RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mya「Fear Of Flying」
mya-fearcovs.jpg


そのキュートでセクシーな容姿と歌声で世の男性をガッチリ虜にしちゃっているMya HarrisonことMyaの通算二作目『Fear Of Flying』を御紹介。Myaの歌声はいつ聴いても可愛い小悪魔ちゃん声、体つきもエロい感じで、僕も結構好きな女性シンガーだったりします(下心)。本作もそんなこんなで購入、これがなかなかの力作で、(良い意味で)かなり売れ線狙いな一枚に仕上がっています。
それでは気になる内容にバツバツと触れていきましょう……まずは「Turn It Up(Intro)」からして豪華、あのSwizz Beatzが登場します。「Case Of The Ex」はC. "Tricy" Stewartが製作を担当、エッジの効いたクールなトラックにMyaの挑発的な歌声が嵌っています。「Ride & Shake」はAnthony Dentが製作を担当した、She'kspereがMonicaかTLC辺りに提供してそうな跳ねる系の一曲。ビートをシンプルに連打して繋いだトラックは疾走感抜群で気持ち良いし、これまた分かりやすく繰り返す歌フックも耳に残るし好き。「That's Why I Wanna Fight」はRodney "Darkchild" Jerkins製作のヒンヤリしたムード漂う一曲、一癖あるシンセ使いは御見事です。Myaの囁くような小声歌唱が限りなくセクシーで、小気味良い電子トラックが浮遊感バッチリで嵌ります。タイトル通りに子猫の鳴き声をあしらった「Pussycats」はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisの共同制作、Myaの微細く伸びやかなファルセットが妖しげで、猫そのものなお似合い曲。「Best Of Me」はSwizz Beatzが製作を担当しあのJadakissがゲスト参加した完全にRuff Ryders仕様な一曲。今みたいなバンギンチューンではなく抑え目シックな装いのシンセ曲に、Jadakissの燻し銀なラップが冴え渡ります。Jadakissも客演数多いし、いつも間違いない隠し味になってるから凄い、Myaとの相性も抜群です。「Lie Detector」は再びWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisが製作を担当したかなりダークで不気味な一曲、ここではあのBeenie Manが独特なラップを提供しています(目立)。「How You Gonna Tell Me」は今度こそ本物、She'kspereとKandiの黄金コンビ(カップル)が製作を担当、この二人の作るこういうメロメロ跳ねる綺麗な楽曲が僕はかなり好き。だからこのコンビには息を吹き返して欲しいなぁ(熱望)、やっぱ恋人同士でないともうああいった楽曲は作れないのかなぁ。この曲はかなり素敵な仕上がり、Myaの歌声にもバッチリ合っててしっくりきてます(秀逸)。「Grandma Says(Skit)」はCarl "Chucky" Thompsonが製作を担当、この人はかなり良い曲作るのにこういうInterlude物を作る事が多い(残念)。「Takin' Me Over」は驚くなかれ、あのRobin ThickeとProJayが製作を担当した全く黒さを感じない可愛い一曲。ここではTLCのLeft Eyeがラップ参加、かなり異色な組み合わせですよね。続く「Now Or Never」もRobin ThickeとProJayが製作を担当した可愛くて夢溢れる一曲、Myaの歌声自体があまり黒さを感じない声なだけに結構イイ感じに仕上がっていますね。せっかくならRobin Thickeも、十八番のファルセットで参加してれば面白かったのに。「Fear Of Flying」はJerome "Knobody" Fosterが製作を担当したのんびりナンバー、Myaの歌声が心地良く広がります(癒)。ストリングスが美しい「Can't Believe」はベテランSoulshock & Karlinのコンビが製作を担当、この麗しいメロディはなんですか(鳥肌)、透明度抜群の癒し曲に思わずうっとり。「No Tears On My Pillow」は三度Robin ThickeとProJayが製作を担当した珠玉のバラード、Robin Thickeが遂に本領発揮って感じで凄まじく素晴らしい仕上がり、これでRobin Thickeの歌声もあったらばと欲が出てしまいます(人間)。「For The First Time」はDarryl "Day" Pearsonが製作を担当、しんみり響くトラックに囁くようなMyaの歌声がたまらない一曲。「Man In My Life」はThe Mercenariesなる人物が製作を担当したスロウ曲、うん良いですよ。

いやはやこれは本当に力作で御座います、今出しても充分に売れる要因が詰まりに詰まった豪華な一枚といえるでしょう。Myaの歌声でギリギリなんですよねぇ、あんまり可愛すぎてポップになりそうでならないようでなりそうな感じ、伝わりますかねぇ(笑)。踊りも上手なMya、これからも永遠の小悪魔でいてほしいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment