませんでした、will.i.amがどれだけFergieに信頼を寄せているかが分かりますね。
そんなこんなで発表されたFergie初のソロ作……当然ながらwill.i.amが完全バックアップしているんでなかなかの痛快作となっています。まずはそのwill.i.am製作の「Fergalicious」で幕開け、これがまた騒がしくて恐ろしいほどの激走ぶり(汗)。本当に面白いトラックながらもFergieが上手~く乗りこなしています、will.i.amは当然ながら癖のあるラップで援護射撃。ここでサンプリングされているのは、Afro Rican「Give It All You Got」で御座います。続いてもwill.i.am製作の「Clumsy」はLittle Richard「The Girl Can't Helpit」をサンプリングした可愛い一曲、どことなく昔のロックぽさを感じますね。「All That I Got(The Make Up Song)」は本作の最高傑作、僕の超お気に入りの一曲で御座いまして(薦)。製作はKeith Harrisとwill.i.amの共同、Commodores「Zoom」を下敷きにしためっちゃキラキラなメロウ曲にうっとり。しっとり聴かせて惹き込む、Fergieの実力ある歌声も存分に楽しめるし、will.i.amの色男なラップもばっちりキマッテます(拍手)。「London Bridge」は本作からの先行シングルであり、大ヒットを記録した一曲。この曲はwill.i.amではなく、あのPolow Da Donが製作しているってのも興味深い。これはもうFergieのクールさと切れ味が突出した、Fergieならではの一曲ですね。「Pedestal」はPrintz Boardなる人物が製作を担当、誰もが聴いた事のある童謡……なんだけど名前が思い出せない、そんな曲がちょっぴり使われています。「Voodoo Doll」で再びwill.i.amが再登場、ここでの音の感触はかなりBEPっぽいと思われます。「Glamorous」はPolow Da Donが製作を再び担当、しかもゲストにはあのLudacrisが参加という心強い一曲。けして黒くはない爽やかな静寂曲に、Ludacrisの余裕綽綽なラップがメッチャ格好良いです(流石)。始まった途端にその懐かしい香りとファンキーさに心躍らされる「Here I Come」はwill.i.am製作、The Temptations「Get Eady」をサンプリングしています。「Big Girls Don't Cry」もwill.i.am製作でこれがとっても素晴らしい、かなりポップさを含んだフォーキーな楽曲で黒人ではないFergieならではの一曲なのかも。こういう曲も聴かされると、つくづくwill.i.amも引き出しが多いなぁと感心しちゃいます(笑)。Bob Marleyの奥方であるRita Marleyをゲストに迎えたレゲエ一直線の「Mary Jane Shoes」(will.i.am製作)もなかなか好き、ただ途中でのロック転調は頂けない。「Losing My Ground」はRob BoldtとRon Fairが共同で製作、ちょっぴりスパニッシュ(?)なギターが良いアクセント。そして最後の「Finally」は驚き、あのJohn LegendとRon Fairの共同制作、歌こそ歌っていませんがJohn Legendはピアノで参加しています。この曲がまたとっても健やかで美しくて、John Legendのピアノなんか心の琴線に触れまくりです(痺)。Fergieの優しい歌声も素敵、浄化作用抜群な一曲。最後の最後にはBlack Eyed Peasが勢揃いした「Get Your Hands Up」を収録、ソロ作聴きながらこんな事書くのは失礼かもですが、やっぱこの面子が一番しっくりくるんですよね(安心)。

もともと歌唱力も充分あるStacy Fergusonだけにきっちり芯が通っています、ソングライティングまで自身で手掛けているんだから大したもんです(褒)。でも僕的にはやはりポップ趣向が強過ぎたかなぁ、もっと黒い音が好きなだけに。でもFergieのやりたい事も魅力も充分に伝わる一枚。女の子は必聴でしょうね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment