RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Gang Starr「The Ownerz」
gang-ownercovs.jpg


超本格的グループであるGang Starrの通算六作目となる『The Ownerz』を御紹介。もう皆様御存知かと思いますが、まぁやはりここは形式的なものでもう一度面子を確認。Gang Starrは伝説のDJ兼ProducerであるDJ PremierとGuruによる最強コンビ、はいこれだけで充分に痺れる事が出来ると思います。そんな訳で本作はGang Starrの後期、かなり熟した時期のGangstarrの作品な訳です。
それでは気になる内容はどうなっているかと言いますと……これがもう正真正銘のHip Hopってヤツで、相も変わらず格好良いとしか言えない楽曲ばかりが並んでいます。まずはそんな詳しくもない僕でもすぐにPrimoのそれと分かるシンプルループの「Put Up Or Shut Up」(Krumbsnatcha客演)で幕開け、このスモーキーな感じがたまらんですばい。続いてはBrown Suger「Bump Me」をサンプリングした不穏な空気が充満する「Sabotage」(Smiley客演)、Primoの神スクラッチとGuruのクールなラップが見事に噛み合っていますよねぇ(抜群)。「Rite Where U Stand」ではそのGuruに負けじと燻し銀なラップをかましてくれる、僕も大好きなJadakissが援護射撃で興奮。The Temptation「Gonna Keep Tryin' Til I Win Your Love」をサンプリングしたピアノ音がアクセントのこの曲、GuruとJadakissってのは一粒で二度美味しいですばい(最高)。「Skills*」はGuruのみで途中の“すき~るず♪”を一緒に口ずさむ事間違い無しです、地味なんですがキッチリ耳を掴むんですよねぇ。「Nice Girl, Wrong Place」ではBoy Bigなるゲストが参加、このBoy Bigの歌フックがなかなかのものでかなり良い味出しています。ここで下敷きにされているのはCurtis Mayfield「Kung Fu」、エッジの効いた音がたまらなくソウルフルでカッコイイっす。僕が本作で最も楽しみにしていた楽曲がこの「Who Got Gunz」、ゲストにあのFat JoeとM.O.P.が参加しているんだから興奮して当然ではありませんか(鼻血)。Fat Joeの野太い笑い声とラップで始まり、その後はLil' FameとBilly Danzenieの御両人が縦横無尽に暴れ回る、はい最高です。もう誰も彼もがつば吐いて好き勝手し放題、なんですがそれがきちんとまとまっているから不思議、このゲスト陣自体がかなり相性良いんですよね(溜息)。「Capture(Militia Pt.3)」ではBig ShugとFreddie Foxxxがゲスト参加、曇った不穏なトラックに三人のドス黒いラップが乗ります。始終Primoの神スクラッチで感情を揺さぶられる「Same Team, No Games」ではNYG'zとH.Staxがゲスト参加、このお二方は存じ上げませんがね。DJ Premierではあまり聴かない気がするメロウ面がほんのちょっぴり顔を出した「In This Life...」ではSnoop DoggとUncle Reoがゲスト参加、弦を奏でるような流麗なトラックにはSnoop Doggの緩やかなラップが板につく。しっかし流石は客演王Snoop Dogg、Primoトラックでもシックにキマッてます(一流)。これまたメロウで優しい流麗トラックに思わずうっとりしてしまう「Zonin'」は白眉ですなぁ、Guruのラップって本当にカッキぃぃ~なぁ(“格好良いなぁ”の意)と惚れ惚れしてしまう一曲です。この曲、途中でDMXの声がスクラッチされて……ませんかね、僕はドの付く素人なので断言は出来ませんが(苦笑)。最後に亡くなった仲間達の名前が羅列されている辺り、追悼曲かと思われる(輸入盤所持のため歌詞対訳無し)「Eulogy」も素敵、DJ Premierっぽさを感じない神秘的な音が響き渡る癒し曲。

本当にこれぞHip Hopってヤツなんでしょうねぇ、僕もDJとか齧ってたらもっとDJ Premierの神様具合を思い知って平伏せただろうになぁ(残念)。なお本作には特典としてGang Starrのコンサート映像も収録されています(PCでのみ再生可能)。Guruのアカペラなんか最高にカッコイイです、これは観なきゃ損、英語さっぱり分からないけれど。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment