RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「Trilla」
ricross-tracovs.jpg


Def Jamの愛称BossことRick Rossの待望の通算二作目『Trilla』を御紹介。Def Jamが激プッシュしたRick Ross、僕はサウス物が苦手なんですがこのRick Rossはデビュー盤『Port Of Miami』からお気に入りなんです。そんなRick Ross好きの僕ですが、ここ最近ネットする時間が激減していたせいか、この2ndが出ていた事をたまたま寄ったタワレコで知りました(驚)。勿論その場で即購入しました(貧乏)、今回もDef Jamはきちんとプロモーションを行っていたんでしょうか。
それでは早速と内容について触れます……まずは雷鳴轟くおどろおどろしい重量級のトラックに、これまたボスな破壊力のラップが乗っかる「Trilla Intro」で幕開け、製作は本作で最多の4曲を手掛けるJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが担当。サウスの重鎮Mannie Freshが銃声ぶっ放すEminem風味のシリアストラックをこしらえた「All I have In This World」、Mannie Freshの癖の強い歌フックも良いエッセンス。超人気者(もはや鉄板)のT-Painを客演に迎え妖艶に揺らめく「The Boss」はJ.R. Rotemが製作を担当、途中でのT-Painのボコッた“ぼぉ~す・ぼすぼす・ぼぉす♪”のリフレインは個人的に技あり(天晴)、途中からRick RossにThe Notorious B.I.G.が憑依している気が。続いては本作からの先行シングルとなった「Speedin'」、製作はThe Runnersが担当で客演にはR.Kellyが参戦(豪華)。このトライアングルは相性抜群で驚き。重みも維持しつつバウンスしてるし、スピード感もある、そのうえR.Kellyの歌声でより曲に艶が生まれて素敵。サウスど真ん中なトラックだけでなくソウルフルな味わいのトラックもそつなくこなす事を証明(こういう魅力に惚れている)した「We Shinin'」、製作は嬉しい事に僕の大好きなB!nkが担当。Tower Of Power「Love Bug」をサンプリングした熱く渋い一曲、相変わらず素敵な仕事っぷりです(賞賛)。女性シンガーのEbonyloveを客演に迎えて、完全サウスなトラックでハスリンする「Money Make Me Come」、製作はDrumma Boyが担当。民族打楽器っぽいペコポコ音を基調としたトラックがTimbalnadっぽい「This Is The Life」、製作はElvis "Blac Elvis" Williamsが担当。ゲストには最近芸風を変えての客演を多数こなすTrey Songzが参戦、ここでもまたちょっと聴いた事のない歌声を披露して僕の興味を惹きます。「This Me」は最近売れっ子なDJ Toompが製作を担当、どこか悲哀を込めながらも芯が通っているカッコイイ一曲(サンプリングにKanye West「Big Brother」使用)、DJ Toompも引き出しが多くて侮れません。ピアノイントロで始まり一気に疾走する「Here I Am」は再びDrumma Boy製作曲、客演にNellyと彼の右腕シンガーのAvery Stormが援護射撃。大きな体でしなやかに走るRick Rossも、いつもの軽快さでメロディアスに走るNellyも互角に素敵、しかしながらここでは甘美な歌声で華を添えるAvery Stormに注目頂きたい。そして本作の最重要曲、前作に引き続き大ボスJay-Zが参加したJ.U.S.T.I.C.E. League製作の「Maybach Music」、都会の夜のようにハイセンスで滑らか、シルクの様な聴き心地のトラックは素晴らしい仕上がり。Rick Rossも紳士に振舞ってますし、Jay-Zはもはや言う事無しに格好良過ぎます(後光)、Jay-Zの新たな傑作『American Gangster』に通ずる世界観にどっぷり。続いてもJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作を担当した「Billionaire」、タイトルの割りにはさらっと軽めのシンセとバスでするりとすり抜ける一曲。Lil WayneにYoung JeezyにTrick Daddyと南部の第一線を勢揃いさせた「Luxury Tax」、こちらもJ.U.S.T.I.C.E. League製作で下敷きにDavid Oliver「I Wana Write You A Love Song」を使用。ソウルフルで涙腺を刺激するトラックに、この四人が相性抜群、Young JeezyもTrick Daddyも好きなMCだから有難い。Lil Wayneに関してはもう抜きん出ているから書く必要も無し、ここではフック担当なんですがこれがまた癖強くて最高です。Jean "J Rock" Borgesが製作した電子音を跳ね回す「Reppin My City」、ゲストにTriple CとBriscoの二人が参加。最後のRodneyなる男性シンガーをゲストに招いた「I'm Only Human」はDJ NastyとLVMが共同製作、これはもう完全な歌モノなんですがきちんと成立しています、このRodneyなるシンガーがかなり気になってしまうスパイスです(探)。

前作に負けない、いや前作を上回る仕上がりだったと言えるんではないでしょうか。Rick Rossは本当にバランスのとれたアルバム構成で好き、あまり胃に重たいサウスなトラックばかりでなく、歌モノやソウル流儀なトラックもそつなく混ぜ込んでいて嵌ってしまいます。本作ではJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが縦横無尽に活躍、これはとても素敵な事でしたが、僕個人としてはCool & Dreにも数曲参加して頂きたかったというのが本音です(我侭)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment