RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robin Thicke「Beautiful World」
thicke-bwcovs.jpg


色々と調べていると様々なシンガー(しかも黒人の)に楽曲を提供しているRobin Thickeのデビューアルバム『Beautiful World』を御紹介。僕がこのRobin Thickeを知ったのは恥ずかしながら『The Evolution Of Robin Thicke』からで、これがなかなか本当によ~く作られた一枚で、最近のアルバムの中でもそうそうない雰囲気を醸し出していた珠玉の一枚で御座いました。それで時折クレジットを見返していると、あちこちで彼の名前が出てくるんで驚き。この頃の彼はRobin ThickeをThickeと省略しておりまして、気になって購入しちゃいました(即)。
そんなこんなで内容に触れてゆきますと……かなり簡単に言ってしまうと、これは『The Evolution Of Robin Thicke』の様なシックさはなく、結構カラフルでポップな一枚となっています。ちなみに製作はすべてをRobin Thicke当人が担当しており、それだけで充分にその才能の片鱗を見る事が出来ますね。まず幕開けを飾る「Oh Shooter」はもう御馴染み、あのLil' Wayneが「Shooter」でガッツリ下敷きにしてRobin Thicke自身の歌声もバッツリ入ってたあの曲の元ネタです。この曲からしてもう、彼の音楽がどういう範疇に入るモノなのかが分からない(困惑)。あぁなんなんですかね、ゴチャ混ぜ感たっぷりですもんね。でもこの曲で聴かせてくれるあの気だる~い空気感はかなり危険な匂いがしてそこがカッコイイ、“ホワイトギャングスタ”とでも言いましょうか(大袈裟)。美しい世界と題しつつもその混沌とした世界を斜に構えて歌う「A Beautiful World」はメッセージソングなのかな、終始その御得意のファルセットで昇天しかかる様は、まさにRobin Thicke独自の世界観って感じでちょっと戸惑いながらも浮いちゃいます。「Suga Mama」では生ドラムスの叩く音で軽快なノリで単純にノれる一曲を、「Flowers In Bloom」ではColdplay辺りがやりそうな(?)センシティブなロックテイストを交えた颯爽トラックとファルセットを披露。「When I Get You Alone」では誰もが知っているあのベートーヴェンの「運命」を遠慮なくサンプリングし、其処にまた遠慮無しにロックを捻じ込んだ奇天烈な一曲。ピアノ一本で歌って聴かせる「The Stupid Things」は本領発揮、これがRobin Thicke味って気がする。絶えず得意のファルセットで浮遊する「I'm a Be Alright」もジャンルレス、色んな要素が詰まっててちょっと混乱するケド、どこかPrince殿下がやりそうなファンクも混じってて聴いているうちに嵌ってしまう。「Brand New Jones」は本作中で最も黒い一曲かな、こういう楽曲は大好き、Robin Thickeも上手~く歌っています(当然)。ライトなR&Bという感じのトラックに素直な歌声で乗っかるRobin Thickeが気持ち良さそう、颯爽と体の中を駆け巡るエッジの効いた一曲で最高にカッコイイ。しかし一転して「Flex」は完全なロック趣向、しかもちょっと昔のロックを思い出させる感じ。それに輪をかけて尚更昔にタイムトリップさせられるのが「Make A Baby」、この曲の持つ雰囲気は正にThe Beatlesへのオマージュ、そう絶対にThe Beatlesみたいな感じっていったら伝わるかな(断言)。バシバシと叩き鳴るスネアに抑揚のない歌声で悪っぽく歌い上げる「She's Gangsta」も面白いし、“てゅってゅる♪てゅってゅってゅる♪”の掛け声と曲が可愛くて跳ねてる「Lazy Bones」も、これも一種のソウルなのかとも感じられる「Cherry Blue Skies」とどれも聴いているうちに中毒になる。しかしやはり国内盤のみ最後に収録されたボーナストラック「When I Get You Alone(Dirty Edit)」が一番カッコイイ、トラックも全く違ってシンセたっぷり、Robin Thickeも始終ファルセットで歌い上げ、しかもあのJadakissが惜しげもなくラップで援護射撃をかます痛快な一曲で御座います。これからRobin Thickeがこういう楽曲を兼ね備えた一枚を創り上げたら、Justin Timberlakeとの一騎打ちになる事でしょう(勿論、音楽性は全く異なりますが)。

う~~~ん、このアルバムはそんな好きでもないかぁ、ちょっとポップにカラフル過ぎたかな……とか考えながら聴いていると、そのうちちょっと癖になってたりもするんですよ(依存性)。ただもう少しソウルっぽい楽曲をやって欲しかったかな、やっぱり僕は黒い音が好きなんでしょうね、だから灰色は許せてもあまり白いと萎えちゃうんですよ(我侭)。やはりRobin Thickeに関しては、僕の中で『The Evolution Of Robin Thicke』は基準になります、傑作だったですもんね、あれは聴く価値ありですよ。このアルバムはロック好きにも良いかもしれませんね、Robin Thickeに興味がある方は是非どうぞ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment