RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Norah Jones「Little Broken Hearts」
Norah-Jones-little-broken-hearts-500x500.jpeg

新世代のJazzシンガーとして世界中を魅了し、数多くの音楽賞を獲得している若き天才、Norah Jonesの通算五作目となる『Little Broken Hearts』を御紹介。普段からBlack Musicぐらいしか聴かない僕ですが、やはりNorah Jonesほどのアーティストになる聴かない訳にはいかない。本作を含めて三作品を持っているんですが、その作品毎に音楽界の大物Producerとコラボレーションし自身の世界を想像するNorah Jones。そんなNorah Jonesが今回コラボの相手に選んだのは、まさかのあのDJ Danger Mouse。Jay-Z『Black Album』とThe Beatles『White Album』をミックスした『Grey Album』で一気に知名度を上げ、Cee-LoとのデュオGnarles Barklyを結成したり、MF DoomとのデュオDanger Doomを結成したりと大忙しのDanger Mouse。しかしそのDanger MouseとNorah Jonesはこの以前に、Danger MouseとDaniele Luppiとのコラボ盤『Rome』の数曲で共演済み(この作品もかなり興味深い仕上がりでカッコイイのだ)。という事で僕的には二人の相性の良さは確認済み、さらりと購入を決意した訳です。
そんな本作はどんな感じに出来上がったのかな・・・・・・まずもう一度述べておきますと、本作は全曲の制作をDanger Mouseが手掛けております。ピアノ鍵盤とアコースティックギターの穏やかでスルスルとシルキーなメロディながら、Danger Mouseらしいどことなくノイジーでノスタルジックなサウンドエフェクトでザラザラした感触のある「Good Morning」からしてもう異空間。トラック自体がセピア色の写真みたいな深みのある色彩をしていて、そこにNorah Jonesの淡く囁くように静かな歌声が寄り添います。Norah Jonesのハイトーンですごく無機質にうわずるウィスパーヴォーカルが珍味な「Say Goodbye」、メロディ的には少しダークで影のあるミッドで、そこにドガドガと硬めの打ビートがボトボトと落ちる感覚がやはり歪。そろそろと潜み迫るような弦音の爪弾きがスリリングなダークスロウ「Little Broken Hearts」も刺激的で、暗闇の中でぼんやりと光り浮かんでは消え入るような、そんなミステリアスで艶やかなNorah Jonesの抑え気味のヴォーカルが、散りゆく花弁のような切なく刹那的な美しさを爆発させています。沈んだ深い水底にトロトロと屈折した光が差すようなメロディが綺麗だけど物悲しい「She's 22」、気だるくアンニュイな歌声で“彼女はあなたを幸せにしてくれるの?”と囁きかけるNorah Jonesがちょっと不気味で可愛い(相反)。もはや息も絶え絶えといった感じで、Norah Jonesが悲しげに痛々しくすがるように歌う「Take It Back」。ポロポロと零れ落ちるようなメロトロンみたいなレトロでぼやけた音色が綺麗な「After The Fall」、じりじりと焦がす様なブルージーで芳醇なバーボンテイストのじんわりスロウ「4 Broken Hearts」も良い。透き通るガラス細工のような脆いヴォーカルエフェクトが施された「Travelin' On」は、Norah Jonesのそんなクリスタルチックな煌びやな歌声もさることながら(途中のファルセットなんかが繊細で胸を打つ)、やはり流麗で気品漂うストリングスの音色がすごく美しく艶やかな一曲。ロカビリーっぽいメロディが耳馴染みの良い「Out On The Road」や、ザクザクとカットする弦音とそれと一緒にエッヂーに切るNorah Jonesのヴォーカルが心地良く面白いほんわかスロウ「Happy Pills」なんかはまるで映画サントラの様。本作では一番Norah Jonesっぽい音触ながら、ホラーサスペンステイストな詩が恐ろしく響く「Miriam」。ぼわんと弾んで大きな曲線を描く風船みたいなベース音が妖しく輝く「All A Dream」に、The Beatlesっぽいサウンドでザクザク突き進むロックテイストなアップ「I Don't Wanna Hear Another Sound」と、どれも極めてDanger Mouseらしい遠くから観れば(聴けば)滑らかな曲線美なんだけど、近づいてよく観れば(聴けば)歪でザラザラと荒んだ音の集合体である事に気付く、ダークで(良い意味で)荒削りなサウンドが展開されています。

率直に言うと現状ではちょっと物足らなく感じてしまったかな、相性が悪いとまでは言わないけれど、まだまだNorah Jonesの魅力をDanger Mouseが最大限にまでは惹き出せなかった印象を受けてしまいました(辛口)。トラックもカッコイイし魅力ある、そのダークさも敢えて失恋を綴った本作に合わせたものなのだろうけど、なんだかチグハグに僕は感じてしまいました。まあ、まだそんなに聴き込めていないし、もっと何度も味わうと変わるのかもしれないけれど、今の所そんなリピート率は高くない一枚になっています(残念)。この少し前に発表されたThe Little Williesでの「Jolene」が素晴らし過ぎた為に、ちょっとそこを超えられなかったのもこの評価に繋がっているかも(独言)。ただジャケット的には、Norah Jones全作品の中で一番好きかな(無関係)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment