RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Future「Pluto」
pluto.jpeg

Dungeon Familyの一員でありOutKastと同レーベル“Epic Records”と契約した、Futureのメジャーデビューアルバム『Pluto』を御紹介。このFutureもAtlanta出身なんですね、本当にATLは優れたMCの宝庫となっています(脅威)。精力的にMixTapeを発表し、中でも「Tony Montana」が特大ヒットを記録し名を上げ、一気に若手注目株となったFuture。この単純な名前も覚え易いですね(しかし当初は“Future”と“Tony Montana”がどちらが名前か混同していましたが)。情報にとかく疎くてMixTapeはもうあまりチェックしない僕ですので、どんな男かよく分からないままメジャーデビューを楽しみにしていました。
それでは簡単になりますが内容を紹介しますと・・・・・・まずスタートから帝王R. Kellyが客演参加というビッグボム的な「Parachute」で幕開け、制作はJohn Blu(Co制作をDJ Pharris Thomas)が担当。グラグラと煮えるどろっと重たい電子音をスパイシーに仕上げたエスニック風味のトラックに、エフェクトをたっぷり施したFutureのヘロヘロと吐き出す泥っぽいメロディアスなラップが最高の相性。しかもここにR. Kellyが妖艶なリフレインフックをザクザク披露、トラック的にも昔のR. Kellyを思わせますね。Grand Hustleお抱えのNard & Bが制作を担当した「Straight Up」でもヴォーカルエフェクト多用、砂漠の蜃気楼ばりに美しくも歪んだ魅力を放つFutureのフロウがじわじわ鼓膜を浸食。かなりメロディラインを正確に辿ったフロウはちょっと意外だった、でもけして柔らかくなく泥臭くてファンクを感じるんです(不思議)。「Astronaut Chick」はWillie "Will-A-Fool" Byrdが制作を担当、鋼鉄チックなバウンスを拵えながらもバックでは流麗なピアノ鍵盤がさらりと流れるトラックは哀愁たっぷり。Futureのなんともいえないメロディ運び(どこかレゲエっぽい節回しというか)がまた肝、ネットリと鼓膜に張り付いて離れなくなります。K.E. On The Trackが制作を担当し、同郷のT.I.が客演参加した「Magic (Remix)」でも、Futureはのんびり気だるくメロディを口ずさみ聴き手を煙に巻きます(幻影)。Juicy Jが制作&客演を担当した「I'm Trippin」は、重厚なストリングスにバイーンバイーンと跳ねるスプリングビートが中毒性の高い南部特有なボトムスの効いた一曲。Juicy Jは相変わらず単調にグイグイ引きずるラップでとにかく男臭い(痺)。FutureもJuicy Jと共に低く唸る様なフロウを聴かせるんですが、ここでは少しリズムを外しながら畳み掛けるようなノンストップな突っ込みラップを器用に操ります(驚)。ピアノの旋律が美しくなんだかフォーキーな「Truth Gonna Hurt You」は、Mike Will Made-It(Co制作をA+)が担当。昔のOutKast作品を彷彿とさせる宇宙プラス田舎みたいな、不可思議な感触がトローンと垂れ落ちる幻覚スロウ。引き続きMike Will Made-It制作(Co制作をP-Nasty)の「Neva End」も、宇宙空間に放り出され浮遊する様なポツン感とエコーが面白いクールな一曲。そしてDrakeをFeat.したヒット曲「Tony Montana」の登場、制作はWillie "Will-A-Fool" Byrdだったのですね。これは刺す様なシンセがシリアスで凍り付く様な響きを持つ一曲で、ここでのDrakeはLil Wayneぐらいにトカゲ化していますね。John Boy制作の「Parmanet Scar」もピコポコと鳴る電子音が宇宙船チックな輝きを放つミッドで、プカプカと浮かびながらも鉛の様に重たいFutureの不思議なラップが空を裂きます。「Same Damn Time」は新星Sonny Digitalが制作、いかにも彼らしいクドい電子音のグイーーン引っ張りメロディに乗って、Futureのフロウも放物線を描き遠くへ飛行します。トゲトゲな囁き声で援護射撃するTrae The Truthが客演参加した「Long Live The Pimp」はDa Honorable C.N.O.T.E.が制作、ゆっくり叩き潰すようなバウンスの効いたトラックはやはり南部特有のトラップ流儀かな。またもやJohn Boy制作の「Homicide」は神出鬼没なSnoop Doggが客演、やはりSnoop Doggが加勢する完璧にインパクトが出る辺り凄いですよね(圧巻)。Mike Will Made-It制作(Co制作をMarz)の「Turn On The Lights」、キラキラ煌びやかな流星群みたいなシンセチューンで、咽び泣くように込み上げるFutureのラップがなんだか病み付きになる、ある意味ヘンテコな一曲に。最後を飾るのはNard & Bが制作の「You Deserve It」でも、突っかかる様にリズムを外しながらヘナヘナと縒れるメロディを奏でるFutureに煙に巻かれて不思議な感覚に陥るばかり(麻薬)。

うーーん不思議な男だなー、一回や二回聴いた時にはちょっと聴き難かったんですが、そうやって探る様に聴いていたらなんだかヘヴィーローテーション状態に(笑)。かなり宇宙的といいますか、電子基盤みたいに細かく組み込まれたシンセチューンが多く、その辺りはやはりOutKastの系譜を辿っているのかな(疑問)。でもこれだけ泥臭くファンクなフロウで歌ってしまうなら、ソウルフルな45回転系のトラックに乗っかったらもっと面白くなる気がする(想像)。今のところ嫌いではない、なんだか気になって聴いてしまうといった具合のFuture。WaleやBig Seanほどには話題になっていない気がするけれど、僕はなんだかんだでコレを聴いていますよ(笑)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment