RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pras「Ghetto Supastar」
Pras-Ghettcovs.jpg


The Fugeesの一員であるPrasのソロデビューアルバム『Ghetto Supastar』を御紹介。スーパーグループThe Fugeesの一員ながらも、やはりWyclef JeanやLauryn Hillに比べるとあまりに地味な事は否めないのがこのPras MichelことPras。The Fugeesの傑作『The Score』でも結構良いラップ聴かせてくれてたんで、このソロ作も興味本位で購入してみました。
それでは内容はというと……ジャケットはなかなかキラキラしてて格好良いんで期待して、早速聴いてみたんですが、これがなかなか地味なんです(笑)。目立つ楽曲といったら「Ghetto Supastar(That Is What You Are)」かな、Wyclef JeanとPrasが製作を担当し製作総指揮をJerry Duplessis(Wyclef Jeanの従兄弟)が担当、ゲストに小悪魔Mya嬢と狂気満点なOl' Dirty Bastardが参加したなかなか強力な一曲。James Brown「Get Up, Get Into It, Get Involved」をサンプリングしたちょっぴりおどろおどろしいトラックがOl' Dirty Bastardの存在感を際立たせているし、そんな中で挟まるMyaの可愛い歌声がなんとも面白い一曲、Prasも頑張っています。「What'cha Wanna Do」からは基本的にPras製作×Jerry Duplessis製作総指揮×The Product G And BなるRefugee Campの軍団がゲストという構図が続きます。そんな楽曲群に触れていきますと、結構僕が好きなのが男性シンガーの甘~い歌声フックが爽やかに耳に残る「Blue Angels」とかは素敵です。「Can't Stop the Shining(Rip Rock Pt.2)」ではLL Cool Jにこてんぱんにされて消えた(感のある)CanibusとLenny Kravitzがゲスト参加、Lenny Klavitz参加もちょっとしたロックテイストに仕上がったという程度(惜)。またまた男性シンガーの甘い歌声をフックにあしらった「Get Your Groove On」なんかはかなり秀逸、トラックもかなり細やかに作り込まれていてしっかり仕上がっている。最近で言えばBlack Eyed Peas辺りがやりそうな隙間を活かしたドラムス効かせた「Low Riders」もまぁまぁ面白い。ライトな風吹き抜ける感がまったりして気持ちの良い「Yeah 'Eh Yeah 'Eh」は、西のベテランMack 10がゲスト参加。あと例外的に他の組み合わせで作られている曲がありまして、一つは「Frowsey(Pt.2)」、これはあのSalaam Remiが製作を担当、ちょっと変わった歪んだ音にホーンの鳴りを使ったトラックはなかなかの変り種、これはこれで僕は結構好きかもしれません。あと「For the Love of This」はPras製作のSoul Diggaz製作総指揮、う~んこれといって目立ってはないかな(苦)。でも硬質な叩くビートに真摯なラップをぶつけるPrasはカッコイイんで、なんだかんだで結構好きな一曲かもしれませんね。あとちなみにこのアルバムはしれ~っと二枚組になっていまして(驚)、そちらのDisc2にもなかなかカッコイイ曲が収録されています。まずは「What's Clef」はSalaam Remiが製作を担当、無感情なシンセの連打と硬質なドラムスがメッチャ格好良い一曲。John Foneなる人物が製作を担当した「The Right One」もなかなかこじゃれたトラックでイカシテル、良い具合に地味なんですよ。「Another One Bites The Dust」はあのQueenの名曲をベ~ッタリとサンプリングした反則曲(僕の母がQueenを好きで、その影響で僕は毎日聴いていたから)、製作はWyclef Jean、Wyclef Jean自身もガチッと参加しています。続いてもWyclef Jeanと加えてFunkmaster Flexが製作を担当した、カリブな香りと歌フックが雰囲気バッチリの「Here We Go」が収録されています。

ん~~~~~~~やはりPrasはThe FugeesのPrasって事なのかな、他の二人があれだけクリエイティブなだけに目立って地味に感じてしまいますよねぇ(苦労)。ここ最近のNewsでPrasが“The Fugeesの再結成はない”と発言していましたね、かなり楽しみにしているだけに結構ショックですね。せめてLauryn Hillが復活してくれないだろうか、僕にBlack Musicの扉を開いてくれたのは彼女だから。など言いつつもなかなかこれはこれでHip Hopしていて随所に格好良さが感じられます、それに彼が率いるThe Product G And Bなる軍団がかなり良い仕事っぷりで褒章モノです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment